文字のチカラは、あなたのチカラに。

文字のチカラは、あなたのチカラに。

愛知県西尾市を拠点に活動するライター『オフィスリバーイン』代表・川内雅樹のブログです。

こんにちは!

『文字のチカラは、あなたのチカラに。』のキャッチコピーでおなじみ、愛知県西尾市で広告制作、文章執筆、作文教室をしているリバーイン・グループ代表の川内です。

 

早速ながら、今日6月20日は、西尾市長選挙、西尾市議会議員選挙の投票日です。

皆さんは、投票に行かれましたか?

 

 

今回も私は、選挙のお手伝いをいろいろとさせていただきました。

 

誰を応援したのかなどは、本日公表してしまうと公職選挙法に違反してしまう可能性がありますので、具体的な表記は避けたいと思います。

 

今回は、西尾市長選が現職1名と新人1名、市議会議員が定数30名に対して立候補者40名という接戦です。

いろんな方を応援したいのですが、市民に与えられた選挙権は1人につき1票。市長選は2分の1、市議会議員は40分の1に絞らなければいけません。

 

皆さんの票数の1つひとつが左右する選挙です。改めて票の重みを感じていただきたいものです。

 

 

私事ですが、高校2年生の秋に生徒会役員選挙に立候補したことがあります。市議会と生徒会では規模が違いますが、選挙んは選挙です。実はその時、6票差で私は落選をしてしまったのです。あと6人友達が多ければ、あと6人後輩に声をかけていれば……など、わずか6票の差で私は選挙に敗れ、その1票の重みというものを身をもって感じたのです。そこでついたあだ名は「6票魔」(笑)

 

半年後、高校3年生の春に再出馬し、ようやく私は生徒会役員になることができました。半年の任期でしたが、今となっては半年間の生徒会活動も良い思い出になっています。

 

なので、地元に限らず様々な選挙の機会にふれる度に、私は高校2年生当時の苦い思い出が脳裏に浮かびます。

だからこそ、選挙における皆さんの1票が大事なのです。

 

1票の重みを感じ、選挙の投票を行ってください。

 

もう一度言います。

1票の重みを感じ、選挙の投票を行ってください。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

「オンラインライティングスクール」「学生のためのライティング教室」

「文章基礎講座」「オトナのための作文教室」

それぞれ、受講者募集中です!

ご興味ある方、お問い合わせお待ちしております。

 

お申込みは、こちらの公式LINEを友達追加の上、お名前とご連絡先(電話番号)をご返信ください。

 

 

============================================================

『文字のチカラは、あなたのチカラに。』

オフィスリバーイン 代表/ライター/広告プロデューサー:川内雅樹

TEL:090-4440-9207 FAX:0563-72-9104

E-mail:info@office-river-in.com

【公式サイト】

https://office-river-in.jp

【ポートフォリオサイト】

https://office-river-in.com

【ライティングスクール特設サイト】

https://riverin-school.com

【Facebook】

https://www.facebook.com/office.river.in/

【Twitter】

https://twitter.com/office_river_in

【Instagram】

https://www.instagram.com/office.river.in/

こんばんは!

『文字のチカラは、あなたのチカラに。』のキャッチコピーでおなじみ、愛知県西尾市で広告制作、文章執筆、作文教室をしているリバーイン・グループ代表の川内です。

 

5月も今日で終わり。本来ならば、昨日は『オトナのための作文教室』が開催されているはずでしたが、延期となりました。

また5月15日(土)16日(日)に開催される予定だった『全国削ろう会西尾大会』も延期となりました。

 

これらは全て緊急事態宣言の発令及び宣言延長による影響です。

現状6月20日までの延期となっていますが、正直先が読めない状況です。

 

そのため『オトナのための作文教室』の開催日は現状未定となっています。

楽しみにしてくださった方には申し訳ありませんが、ここは宣言に従うしかないと思います。

 

 

本来ならチラシも配りたいと思っていましたが、飲食店の休業などもあり宣伝活動も思うようにできず……。

いつまでこんな日が続くのでしょうか……。

 

1年前、『オトナのための作文教室』はZoomによるオンライン開催にしましたが、1対1というメリットはあっても、

やはり初めましての方にとってはZoom参加で作文を学ぶのは難しいと思います。

 

いろいろな設えのことを考慮するとやはりリアル開催をしたいというのが正直なところです。

早く終息する日が来るのを願って……。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

「オンラインライティングスクール」「学生のためのライティング教室」

「文章基礎講座」「オトナのための作文教室」

それぞれ、受講者募集中です!

ご興味ある方、お問い合わせお待ちしております。

 

お申込みは、こちらの公式LINEを友達追加の上、お名前とご連絡先(電話番号)をご返信ください。

 

 

============================================================

『文字のチカラは、あなたのチカラに。』

オフィスリバーイン 代表/ライター/広告プロデューサー:川内雅樹

TEL:090-4440-9207 FAX:0563-72-9104

E-mail:info@office-river-in.com

【公式サイト】

https://office-river-in.jp

【ポートフォリオサイト】

https://office-river-in.com

【ライティングスクール特設サイト】

https://riverin-school.com

【Facebook】

https://www.facebook.com/office.river.in/

【Twitter】

https://twitter.com/office_river_in

【Instagram】

https://www.instagram.com/office.river.in/

こんにちは!

『文字のチカラは、あなたのチカラに。』のキャッチコピーでおなじみ、愛知県西尾市で広告制作、文章執筆、作文教室をしているリバーイン・グループ代表の川内です。

 

4月も今月で終わり。オフィスリバーインが、『リバーイン・グループ』として事業を拡大し、思えばあっという間の1ヶ月でした。

さて『まん防』が出始めて、まだまだ油断できない生活が続いていますが、その中でもしっかりとした対策を講じて現在様々なイベントに向けて準備中です。

 

まず5月5日(水・こどもの日)に、西尾市上矢田町の桂岩寺で行われる『御忌会(ぎょきえ)&お寺の杜マルシェ』です。

こちらのマルシェのほうで事務局長を務めさせていただいており、広報活動を主に担当しています。

 

 

 

最近は主に『お寺の杜マルシェ』のInstagram投稿を行っています!

→インスタは、こちら

 

ちなみに今回、PR動画を制作してみました。

 










3分の動画ですが、フルで投稿できないようなので、3つに分けています。

 

PowerPointで編集し、『ビデオエディター』というWindowsに最初から入っているソフトでBGMを入れてみました。

 

 

続いてのイベントは、5月15日(土)、16日(日)の2日間にかけて西尾市総合体育館で行われる『第37回全国削ろう会西尾大会』です。

 

 

こちらは実行委員の一人として、広報物の制作担当としてディレクションを行っています。

とてもこのクオリティは、自分の技術では出せないので協力先のサポートの元、制作しております。

 

この大会は、全国から大工が集まって、カンナで木をどれだけ薄く削れるかを競う大会です。

物産などの出店もありますので、一般来場者も楽しめるイベントになっています。

 

ホームページの制作も担当させていただいております。

→ホームページは、こちら

 

 

最後に5月30日(日)に先ほどの桂岩寺で行われる『オトナのための作文教室』です。

 

昨年はコロナの影響もあり、1度しか開催できませんでしたが、今回からはコロナ対策を徹底した中で開催します。

 

公式LINEからのお申込みで、参加費が500円OFFになります。
こちらの公式LINEを友達追加の上、お名前とご連絡先(電話番号)をご返信ください。

 

 

 

コロナを理由に逃げていては何も始まりません。

できることをやっていくだけです。

コロナというストレスを少しでも発散できるような、癒しの機会を提供できればと思っています。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

「オンラインライティングスクール」「学生のためのライティング教室」

「文章基礎講座」「オトナのための作文教室」

それぞれ、受講者募集中です!

ご興味ある方、お問い合わせお待ちしております。

 

お申込みは、こちらの公式LINEを友達追加の上、お名前とご連絡先(電話番号)をご返信ください。

 

 

============================================================

『文字のチカラは、あなたのチカラに。』

オフィスリバーイン 代表/ライター/広告プロデューサー:川内雅樹

TEL:090-4440-9207 FAX:0563-72-9104

E-mail:info@office-river-in.com

【公式サイト】

https://office-river-in.jp

【ポートフォリオサイト】

https://office-river-in.com

【ライティングスクール特設サイト】

https://riverin-school.com

【Facebook】

https://www.facebook.com/office.river.in/

【Twitter】

https://twitter.com/office_river_in

【Instagram】

https://www.instagram.com/office.river.in/

こんにちは!

『文字のチカラは、あなたのチカラに。』のキャッチコピーでおなじみ、愛知県西尾市で広告制作をしているオフィスリバーイン代表の川内です。

 

早いもので、コロナに感染をしてからちょうど2ヶ月が経ちました。

おかげさまで後遺症などの問題もなく、元の生活を過ごしています。

 

 

「コロナに感染したからこそ、伝えられることがある」という想いで『徒然コロナ日記』を6回に渡って書きました。

このことが、中日新聞さんの夕刊とネットニュース版に記事として掲載していただきました。

 

 

(ネット版)

https://www.google.co.jp/amp/s/www.chunichi.co.jp/amp/article/208112


 

また記事になったことがきっかけで、東海テレビさんと中京テレビさんにも『徒然コロナ日記』のことを取り上げていただきました。

 

東海テレビさん(ニュースOneより)

 

(ネット版)

https://news.yahoo.co.jp/articles/aff81b6eb35e61bc8c083a1ea8985daf76ddc250


 

中京テレビさん(キャッチ!より)

 

このようなメディア掲載の効果もあり、一時はアクセス数が1000を超える日もありました。この『徒然コロナ日記』をいろんな人に知っていただき、コロナへの意識をさらに高めっていただければと思います。

 

「ピンチをチャンスに」という言葉のとおり、私の体験を文字に起こして記したこの日記がいろんな人に読んでいただけるのはありがたいことです。体験談を知っていただくことで、「自分も気を付けよう」「もし自分が感染した時の参考になる」と思っていただければ幸いです。

 

昨日、FNNさんのネットニュースにも系列の東海テレビさんということで記事が掲載されていました。

 

https://news.yahoo.co.jp/articles/d4d3b9207ecdefb48c6547a9fdf6da201363515d


 

コメント欄には「ただの売名行為だ」とありました。

確かにニュースに取り上げられることで名前が広がるわけですから「売名行為」と言われても仕方ないかもしれません。でもこの売名行為があるからこそ、私や私の周りにはこのブログを見て改めてコロナウイルスに気を付けようという意識が高まっていきます。

 

他には「現行の政治屋たちと変わらない軽い言葉で何をするつもりですか?被害者面して同情買うような行為だと恥と思いなさい」というコメントもありました。

経験している人にしか分からない内容をしっかりと記していますから、軽い言葉と言われる筋合いはないと思います。それに被害者面は別にしていませんし、これで同情を買おうなんて思ってもいません。この体験談の発信は、いつ誰がなってもおかしくないという注意喚起もあります。自分だってかかるかもしれない、という考えを是非持ってほしいものです。

 

また東海テレビのネットニュース版のコメント欄には「商塊たくましい」、Twitterでは「仕事がないんだろうな、ライターの」といった皮肉や批判の言葉がありました。私はこういったコメントを見て怒りよりも「ああ、コロナに気を付けようという気持ちよりも、人を批判することのほうが先に頭に浮かんでしまったんだな」と可哀想人だなと思ってしまいます。

 

仕事はちゃんとありますし、むしろ物書きをしている自分にとって何かの体験をすることはそのものがネタになるのです。商塊だと思われても全然構いません。私にとっては、文章を書いて発信することが仕事ですし、今回の『徒然コロナ日記』はいろいろな人から「ぜひ発信をしてほしい」というコメントをいただいた上で始めたことです。自分がコロナに感染して様々な状況を見てきた経験から発信することで、皆さんにとっての参考資料的な存在になることがこの『徒然コロナ日記』のゴールだと思っています。

 

このようにコメント欄での批判はありますが、情報を発信したことで良い事もあります。それは体験談をテレビ以外にもお話をする機会があったということです。

知り合いが持っているラジオ番組やFacebookライブにゲスト出演させていただき、コロナに感染した体験談をお話させていただいたことがありました。

 

ラジオ番組(MID-FM761 西尾くんのチョット言っとく~?)

 

Facebookライブ(同時多発!西尾を愛するママミーティング)

 

ちなみに来月も、講師依頼をいただきました。

感染した人にしか分からないことはたくさんあります。そういった体験をいろいろな方にお話をしたり広めたりすることが、啓発活動にもなると考えます。

 

ブログでの発信は極力控えていきますが、身の回りにはこれからもコロナの危険性やマスクの重要性など、自分が身をもって感じたことは伝えていきたいと思います。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

「オンラインライティングスクール」「学生のためのライティング教室」

「文章基礎講座」「オトナのための作文教室」

それぞれ、受講者募集中です!

ご興味ある方、お問い合わせお待ちしております。

 

お申込みは、こちらの公式LINEを友達追加の上、お名前とご連絡先(電話番号)をご返信ください。

 

 

============================================================

『文字のチカラは、あなたのチカラに。』

オフィスリバーイン 代表/ライター/広告プロデューサー:川内雅樹

TEL:090-4440-9207 FAX:0563-72-9104

E-mail:info@office-river-in.com

【公式サイト】

https://office-river-in.jp

【ポートフォリオサイト】

https://office-river-in.com

【ライティングスクール特設サイト】

https://riverin-school.com

【Facebook】

こんばんは!

『文字のチカラは、あなたのチカラに。』のキャッチコピーでおなじみ、愛知県西尾市で広告制作をしているオフィスリバーイン代表の川内です。

 

先日、2月14日(日)に名古屋市の『シネマスコーレ』にて、主演を務めさせていただいた映画『TENDERLOIN』を含む計4作品を上映した『横井玲央那映画祭』が開催されました。

 

 

 

映画『TENDERLOIN』は、クランクインが9月の4連休。そしてクランクアップが年明け1月4日(月)。

その後アフレコ収録が何度か行われ、2月12日(金)に最後のアフレコ収録となり、ギリギリまでの編集作業だったそうです。

 

安城市のパフォーマンスグループ『グランチャ』の企画・運営に携わり、思いがけずメンバーとなったあの時からこの春で丸3年を迎えます。演劇一本でやってきた自分が、まさか映画の主演をするなんて……自分でも驚きです。

『グランチャ』ではこれまで、牛、トランプ兵、カラス、獣、たこ焼きに並ぶカップル(台本上のセリフ無し)と、人間以外の役ばかりやってきました。映像作品は初挑戦、主演も初めて、そして人間役も本格的には初挑戦と、私にとっては映画『TENDERLOIN』は、何もかもが初めて尽くしの作品でした。

 

仕事で脚本を書いたことがあり、撮影現場に赴いたこともあります。カメラの外側にいたことはあっても、カメラの手前に立つのは初めて。カメラ慣れしていないので、最初の頃はなかなかに緊張したこともありました。

主人公だったので、実は全編50分ほぼ出ずっぱりで、唯一登場しないシーンは子どもたちが登場する、とあるシーンのみ。

自分の顔がスクリーンに堂々と映し出されることは、なかなかに恥ずかしいものと厳しいものがあると思いました。上映中は、冷や汗が止まりませんでした。

 

もう一つ大変だと思ったのが、セリフを覚えることです。舞台では何度も稽古を重ねていく内に身体で覚えていく感覚ですが、撮影には稽古はありません。それまでに撮るシーンのセリフを覚え、当日カメラリハの時に確認をする程度でした。そのためセリフが身体に馴染んでおらず、何度やっても覚えられなかったり、間違ったまま覚えてしまうことも多々ありました。

横井監督が脚本も担当されたのですが、横井監督がお書きになる脚本は哲学的なセリフが多いのです。普通に考えたら当たり前のことなのに、それを哲学のようにセリフとして口に発します。第三者目線で言えば「一体こいつは何を言っているんだ」と思ってしまうほど、セリフが難しいのです。文脈やリズムではとても覚えられないセリフばかりで、改めて「自分ではこんな脚本は書けないな」と実感しました。

 

舞台と映像は明らかに違います。舞台発声のように、極端に大きな声を出さなくてもマイクが拾ってくれます。声のトーンを調整することも撮影の中で苦戦したことでした。舞台しかやっていない私にとって、映像の勝手に合わせるのは大変でした。

舞台は一度幕が上がると、物語が進んでいきます。それも一発勝負。役としての気持ちの作り方がすんなり入ると思います。ですが映像となると、日によって撮るシーンがバラバラです。物語の時系列で撮るものではないので、楽しいシーンを撮ってすぐ次に悲しいシーンを撮ることもあります。役としての気持ちの整理がつかないことも苦戦した思い出の一つです。

またカット割りがありますので、同じ演技を何度もやらなければいけません。舞台はカット割りなんてないので、始まってしまえばあとは最後までやりきるしかありません。

そんな何もかも勝手が違うことで、舞台と映像というそれぞれの善し悪しを身をもって感じることが出来ました。

 

 

友人・ヒロ役を演じたヒカルとは、2019年に安城市のミュージカル『神様の願いごと』でご一緒しましたが、その時は共演シーンがなかったので今回が事実上の初共演。幼馴染のち彼女・ミウ役を演じた海羽さん、女役を演じた新粥樹里さんとは、初めての共演。経験豊富な女性陣と共演する中で、大変に恐縮することばかりでしたが、良い現場だったと改めて思います。

 

長かったようで、ふと振り返るとあっという間だった撮影期間でした。

初めて尽くしで四苦八苦することばかりでしたが、映画『TENDERLOIN』で主人公・レイ役を演じさせていただいて本当に良かったと思いました。初主演であり、この作品は私にとって映像作品の代表作になると思っています。

 

横井監督をはじめといたしますスタッフの皆さん、キャストの皆さん、本当にありがとうございました。

そして当日上映会にお越しいただきました皆様も、ご来場いただき誠にありがとうございました。

 

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

「オンラインライティングスクール」「学生のためのライティング教室」

「文章基礎講座」「オトナのための作文教室」

それぞれ、受講者募集中です!

ご興味ある方、お問い合わせお待ちしております。

 

お申込みは、こちらの公式LINEを友達追加の上、お名前とご連絡先(電話番号)をご返信ください。

 

 

============================================================

『文字のチカラは、あなたのチカラに。』

オフィスリバーイン 代表/ライター/広告プロデューサー:川内雅樹

TEL:090-4440-9207 FAX:0563-72-9104

E-mail:info@office-river-in.com

【公式サイト】

【ポートフォリオサイト】

【ライティングスクール特設サイト】

【Facebook】

【Twitter】

https://twitter.com/office_river_in

【Instagram】