写真家yukko*のVIVIDにゅ~す!

写真家yukko*のVIVIDにゅ~す!

写真家でファッションコンサルタントのyukko*です。

わたしは、人は幸せでいるために生きていると思っています。
お洋服や写真を通じて自分を見つけ、あなたの幸せをVIVID(イキイキと鮮やかに)に生きようぜ♪



・ポートレイト撮影 3時間 50,000円


内面の輝きを写します!大好評いただいています♪ 詳細はこちら



・ファッションコンサル 
1日(8時間) 100,000円



あなたの魂が輝く服を選びます! 詳細はこちら→ 


その他yukko*の提供メニュー一覧はこちら→「提供中のメニュー一覧」




大学時代の同期の友人が病気で亡くなりました。

 

その友人が病気で余命宣告をされたことは、同期の別の友人から

1月に手紙で知らされていました。

 

手紙をくれた友人は

「私はタイミング的に偶然もあって彼女からそれを知らされた。

自分が何もできることがなくて戸惑っている。

強制でもなんでもないけれど、

彼女が以前親交のあった人と触れ合いたいのではないかと思って

彼女の連絡先を書いておきます」というような内容があって。

 

その手紙をもらってしばらく考えたのですが、

 

病気になった友人と私は、一時期仲良くしていたこともありましたが

15年ほど前に同期で集まった時に話をして、

ずいぶん価値観がそれぞれ違ってきているんだなあ・・・と

いうことを感じて。

 

もし、自分が病気をしている側だったら、

そのことを伝える人は選ぶだろうし

 

かなり価値観が違ってしまっている今、

そしてもう余命幾ばくもないと言われているこのタイミングで

 

15年ぶりに全くやり取りのなかった他人から突然

「病気なんだってね、大丈夫?」

 

と連絡が来たり

何かアドバイスをされても

どうしていいかかえって戸惑うだろうなあ、と思い、

病気の友人に直接連絡するのは控えました。

 

「自分がその人のためなにかをできないか」と思う気持ちはあっても、

ちょっと待って、それって誰のため?

って思った時、

現状の彼女にいまの私が連絡をすることは、

私が自分で「何かをすることができた」という自己満足でしかないと思ったからです。

 

手紙をくれた友人には、伝えてくれたことのお礼と、

たぶん彼女はあなたを信頼しているから直接そのことをあなたに伝えたのだと思うし、

そのことを近しく思うあなたに知っていてもらえることだけで

 

何かを彼女に具体的にしてあげることができなくても

彼女を思うあなたがそこに存在していることだけで

彼女はとても救われる思いでいるのではないだろうか、と書いて

手紙で送りました。

 

そして病気の彼女のことを思って

彼女が体を持っていられる時間に、より良い気づきがあったり

家族と良い時間を過ごせるように、と祈りました。

 

その彼女が亡くなったと、

今度は別の友人から電話がありました。

 

特に同期で何かをするわけではないけれど、

知らせたかったので、と。

 

自分はどうしたいのか考えました。

 

北海道までチケットを取ってセレモニーに行くことはできるけれど

彼女はもうそこにはいない。

 

じゃあお香典を出したいのかというと

彼女の家族がそれを喜ぶのかと考えても

自分が家族を見送った時の経験からして

それを故人に報告することくらいしかできないし

それが悲しみを癒すことはない。

 

電報を送ろうかとも考えましたが、

それも、じゃあそれはなんのためなんだろう、と思うと

同期の人たちに、なにか私がアクションしましたよ、と

知らせるためだけのものでしかないんじゃないか。

 

では自分はどうしたいだろう。

 

と思った時、

 

ただ、彼女のことを思い出すこと。

彼女と過ごした楽しい思い出を愛でてその時間を過ごせたことを彼女に感謝すること。

 

をしたいなと思いました。

 

わたしも遅かれ早かれ、

彼女のあとを行くことになる。

 

だから、いまを生きる自分が

悩んだり考えたり感じたりしながら

この自分を心のままに生ききっているかを

より一層、丁寧にやっていこうと思いました。

 

私の今回のアクションを、理解できない人はいるのかもしれない。

(結果、何もしない、ということになったわけなので)

 

けれど、自分の心に添って生きる、と決めている私が

何回も丁寧に感じてみて、

自分に一番真摯でいられると思う結果がこれだったと思っています。

 

いま、ウクライナの話題が世間では多く語られているけれど、

これについても少し重なるところがあって。

 

誰が悪い、誰がどうするべきだ、

一つの価値観がいいのか悪いのか、

 

というところを見がちになってしまうけれど。

 

誰が悪いのかを探し出して

それを責め立てても

生まれてくるものはない。

 

私が考えるところでは、

本当の平和って、

 

みんなが

世間の決まり事や空気感に引っ張られることなく

自分の心のままに生きられた時にこそやってくると思っていて。

 

一人一人が自分の感じたことを生きる世界を作る

その一番近い始まり、つまり私にとってみれば私という人間の中を平和にする。

 

そんなことを丁寧にやっていくことが大切なんじゃないかな、と

思っているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまでもやってきたけれど、

このところは、さらに時間をとても丁寧に過ごすチャレンジをしていて。

 

その丁寧さはどういう感じかというと、

例のアレですよ。

 

「すべて心に聞く」。

 

行動しようとするとき、

ここまで何十年とやってきたやり方が

顔を出さないわけはなく、

 

ついついこれまでのやり方でやってしまう。

 

トレーナーに、立ち方や歩き方のバランスを変えてくださいね、

こうですよ、と言われたやり方を心掛けていても

疲れていたり気を抜いていたりでふと気づくと元の立ち方になってる、

みたいな感じですよね。

 

心って、こっちの都合とか考えちゃくれなくて、

いろんな外部刺激が入るとき、

けっこうに遠慮なく「えー・・・それは・・・」と思うようなことを言ってくるんですよ。

 

例えばメールやメッセージやお手紙や。

 

頭は、「いや、いただいた連絡にはすぐお返事を書かなきゃ失礼でしょ」

 

心は、「うーん・・・まだ書きたくない」

 

なんて平気でいう。

 

で、そこで心に従うわけです。

頭が結構にうるさいので

おかーちゃんに怒鳴られながらいうこと聞かない、みたいな感じで

 

おげーーー

 

と思うんですけど。

やってみる。

 

で、これをかなりやってきてみて思うのは、

「ちゃんと『その時』はくる」ということ。

 

気になりつつも行動はせずに待っていると、

ある日ね、「あ、今日」って思う時がくる。

なんかほんとにね、ぽくん、と

「あ、今日だ」とか「今日はオッケーだ」

みたいに思う日が来る。

 

それでやってみています。

(かなり時間がかかる案件もあります)

 

たぶん、実際に行動にうつす前に、

自分の中ではいろんな化学反応が起こっているのだと思うし、

 

うまく言えないけど、

心に従って、やっとタイミングがきて行動できると、

なんともこう、清々しい。

心に従ったあとに、心に「どうだった?」と聞いてみると

すごーーく満足そうな感じが伝わってくるんですよね。

 

きっとこれが、あとの自分を変えていくんだと思います。

 

私はこのブログで何回も何回も

「心は自分の進む方向を指してくれるコンパスだ」ということを言ってきているけど、

 

多分、このやり方で生きていったとき、

「自分を生きる」ことができるんだと思います。

 

これまでの親のいうことや学校で教わることで

「こうしなきゃいけない」って教え込まれたこといっぱいあるけど

それは、実はそうじゃない。

 

社会で生きるために、他人に迷惑をかけないために、こうしなさい。

空気を読んで、周りに合わせて、和を乱さないように。

 

みたいに言われてきたけど、

 

自分の心より大事なものなんて、ない!

のですよ。

 

一番怖いのは、自分の心の声を聞かないことを

反射でやり続けてしまうこと。

 

そうなるとどうなるかというと、可能性がどんどん小さくなるんです。

 

シャーレ(入れ物)に入れられたノミの話って聞いたことあります?

 

ぴょんぴょん高く飛んでいるノミを捕まえてシャーレに入れる。

もちろんシャーレには天井があるから、ノミはその高さまでしか飛べない。

 

で、しばらくそこで過ごしたノミをシャーレから出しても

もう、シャーレの高さでしか飛ばなくなるんですって。

 

それを人間に置き換えると、自分が持っていたはずの可能性を

自分で小さくしてしまうということになるでしょ?

 

自分の心を大事にするからと言って、

それが全部自分勝手な迷惑行動になるかというとそうではない。

 

ちゃんと少しずつ、伝えてみることをしていくといいと思う。

(最初は、理解されないかもしれないけど、それに負けないで)

 

ついつい周りに合わせてしまうとか

こうしなきゃいけないだろうからこうする、

 

っていうのが習慣になっちゃってるところから、

ちょっと待って、私の心はなんて言ってる?

 

ってストップをかけて考えてみるところから始めてみる。

それだけでいろんなことに気づくし、いろんなことが見えてくる。

 

私の心はこう言ってるけど、

ちょっととても、いまのあの人には言い出せない。

ちょっとまだ、行動にはできない。

ってんでもいいんです。

 

いきなり全てを行動にできなくても、

「心を聞く」ことを始めてみるだけで、何かが必ず変わるから。

 

こんな小さなステップがなぜ大事かというと、

心の声を無視して、

世間の「こうしなきゃ」に従っていくと

いつか、心(潜在意識)が完全ストップのカードを出してくる。

 

うつになったり、病気になったり、

(状況がどうにも立ち行かなくなったりってのもそうだと思う)

 

どうしていいかわからなくなっちゃうんですよ。

 

まだ動けるうちって、

心が嫌だと言っても、やろうと思えばできますよね。

いわゆる「根性」で。

 

でも、それをやり続けた後に

ある日やってくるのは、

どうしようもない虚無感と脱力感。

 

「動けない・・・」

「もう気力がない・・・」

「どうしちゃったんだ・・・」

 

となる。

そして自己嫌悪で泣けちゃったり

何もできない罪悪感で押しつぶされそうになる。

 

そういう時に人のあたたかさに触れると

号泣しちゃったりするけど、

それは根本的な治療にはならないんですよね・・・。

 

多分、多くの人は

ある程度のところで心をまひさせるとか

周りと一緒だからと自分を安心させてやっていっているけど、

 

それで生きていこうと思えば・・・まあ、生きていけなくはないけど。

 

それで生きていって老人になったとき、

 

「果たして私は、なんのために生きてきたんだろう・・・」

 

っていうことが起こりかねないと思う。

 

きっとこのブログを読んでくれている人は

「どうやって人生をよりよく生きていこうか」って思っている人が多いと思うから、

 

ちょっと年月を多めに生きてきた人からの言葉が、

すこしでも、縁があってここをみてくれた人の心に響いて欲しいなあ、って思っています。

 

 

 

気づき始めるときって、夜明けにすごく似ている。

周りが暗くて見えなくて。

 

だけど、光は少しずつ、必ず大きくなってくるから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

欲、ってあるじゃないですか。

 

基本的欲求の睡眠欲、食欲、性欲のほかにも

「欲」っていっぱいあって、

 

あれ欲しいこれ欲しいの所有欲

あれしたいの行動欲

認められたいの承認欲・・・

 

これは自分が生きてきた中でだけの話なので

全くの仮説ですけれども、

 

この欲って人によってすごく違うでしょ。

程度も種類も。

 

私は、服やジュエリーにすごく興味があったのと

美味しい(自分の好きな)ものを食べたい!

行きたいところに行きたい!という欲がすごく強かったと思うのね。

(そのほかも満遍なく欲望強かったと思う)

 

で、その渦中にいる時には

「私、こんなに欲があってこれどこまでいくんだろう・・・」

 

って心配だったの、すごく。

欲が溢れて出てくる自分に罪悪感もあったし。

 

満たしても満たしても次々と湧いてくる欲。

 

この服を買ったらあの服が欲しくなる・・・

という連続。

周りに聞いてもそこまでの欲はなさそう・・・

 

自分がおかしいんじゃないかと思った時期もありましたよ。いやほんと真面目に。

 

で、悩みながらも

結構な感じで欲を満たしてきたんですよ。

どうしても欲しい服はほとんど買ったし

(その代わり貯金はいつも超低空飛行)

 

やりたいこともやったし、行きたいところも行った。

 

で、いま五十代になって思うのは、

 

「なるほど。やるだけやると収まるんだな。」

 

ということ。

 

もう考えずに、目の前にある欲を

できる限りで満たし続けていくと

 

ちゃんと満足する時がくるんですよ。

 

といっても、欲がなくなるわけではなくて

いい具合にスロウペースになるという感じなのと

 

なんというか

欲望の具合が平和になる感じっていうのかな。

ひりつく渇きに水を打つような欲の満たし方ではなく

プラス方面に働く感じになるし

いま現在その欲を満たせなくても

それで飢餓状態にならないというか

心平和のままでいられるというか...

 

それが自分ではっきりわかるので

すごく安心したというか、ああ、これでよかったんだ、と思ってるところ。

 

もちろん、いろんなことやったぶん

それにお金がかかって、貯金額は人より少ないかもしれないけれど

(ただ、けっこうお金は入ってくるようになる。

なぜかわからないがあちこちから入る)

 

行動したり経験したことで得たものは

 

ほんっとーにすごく大きい。

 

その都度都度、その欲を満たしてみたことで

自分の人生のすごいヒントになったことがたくさん。

 

そしてそれが、今の自分の幸せにつながってると思う。

 

これは本当にやってみてわかったんだけど、

「やってみること」ってすっごーく大事で。

 

「やってみることができた」ことで、

心はすごく満足しているのですよ。

 

自分でも気づいてなかったけど、

これってたぶん、自分の心の声だったんだなと。

 

そうかー

 

「欲=自分の心の声」

 

かあ・・・と妙に納得してしまった。

 

で、おそらくなんだけれども

基本的な欲を満たしていると

(もちろん状況が許さないこともあるかもしれないけれど

諦めずそれを叶えてあげようとする心を持ち続けるというか)

自分の心が暴走しない。

 

よくね、お金持ちがいろんなものをたくさん買って

贅沢な暮らしをしても心が満たされない・・・

みたいな話を聞きません?

 

多分それは、彼らが本当に欲しいものがそれじゃないからだと思うんですよ。

 

きっともっと、

根本のところの「愛されたい」という欲望が

どっかで押さえ込まれちゃって

その代わりにモノで満たそうとするとそんな感じになるんじゃないかなあ、と。

 

ま、その話はとりあえずここでは深く触れませんが、

この記事で言いたかったことはね。

 

欲望、っていうのは

ちゃんとその人のカスタムメイドになってるんじゃないのかなっていうこと。

 

これは本当におそらく、なんですけど

欲望って、その人の叶えられるぶんより、いつもほんのすこーし大きい、という仕組みなんじゃないかなと。

 

で、それを満たしてあげるべくその人本体が動いていけば

なにか気づきが起こっていったりする。

そんなことになってるんじゃないかなあ、という仮説に至っています。

 

以前、心理学のブログを書いている方の記事で

(ナリくんのブログだったかな?)

 

「自分の好きなことがわからない、という人は

多分『消費』が足りてないんだと思う」

 

っていうことを書いていて、

 

あーーーー

 

って腑に落ちる感触がありました。

 

なんか、よく言われる

やりたいことをやりましょう、のやりたいことって

クリエイティブな何かでなければいけない、

人に対して発信して認められることじゃなきゃいけない、

お金を稼げることでなければいけない、

 

みたいに思う人が多いと思うのですよ。

 

でも、自分の欲を抑えてそれを見つけようと思っても

それってきっと無理なんだと思う。

 

そして、いま自分の経験から言えるのは、

自分の欲望に、

 

一切罪悪感は必要ない

 

ということ。

 

それね、多分生まれてくる前に

こういう経験しよう!とプログラムしたことに

絶対関係してると思う。

 

人と違えば違うほど、

自分がおかしいんじゃないか、って

欲望を消そうとするけど、

 

心って正直だから

押さえつけられようとすると暴れてしまう。

 

現在の法制度で罪になってしまうような欲望がある人は、

これは私の個人的な推測だけど、

きっとどこかの時点で

もっと基本的な欲求を押さえつけて蓋をしたか

誰か大人から否定されて

その欲求を持つこと自体に罪悪感を持ってしまって

それが自分を暴走する方へとドライブしているんじゃないのかなって思います。

 

ある程度大人になってしまってから感じている欲望は

ピュアな子供の頃に持っていたものに

罪悪感で変なコーティングがついて

悪意になってしまっている可能性もあるので、その見極めが必要なんじゃないかなと思う。

 

その見極めのためにも、

自分の心の観察ってすごく必要だと思う。

 

この心はどっからきてるんだろう?

いつからそう思ってるだろう?

なんでそう思ってるかな?

 

と聞いていけば、

その時すぐではなくても

返事は必ずどこからか返ってくるから。

 

それを重ねていけば、

必ず自分のことがわかる日がきます。

そうなっていった時に、

自分の人生っていうものを生きられるんじゃないかなあ。

 

日々の観察を重ねながら、

焦らず騒がず、

自分の小さな欲から叶えていくことが

自分がやりたいことを見つけることにもつながっていくんじゃないかな、と

すごーく思っているこのごろ、です。