恋と仕事の心理学@カウンセリングサービス

【カウンセリングのご案内】


初回無料電話カウンセリング /電話カウンセリング4回セット(\12,960~)


面談カウンセリング(1h/\10,800~、東京・大阪・名古屋・福岡他)



お問い合わせ・ご予約は、カウンセリング予約センター: 


06-6190-5131まで



センターの営業時間:12:00~20:30(月曜日定休日)



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018-08-22 12:00:00

男女の違い:男性は感情の扱いが苦手です

テーマ:素敵な愛の育て方

中山塁

 

こんにちは、カウンセリングサービスの中山塁です。

 

毎週水曜日は「素敵な愛の育て方」というテーマで、
東条正貴、私・中山塁、高見綾、の3人が交替でお届けしております。

 

***

 

お知らせでございます。

 

◆◇カウンセリングサービス名古屋感謝祭2018◇◆

 

聞いて学べる講演!無料でカウンセリングをプチ体験! 

3240円で1日過ごせる超お得なイベントです。

9人の現役心理カウンセラーの講演をはじめ、20分間のミニカウンセリング

豪華景品があたるクイズ大会などなど、イベント盛りだくさん♪ 

カウンセラーや、心理カウンセリングを身近に感じていただける1日です。

 

・日時:2018/8/26(日) 10:00~19:30(受付9:30~)

・会場:名駅・愛知県産業労働センター・ウインクあいち9F 

・料金:3,240円 (出入り自由のフリーパス)

 

○名古屋感謝祭の詳細は>>>こちら

○お申し込みは>>>こちら

○Facebook名古屋感謝祭特設ページは>>>こちら

 

***

 

心理学を学ばれている方ならすでにご存知かもしれませんが、
一般的に男性は感情の扱いが苦手だと言われています。

それは「感情を味わえない」という意味でもあり、

たとえば、
女性の皆さんはいろんな感情を味わいながら日々を生きていますね。
それは食べ放題のお店で好きな料理をたくさん楽しんでいるようなもの。
たまにはお口に合わないものにも当たりますけれどね。

一方で男性はというと、
感情をじっくり味わうというより、普通に飲み込むだけ。
とにかく感情を味わうというのが苦手(嫌?)なようなんですよね。
そして、いろんな料理が並べられていてもあまり冒険はせず、
“いつもの”メニューが好ましかったりします。

・・・分かりにくかったらごめんなさい(^^;)

でも一般的に男性は女性と比べて、
普段からこのくらい感じる感情の種類が少なく、
また、感じる深度も浅いのだろうと思います。
それはつまり、ほとんどの男性が「感情」にあまり興味が無いということを
示していると取っても良いのかもしれませんね。

興味が無くて苦手になったのか、
苦手だから興味を失くしてしまったのかは分かりませんが、
男性は女性に比べて、感情の扱いはとても不慣れなようです。
そして他人の感情を扱うのもまた、あまり上手ではないものなんですよね。

男性に対する見方のひとつとして、
参考にされてみてくださいね。

***

と、そんな訳で、女心と秋の空と言われるように、
ジェットコースターのように駆け巡る女性の心境に男性陣が付いていけるか?
というと、正直、何とも厳しいと感じます。

たとえば女性の皆さんは感情豊かに生きておられますので、
デート中なんかでもふとした理由で、
急に泣いてしまうこともあると思うんですね。

それでそんな状態の時に彼は何が出来るのか?というと、
半数の男性は実質、何も出来なかったりします。

もちろん、それは放置しているのとは違います。
単純に、男性ってそういう時、どうしていいか分からないんですよね。

それは感情に興味が無かったツケが回ってきたとでも言いましょうか、
普段扱っていないものは急には扱えないものです。
だからどうしていいか分からず、固まってしまうこともあるんですね。

また、あなたが問題を抱え落ち込んでいても、
男性がその感情を上手にほぐせるかというと、なかなか難しそうな気がします。

そういう時、男性は張り切って問題の解決に乗り出してくれますが、
その解決策が、何だかんだ言ってあなたへのダメ出しみたいだったり、
自分の成功例を参考にさせるようなものだったりと、
なかなかキツイものを提案してくれたりする場合もあります。

その厚意自体はとてもありがたいし、悪気も無さそうなんですが、
もちろん、余計に気分が悪くなりますよね(笑)

でも男性はそこで、なぜあなたが元気になれないのかが分かりません。
こういったところで女性と男性とで考え方が違うということが分かっていないと、
両者の間に深い溝が刻まれてしまうこともあるかもしれませんね。

***

男性は問題解決をしていくに当たって、
とても理屈的に考えやすいところがあります。

たとえば、あなたの機嫌が悪い理由が「友人とケンカしたから」だとすると、
一般的な男性は、まずケンカの理由を訊きます。
次は誰が・何が間違っているかをハッキリさせて、
その後の付き合い方や自分ならこうするなど、そんなアドバイスをくれます。
そして、お前も頑張れ。という感じでしょうか。

こういう感じだったりするので、
「感情面のフォロー」というものはほとんど見当たりません。
でもそれはそこに目が向かないだけで、想いのエネルギー自体はあるのです。
自分の立て直し方を相手にも同じように当てはめてしまうので、
思い遣りのズレが生まれてしまうだけなのだと思います。

男性は現実面を解決していくことで感情の立て直しを図りますが、
女性は感情面を解決していくことが現実の立て直しにつながりやすいようです。
両者にはそういった感覚の違いがあります。

もし男性がそれを分かってくれたとしても、感情の扱いが苦手なのは変わりません。
だから、あなたの心の扱いについてはあなたが彼に教えてあげて下さい。
もちろん彼のプライドを傷付けないように注意して。
あなたが嬉しいと感じることを、彼にしっかりと教えてあげましょう。

そして感情ってもっと大切なものなんだよ、と理解してもらえると良いですよね。

***

こうした男女の違いを理解するだけでも、
いつものコミュニケーションもまた一味違ってくるのではないかと思います。

お互いがお互いの想いを誤解して受け取らないように、
男女の違いを理解して、素敵な関係を作っていけると良いですね。

 

お読みいただきありがとうございました。
来週は高見綾カウンセラーです♪お楽しみに!

 

クローバー クローバー クローバー

中山塁のブログはこちら
 

カウンセリングを受けるには?

会場案内

2018-08-21 12:00:00

しんどいときは一旦そこから離れる事も選択の一つ

テーマ:うまくいくコミュニケーション

 

こんにちは

カウンセリングサービスの中村きよのですです。

 

 

毎週火曜日の【恋と仕事の心理学】は、「うまくいくコミュニケーション」というテーマで、樋掛豪カウンセラー吉村ひろえカウンセラー三枝みきカウンセラーと、私中村きよのの4人で担当しています。

 

---

 

 

最初の頃は居心地の良かった場所や人

コミュニティーでも、だんだん時間が経つと居心地悪いな・・・

と感じた経験をされた事がある方もいらっしゃるかもしれません。

 

私たちは心の中にちょっとした違和感を感じてしまったときに

 

『あの人にはとてもお世話になったから』

『あのグループに友達がいるから』

『せっかく長い間ここにいたんだから』

 

いろいろな理由をもって

我慢してその人やその場所に居続けようと頑張ってしまう事があります。

 

よりよい環境や人間関係を再構築しようと頑張り続けその頑張りが花を咲かせ

よりよい環境や人間関係を手に入れられる時は

『頑張って良かったな!』

と感じハッピーな気持ちになります。

 

しかし

頑張っても頑張っても自分自身の心の中のモヤモヤが大きくなったり

頑張る事が辛く苦しくなってしまった時は

一旦そこから離れて距離を置く事も時には大切なんじゃないかなと

私はそう考えています。

 

頑張る事や

その場所にい続ける事って

とてもパワーが必要ですし

それを継続し続ける事ってとても大変な事だと私は思っております。

 

だからこそ

今まで頑張り続けてきた自分自身をケアする為にも

その場所から一旦距離を置くという選択肢を

皆さんの中にも持っていただきたいなと感じております。

 

そして

私たちは多かれ少なかれですが

一旦そこから離れて距離を置くという事を選択し行動に移すと決めた時

私たちの心の中で

『逃げている』

という感覚になったり

『そこに戻れなくなってしまうかもしれない』

という不安な気持ちが大きくなり

心からその気持ちが溢れ出そうになってしまう事があります。

 

でも

自分自身の心に手を当てて

まだ頑張れるかどうかを自分の気持ちに聞いてみて

『ちょっとしんどいかな・・・』

『厳しいかな・・・』

と感じられた時は

勇気は要りますが一旦そこから離れてみる選択をしてみるのも一つの手です。

 

それは

逃げる事でもなく

そこに永遠に戻る事が出来ない訳でもなく

ただただ頑張り続けた自分自身を労わり

少し休憩させてあげ

またその場所や人とよりよい関係や

居心地のよい場所とするための体制作りの為に

しっかりと準備する為に一旦距離を置くという意味があります。

 

そしてその間に

信頼できる人に話を聞いてもらったり

相談してみたり

いつもとは違う場所に赴いて違う景色を見てみたりして

普段とは違う行動をとるチャレンジをして

気持ちをリフレッシュさせてみてくださいね。

 

そして

しっかりと頑張り続けた自分に対して労わり

休憩をし

しっかりとその場所や人と向き合える気力体力を蓄えた時に

再度その場所や人に近づいてみてくださいね。

 

そうする事で

自分のせいだと思っていた事が実は違っていたりした等

今まで見えなかった事や

気づけなかった事と出会ったり、

気づかなかった所で見守ってくれたりサポートしてくれていた人たちの姿に

気づいたりする事もあります。

 

ずっといた場所や人との間に自分の中でモヤモヤ感じていたり

頑張り続けている方にとって

その違和感やモヤモヤを改善させる為の選択の一つとしていただけると幸いです。

 

 

最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

 

 

来週は吉村ひろえカウンセラーがお送りします。

どうぞ、お楽しみに

 

---

 

中村きよののプロフィール・カウンセラーブログ

 

中村きよののカウンセリングを受けるには?

 

中村きよののカウンセリングを受けれるカウンセリングルームのご案内

大阪カウンセリングルーム

東京カウンセリングルーム

 

 

 

◆◇カウンセリングサービス名古屋感謝祭2018◇◆

 

聞いて学べる講演!無料でカウンセリングをプチ体験! 

3240円で1日過ごせる超お得なイベントです。

9人の現役心理カウンセラーの講演をはじめ、20分間のミニカウンセリング

豪華景品があたるクイズ大会などなど、イベント盛りだくさん♪
カウンセラーや、心理カウンセリングを身近に感じていただける1日です。

 

・日時:2018/8/26(日) 10:00~19:30(受付9:30~)
・会場:名駅・愛知県産業労働センター・ウインクあいち9F
・料金:3,240円 (出入り自由のフリーパス)

 

○名古屋感謝祭の詳細は>>>こちら
○お申し込みは>>>こちら
○Facebook名古屋感謝祭特設ページは>>>こちら

2018-08-20 12:00:00

ついで(~してAND~する)を意識すると心楽になるかも

テーマ:仕事の心理学

 こんにちは。カウンセリングサービスの山田耕治(やまだこうじ)です。 いつも読んでいただき、ありがとうございます。
月曜日は、「仕事の心理学」をテーマに、山根しんいちカウンセラーと隔週ごとにお届けしています。
山田担当の仕事の心理学は「強いハートを目指すビジネスパーソンのために」をテーマに、6年目に突入。
「SHBP6」として、小手先のテクニックではなく、心の根っこから強くなることで、仕事やプライベートでの成功への貢献を目指します。

前回の振り返り

前回は、あなたの心は何日で新旧の入れ替えできているか?と題して、

心の新陳代謝をテーマにしました。

 

回転率や回転日数という財務分析につかわれるキーワードを活用し、

心の回転率、心の回転日数を意識してみました。

 

さて、自分の心は一年に何回転しているか?

さて、自分の心は何日かけて新たな心になっているか?

 

前回も終わりに書きましたが、私の前職に勤めていた会社の社長は、

「毎日新しく生まれたと思いなさい!」と言ってました。

それって、心の回転率365、心の回転日数1って言えるかも。

それはすごい再生能力だとと思いませんか!

 

自分の心の状態について、リフレッシュできているかを、

そんなことを考えながら、思ってあげてほしいと思うのです。

 

自分の心のことを優しく思ってみてほしいと思います。

自分はできていないなと思ったら、是非カウンセリングに来てほしいと思います。

一緒に心のリフレッシュ進めてまいりましょう。

 

本日のテーマは「ついで(AND)」

実は前回2回の裏のテーマが今回のテーマなんです。

 

それが「ついで」、英語で言うと「~してAND~する」というものになると思います。

 

「ついで」って、楽なんです。

「ついで」って、心の負担が少なくて良いんです。

 

前回2回は、ここ最近、管理会計の本を改めて読む機会があったわけです。

そこでついでに、心の課題解決にも応用できないかと思い、テーマにしたわけです。

 

管理会計の本を読むことをしてAND心理学のブログを書く。

「~してAND~する」です。

 

そこにはどんな山田の心があるのでしょうか。

 

「ついで」は楽で一石二鳥

実は3年前にダブルワークを始めるときは、このブログを隔週で書き続けるのはちょっと大変かなって思っていたのです。

 

でもまあいいか。その時々の自分に関わることを書いていけば良いかと思ったんですね。

 

しかも私の担当は仕事の心理学!よっしゃー!

 

自分の仕事の「ついで(AND)」に自分の仕事に関係する心理学のブログを書く。

 

そう思ったら、とても気持ちが楽になりました。

実際にここまで続けられているわけです。

 

「ついで」って、心の負担が少なくていいなと思いました。

 

ということで、その延長線で、前回2回は管理会計や財務分析の本を精読する機会に恵まれ、そこに出てきたキーワードをついでに活用したブログになったわけです。

 

そのブログを書くことで、今度は心を活用し、回転率や回転日数の理解を深めることができたとも言えます。

仕事の心理学のブログを書くことで、自分の仕事自体にもプラスをもたらすことも出来る。

 

正に一石二鳥です。

「ついで」の選択で、最初の動き自体にもプラスに出来る。

最初の動きがどうであれ、「ついで」は一石二鳥を産む、強烈な自らの選択なのかもしれません。

 

「ついで」、ANDを意識する

今、みなさんにもいろいろな動きがあると思います。

 

そこにその動きと別のことをやりたいとか、

全く新たなことをやらなければという自分がいたりしませんか?

 

ただ、そのような動きはやろうとすればするほど、心の負担も大きくなります。

 

今のその動きの流れの先に、「ついで(AND)」を意識してみるのもいいと思うのです。

 

私はこのお盆休み期間、お休み返上でお仕事をしていました。

あちこちと出張にもでかけました。楽しみにしていた実家への帰省もおあずけです。

それでも、ある出張の「ついで」にその土地の銘菓を実家に郵送しました。

両親にも思わぬ知らない土地の「お土産」にとても喜んでもらえました。

 

そこには「あーあ、お休みなかったな」と思う自分がいるのですが、

もちろん、そんな自分はいてもいいのですが、それでも、ついで、ANDを意識しました。

 

出張にいく「ついで」(AND)にその土地の銘菓を実家に贈る。

喜びと感謝と供に心もとても軽くなりました。

 

「まあ、今はしょうがないかな。こういうのもありか。」

 

さあ、みなさんは今の自分の動きの先に、何をついでにやりますか?

そのことで新たな動きも生まれるかもしれませんよ。

 

今の動きの流れは自分ではどうしようもないものかもしれません。

それでも「ついで」はあなた自身の新たな選択になるのではないでしょうか。

だとしたら、「ついで(AND)」は、自分が選択できる、自分の心に優しい、自分自身の取り組みなのかもしれないと思うのです。

 

「ついで(AND)」という私の新たな選択も、意識してみる!

 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

東京・渋谷に土日に来ることがあれば、「ついで(AND)」に山田のカウンセリングも是非どうぞ!

2018-08-19 12:00:00

好きじゃないから愛せない?~デッドゾーンを超えるために~

テーマ:自分プロデュース

 

みなさま、こんにちは

カウンセリングサービスの真鍋純子です。

 

毎週日曜『自分プロデュース』を、大みぞなおみカウンセラー、はたのえりカウンセラー、高塚早苗カウンセラーと一緒にお届けしています。

 

「もう好きだと思えないんです」

「好きなのかどうなのか、もうわかりません」

 

パートナーのことを好きだと思えない、かといって簡単にわかれることができない

パートナーシップのデッドゾーンを迎えると、出口が見えず、本当にしんどいものです。

 

++

 

パートナーのことを好きだと思えないなら、もう二人の関係性は終わっている、

私も以前はそんな風に思っていました。

 

でも、必ずしもそういうわけではありません。

 

この人ならずっと好きでいられると思っていたのに嫌いになってしまった、ということがあるように、

もう絶対好きになれないと思っていた相手のことを、もう一度好きになるということもあるんです。

 

好き・嫌いは感情で、感情は変化するものだからです。

 

もちろん、「好きじゃなくなったから、別れる」ということも選択肢の一つです。

相手を変えた方が、うまくいくこともあります。

 

でも、なかなか踏ん切りがつかなかったり、

色々な事情があって、難しい場合もありますよね。

 

そんな時に、試していただきたいのが、

「もう一度愛してみる」ということです。

 

++

 

「それができたら、こんなに悩んでない」

「好きじゃないのに、愛せるわけがないじゃない」

って、思われるかもしれませんね。

 

私も昔もカウンセラーに言われた時は、

「それができなくて、相談してるのに、

この人は何を言ってるんだろう」と思いました。

 

だから、もしそんな風に感じられた時は、

まずご自身のこころのケアを最優先してくださいね。

 

自分自身のケアをしていって、少しこころに余裕ができてくると、

一緒にいるのもつらいし、かといっても別れることもできないという行き詰まった状態に本当にうんざりしてきます。

 

そうなった時が状況を動かすためのチャレンジの時です。

 

「愛する」というのは動詞で、行動することです。

 

何が「愛する」かは、人それぞれですし、

どんな行動をとるか、あなたの状況やこころの状態にあわせて選ぶことができます。

 

例えば、相手がしてくれたことで感謝できることを探してみることでもいいですし、

脱ぎっぱなしの靴をそろえてあげる、ということも、

相手を大切に扱うこと、「愛する」ということです。

 

あなたができることなら、なんでもいいんです。

 

行動ですから、はじめはこころが伴っていなくても構いません。

 

パートナーとして好きになれなくても、

家族として大切にする、人として大切にしてみる、

行動することで、状況が動きます。

 

そして、そうすることで何よりも、

あなたの罪悪感が軽くなってきます。

 

嫌いになってしまった相手と一緒にいるのがつらいのは、

「愛すべき相手なのに、愛していない」という罪悪感を感じてしまうからです。

 

そして、そんな罪悪感を自分に感じさせる相手のことが、ますます嫌いになってしまうのです。

 

わたしたちが一番苦しむのは、

「何か悪いことをしてしまった」という罪悪感よりも、

実は、「やるべきことをやっていない」という罪悪感です。

 

愛したいのに愛せないということが一番つらいのです。

 

さらに、あなたが「この人を愛せない」といって悩んでいるということは、

あなたは本当は、とても愛したい方だということです。

 

だから、形は違っていたとしても、

その「本当は愛したい」という想いを解放していくことが必要なんですね。

 

やっぱり無理だと思ってやめても構いません。

できるときに選択しなおして、

やれるだけのことをやったと思えると、自然に相手を手放すことができます。

 

また、相手があなたにとっての真実のパートナーであれば、もっと新しいレベルで、「好き」がよみがってきます。

 

先にも書きましたが、好き・嫌いは感情ですから、変化します。

嫌いがだんだん好きに変わってくることもあるのです。

 

そうすると、信じられないかもしれませんが、二人の間にもう一度ロマンスがよみがってきます。

それは、2人が知りあった頃に感じたのとは全く違うレベルのロマンスです。

 

というのも、「愛する」ということは行動ですから、積みあがっていきます。

積み上げた分だけ、二人の関係はどんどん深まり、ゆるがないものになっていくんですね。

 

もちろん、嫌いな相手を愛するというのは本当に大変なことですから、

まずはご自身のケアを優先して、ほんのちょっとずつチャレンジしてみてください。

 

少しずつの選択の積み重ねで、あなたの未来がかわってきます。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

 

来週は高塚早苗カウンセラーがお届けします。どうぞ、お楽しみに♪

 

クローバー真鍋純子のカウンセリングを受けるには

クローバー真鍋純子のカウンセリングルーム

クローバー真鍋純子のプロフィール&ブログ

 

◆◇カウンセリングサービス名古屋感謝祭2018◇◆

 

 

いよいよ名古屋にて、開催です!

 

聞いて学べる講演!無料でカウンセリングをプチ体験! 

3240円で1日過ごせる超お得なイベントです。

9人の現役心理カウンセラーの講演をはじめ、20分間のミニカウンセリング

豪華景品があたるクイズ大会などなど、イベント盛りだくさん♪
カウンセラーや、心理カウンセリングを身近に感じていただける1日です。

 

・日時:2018/8/26(日) 10:00~19:30(受付9:30~)
・会場:名駅・愛知県産業労働センター・ウインクあいち9F
・料金:3,240円 (出入り自由のフリーパス)

 

○名古屋感謝祭の詳細は>>>こちら
○お申し込みは>>>こちら
○Facebook名古屋感謝祭特設ページは>>>こちら

2018-08-18 12:00:00

「好き避け」をしてしまう心理

テーマ:イキイキハッピーライフ

 

こんにちは。カウンセリングサービスの眞田遊子です。

 

毎週土曜日は、中村陽子三好成子嶽きよみ

わたくし眞田遊子が交代で担当させて頂いております

「イキイキハッピーライフ」です。

 

あっという間にまた順番が回ってきた感じがします。

時の経つのって早いですね。

 

 

♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*

 

 

恋愛・パートナーシップがうまくいかない

好きな人には好かれないのに好きじゃない人に好かれてしまう

 

そんな風にぐるぐる考えてしまったことってありませんか?

 

それは超シンプルに見てみると

好きな人に対しては、、、、

すごく恥ずかしいから・・・(*>ω<*)テレルー

好きじゃない人には怖れ(恥ずかしさ)がないから

です。

 

好きな人に対してはどうでもいい人に対しては働かない自意識が働きます。

自分のことをすごく見張ってしまうような感じで

ちゃんとしてるかしら?

うまくやれてる?

嫌われたりしないかな?

ってすごく心が忙しくなります。

 

不安になったり、緊張したり、すごくうれしくなってしまったり

なぜか腹立たしくなったり、期待したり、がっかりしたり

ふだんは意識されない自己嫌悪がどどどっとやってきてしまったり

いろんな反応をしてしまうんですよね。

とにかく心が忙しくなります。

相手があることですし、こころのことですし

すぐに明確な答えは見つかりません。

 

そうすると落ち着かないし、本当に疲れてしまうので、ちょっと感情を切り離してしまいたくなります。

関係ないやってふりをして、とりあえず平常心を保ちたくなるんです。

 

感情に振り回されていたら、しんどいし

目の前にやることもたくさんあるし

だから、感情を無視したり、なかったことにしてしまえばいいって思うみたいです。

 

・・・そんなにはうまくいきませんよね。

だって、すきだから。

 

でも、平常心でありたい。

こころが乱されている自分でいたくない。

だったら、その好きなものを遠ざけてしまえばいい。

 

そんな風に、自分をコントロールしてしまいます。

 

そうすると、どんなことが起きるかというと

好きな人にはクールな態度、もしくは拒絶的な態度をとってしまう

好きじゃない人には普段の、自然な(自意識が過剰に働いていない)自分を見せられる

ってなります。

 

これが好きな人には好かれず、好きじゃない人に好かれてしまうのこころです。

 

ふだん感情をとっても抑圧している、感情に振り回されたくない

傷ついた経験があって、またそうなってしまうのがものすごくこわい

そういう人ほど、好きなほど、避けるってやってしまいがちです。

避けたり固まったり、すごく考えてしまったりします。

男性の方が多いかもしれませんね。

 

好きって感じている自分が恥ずかしいし

その人によってふだん引き出されない自分になってしまうのも恥ずかしい

 

それに、リスクがあります。

自分は大好きだけど、相手は?

もしも1人で盛り上がって、好きで好きでどうしようもなくなって

それから拒絶されたら?

そう思うとものすっごく怖いと思いませんか?

 

そんな目に合うくらいなら、今のうちに遠ざかろう。

それが好き避けのこころかなって思います。

 

わたしたちは、ただ、好きだなぁ

ただ、幸せだなぁ

ただ、うれしいなぁ

ただ、素敵だなぁ

って

「ただ」感じていたらいいことを、「ただ」感じることが苦手です。

 

とくに女性はその感受性の豊かさで、たくさんの感情を感じてしまうので

自分自身の感情に振り回されてしまうこととっても多いと思います。

 

だから考えてなんとか落としどころを見つけたい。

 

でもそれが、好きなもの、ものすごく大切なものを避けることになってしまうと

ちょっともったいないです。

 

実際は、好きな人の前で恥ずかしくなったりアップダウンしてしまうことも

可愛げの一つかもしれないから。

 

堂々と好きなものを大好きっていう自分でいるためには

自分を認めてあげることや受け入れてあげること

自分の気持ちを大切にしてあげる、そんな意識があるといいです。

「ただ」好きなら好きでいいよっていってあげる。

どんな反応をしてしまっても、そうなってしまうものはとりあえず「そうか~」って

受け入れてあげる。

 

その先のことや、相手の気持ちを考えすぎて余計に怖くなるものなんですよ。

それは想像でしかないんですが、そんな風にわからないことを悪い方へ悪い方へと考えてしまって、しんどくなるから好きなものを避けてしまうのかもしれません。

 

恋愛に限らず。

 

感情を感じてるのがしんどいと、ね

そのしんどさを終わらせたくなってしまって

対象を遠ざけるか、もう少し自己破壊的だと、関係を築くよりも壊したくなります。

 

ちょっともったいないですし、そのことでまた自分を責めてしまったりすることにもなりますし、いつまでたっても好きなものに近づけませんよね。

 

好きな人を特別にしすぎなくてもいいのかも。

その人を好きじゃない人にとっては普通の人です。

自分が、好きだからこそ

嫌われたくないし、好きになってもらえたらなって思うし

自分を満たしてくれる気がする

だからすごく特別なものって感じてしまう。

 

だけど、相手だってほんとうは自分と同じように、考えたり悩んだりする

愛すべきただの「人」です。

 

いろんな気持ちを感じてしまって動揺してしまう、そんな恥ずかしさを超えていけるといいなと思います。

好きな気持ちは「バレちゃってる~」っていうくらいで

ようやく伝わるものかもしれませんからね。

ばれないようにふるまいすぎて、好意が全く伝わらない、そんなこともある。。

 

動揺しているまんま、恥ずかしいまんまでも大丈夫。

それを隠すために、好きって気持ちもなかったことにしてしまわないであげられますように

 

わたしもやってしまうけど(///∇//)

 

素直になるのって怖くて恥ずかしいものです。

でも心が動くって、素敵なこと。生きてるって感じがすごくします。

だから怖れや恥ずかしさから逃げないでいられますように

そのうちに慣れて、また変化していってしまうから

怖いなぁ

恥ずかしいなぁ

って感じて味わってあげてくださいませ。

 

大好きな人やものを大嫌いになる前に、誰かに届きますように。

 

 

 

 

いつも、ありがとうございますn

 

眞田 遊子

 

nシェア・リブログ大歓迎ですn

 

 

ブログはこちら☆


◆カウンセリングを受けるには?


◆面談カウンセリング・会場案内

 

 

 

 

◆◇カウンセリングサービス名古屋感謝祭2018◇◆

 

聞いて学べる講演!無料でカウンセリングをプチ体験! 

3240円で1日過ごせる超お得なイベントです。

9人の現役心理カウンセラーの講演をはじめ、20分間のミニカウンセリング

豪華景品があたるクイズ大会などなど、イベント盛りだくさん♪
カウンセラーや、心理カウンセリングを身近に感じていただける1日です。

 

日時:2018/8/26(日) 10:00~19:30(受付9:30~)
・会場:
名駅・愛知県産業労働センター・ウインクあいち9F
・料金:3,240円 (出入り自由のフリーパス)

 

○名古屋感謝祭の詳細は>>>こちら
○お申し込みは>>>こちら
○Facebook名古屋感謝祭特設ページは>>>こちら

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>