写真家yukko*のVIVIDにゅ~す!

写真家yukko*のVIVIDにゅ~す!

写真家でファッションコンサルタントのyukko*です。

わたしは、人は幸せでいるために生きていると思っています。
お洋服や写真を通じて自分を見つけ、あなたの幸せをVIVID(イキイキと鮮やかに)に生きようぜ♪



・ポートレイト撮影 3時間 50,000円


内面の輝きを写します!大好評いただいています♪ 詳細はこちら



・ファッションコンサル 
1日(8時間) 100,000円



あなたの魂が輝く服を選びます! 詳細はこちら→ 


その他yukko*の提供メニュー一覧はこちら→「提供中のメニュー一覧」




直前になってしまいましたが

こちらでもお知らせを。

 

この週末19−20日に東京の帝国ホテルで

パトラジェムの対面イベントを開催します。

 

詳細はベイスのページをご覧くださいね。

 

 

 

日曜日でしたらどちらの枠も空きがあります^^

 

私がイベントをやろうと思ったのは、

感染対策も大事は大事なのだけれど。

 

自分の心をしあわせにできることは

やはり必要ではないかと思ったから。

 

土曜日のお客様はどなたもキャンセルありませんでした。

行きたいな、と思った時がチャンスです。

 

 

 

ひさびさに家の近くのショッピングセンターで買い物。

 

今年は結婚して初めて

家で過ごす年越しなので

お正月用のワインとか

あれこれ買い込み。

 

店頭に出ている

アップルパイの写真に惹かれて

丸福珈琲店に入ってひとやすみ。

 

丁寧に淹れてもらったカフェオレは美味しいし

アップルパイもちゃんとアイスクリーム添えてあって

なんだかうれしくなる。

(イギリスではアイスクリームかホイップクリームがつく)

 

ちょっと万年筆を取り出して

手帳に数行日記を。

 

あーなんかホッとする。

 

ブレイクタイムだいじだなーと

思ったきょう。

 

 

今年は、夫との関係も変革した年でした。

 

私の中で、

「思っていることを言う!」というのが進んだ年だったので

 

思ってもいなかった自分の感情(怒り)が

吹き出したりすることも多くて。

 

でも、そこのところを

カメラローング!にできないのが私のこれまでの特性でもあるので笑

(ここからはまた進化を期待)

 

突然怒りをぶつけられた夫がまた

怒りのターンを返してくることもあり笑

 

ぐっちゃぐちゃにケンカもした一年でした。

 

で、

今日はその経過を過ぎて落ち着いた私から見た

 

「こうすればよかったのか!」をちょっと書きます。

 

きょうね、お昼にお気に入りの黒ごま素麺を食べたのです。

(長崎のやつでめっちゃ美味しい)

 

で、私の過去の怒りというのは主に

「わかってほしい」という種類がほとんど。

 

特に、料理に関しては自分がこだわりがあるので

めちゃめちゃ頑張ってたのを

夫が全くわからず、また全然そこを手伝ってもくれない事を

怒っていました。

 

(いま考えればあれですよ、

そもそも怒ってることを言ってないんだから

そりゃわかんないですよね)

 

で、最近は私が調理しているときに

夫が台所に入って手伝ってくれるようになって

(怒りまくった末に二人で考えた改善策)

 

今日、夫が、私がその黒ごま素麺を作るのを見ていたんです。

 

で、手伝ってもらいたいことを

夫にバシバシ指導しました。

 

私が茹でている間

 

まず卵を冷蔵庫から出して常温にすること

冷蔵庫から出すのが直前になった場合は蛇口のお湯で少し温めること(白身が固まりやすいように

丼を出して並べて、スープ粉末を用意しておくこと

ザルを出すこと

茹でている時間があと2分になったら丼にお湯を入れて温めること

いったん丼のお湯を鉄瓶に戻すしてまた沸騰させること

丼に卵を割り入れること(殻が入っていないか慎重にみること)

丼に熱湯を注いで、うどんスープを入れて黄味を潰さないように慎重に、でもしっかり混ぜること

混ぜたら即座に皿で蓋をすること(汁が冷めないように)

茹でた麺を入れやすいようにシンクのそばに丼を縦に並べること

茹でた麺を水切りするのでシンクに余計なものがないか片付けておくこと

茹でた麺を流水で洗ったあともう一回茹でるのでそのお湯をぐらぐらに沸かしておくこと

のびないうちすぐ食べられるように箸を出して七味を出して薬味を用意すること

 

を、申しつけました笑。

 

そしたら、てんてこまいしながらやってくれて、

 

終わったときに

「こんなにいろんなことやってくれてたんだねー」とぽつりと一言。

 

色々なことをやるかたわら、

私がいったん麺をあげて水で締めたりしているのを見て

 

そうか、だからゆっこの作るものはいつも美味しいんだね、

 

水だって美味しい水使ってるし

美味しい麺を選んでるし、

それを美味しく仕上げるようにいっぱい気を使ってくれてたんだね。

いつも美味しいもの作ってくれてどうもありがとう。

 

と言ってくれました。

 

ものすごーく嬉しくて、

 

今年、散々夫とケンカしまくったことが報われて

それ以上の喜びが湧いてきました。

 

それと同時に

私はこういうことを全く伝えずに

一人できりきり舞いをしてイライラしていたんだなあ、と実感。

 

「わかってもらうため」に伝えること、

きっとこれからは、もっと上手にできるようになると思います^^。

 

進化、進化♪

 

 

 

麺ができるまでに用意してもらった七味と菌ちゃんふりかけ。

(無農薬野菜や海藻を使った、腸活にいいふりかけで美味しいの)