おはようございます!


秋晴れの良いお天気が続いていますね。

あ〜遊びに行きたいなぁ〜(笑)



12月に、父の三回忌で福岡に帰りますので、
美味しいもの食べられるかな。

法事ですが、ちょっと楽しみ照れ




東京で月組新公を観て、
一度大阪に帰って福岡に飛びます。


久しぶりのジョージに会えるしラブ
新公だしラブラブラブラブ

楽しみですね。




その東京では現在、花組、
明日海(りお)さんの退団公演中。




今月の歌劇に載っている、
明日海さんを贈る言葉。

演出家や劇団生徒からの言葉が載っています。


トップさん退団の時には必ずありますが、
これ、毎回興味深く見させて頂いております。



流石、演出家の先生の言葉の扱いが上手い。

特に楽しみなのは、上田久美子先生。


言葉の圧と、
心情にダイレクトに来る深さが凄いと、

いつも感嘆します。




今回の、明日海さんを贈る言葉も、印象的でした。



その中で、明日海さんの、

「大勢に向かって話していても必ずあの子と目が合って吸い込まれそうになる、何かすごい強いものを発しながらこちらの話を聞いている」

と言うエピソードを書かれておられました。




これ、宝塚受験生も、

講習などで大勢に向かって話している時、

稀に、強く吸い込まれる子がいます。



凄い力でこちらの話を聞いていて、
その圧に吸い込まれそうになる。



皆を見ながら話していても、
自然にその子に目が行ってしまう。



まずこういう子は一発で合格して行きます。





何が違うのか?


一つの言葉を皆に伝えた時の、
その受け取り方を大きく3つに分けるとします。



①言葉を額面通りに受け取る。

②言葉を違った意味で受け取る。

③受け取った言葉から瞬時に沢山の可能性を派生させる。
 


一番多いのは①です。


真面目で一生懸命、
でもそれ以上でもそれ以下でもない。





②は、
いわゆる天然とも言われますが、

理解力に乏しい子。





③の子は、感受性豊かな子。

吸引力のあるのはこのタイプ。


レッスンでも、

ヒントさえ与えれば、
自分で発展させて習得して来ます。

なので伸びるのが早い。


伸びが早い子は可能性が見える。





昨日も、その話をした宝塚受験生ちゃん。



高2、高3、
もしくは子供アテネや受験スクールが長い子。


「宝塚受験」という形にとらわれる子。




こうすれば合格する

こういう子が合格する

ここに行けば合格する

こういう子を取るらしい

宝塚受験とはこういうもの




受験生達は、沢山の噂話をします。

スクール事情、受験当日の事、先生方の事、受験生同士の噂話。



うちの子達には、

そういう話に振り回されてるうちは何者にもなれないよ。と言います。



正解の形なんて無いですよ。



どこにも行っていなくても、
宝塚受験事情を全然知らなくても、

受かる子は受かる。




そんな話している暇があったら、
もっと建設的な話をしたら良いし、

SNSなどで調べている子、
書き込む子は論外。


自分の格を下げますよ。



目が行く子って、強いんです。

芯で立っている。


振り回されないです。




私、
いつも明日海さんの発する言葉の強さにドキッとするのですが、

最近特に印象的だったのは、




「嫌いなもの」は?

「調子に乗る事が一番嫌い。
自分が見えていない、人間の一番愚かな形」




ニュアンスですが、
そんな事を仰っていて。



これって、
本当に強い人にしか発せない言葉だと思う。




繊細と言われる明日海さんですが、

「繊細」って凄い事。


人が気付かない所、事、それを心で常にビシビシ感じている事。

日々の、生活の中のそれらは毎日山の様にあって。





赤ちゃんの時はそうなんですよね。

本当に色々なものを良く見ていて、
全部心に留めて、吸収している。



いつの間にか、

頭で考える様になったり、
防壁が出来たり、
鈍感になっていたり。




受かりやすい子、じゃなくて、

人間的魅力のある子、が素敵じゃないかなぁ。



この子にまた会いたい、
この子をもっと見たい、と思う子。
伸びる子。


そうじゃないと、
無理に入っても役もファンも付かないと思うし。




皆、魅力はあるんです。

個々に素敵なんです。


でも、殻に入っていたりするんです。
いらん事、考えているんです。



もっともっと、
熱くて熱くて強いものがいると思うのです。




合格がゴールじゃないし。



お母様方にもよく相談されます。

その後、どうなるのか。


学歴も無い、仕事も無い、結婚も出来ない、
にならないか。



そんなのは宝塚に限らずある事ですが、

親御さんにしたら大学と言う、

少なくとも確実に学歴と仕事に繋がる道に行って欲しい、と心配されるのも当然。



音大もよく心配されますが(笑)




劇団生の親御さんにも、

退団したら大学に行かせたいと言う方もいらっしゃいます。


結婚して子どもを育てるのに、
親が勉強していない、一般社会を知らない、は良くないからと。


中卒組は高校にも行っていないですから、
キャンパスライフを送らせてあげたいという親心も。



あくまで、一つの考えです。

退団して、
立派に子育てされている方も沢山いらっしゃいます。




うちに来て下さっている、
珠華ゆふ先生も二人のお子さん子育て中。


素晴らしいお母さんです。

それは、ゆふ先生のお人柄。

本当に人思いの、温かいお方だから、
子育てにも愛情が溢れておられます。




生徒達も、退団してからの人生、

幸せになって欲しいから、
ちゃんと生きて行って欲しいから。




そんな、ゆふ先生が下さったキーホルダーラブ
たま様(珠城りょう)とお揃いラブラブ





ピアノの上に飾って(使えない 笑)、
毎日、お気に入り珠城さんの写真と共に眺めております。 

皆が新曲の譜読みしてる時とか(笑)




ゆふ先生は珠城さんの一個上さんなんで、
珠城さんとも仲良し。
 

ズルをする様なので(笑)、
珠城さんの話は聞かない様にしていますが、

たまに、ゆふ先生の口から出る、
「たまきち」と言う言葉にドキドキしています(笑)





さ!

今日は発表会に向けて、1日レッスンです!


昨日コンクール組の子、
めっちゃ頑張っていましたよ〜音譜

皆も頑張って〜音譜音譜音譜










吉武貴子オペラ教室