植木算ワーク | 本質からの美を輝かせます! Spiral Octave Yoga  

本質からの美を輝かせます! Spiral Octave Yoga  

たまプラーザ徒歩11分のサロンにて、
オーラソーマ、腸セラピー、レイキヒーリングをしています。


心と身体、両方からのアプローチで皆さんの素敵をお手伝いします。


テーマ:
ふと閃いて…?!?!



5年生終わろうとしているこの時期に、
娘を受験させてみようと思い立ち…
塾の一括資料請求をしてみたら、
何の斡旋業社かと思うほど、
すぐに営業の電話が掛かってきて、
その勢いに圧倒されつつ、
娘を塾に入れてあげたい事は本当なので、
予約を取りました。。。



『明日以降で、1番早い日程でどこか空いてますか?!』



と。





本当ゴリゴリ予約を取られて、1つの塾で学力テストを受けることに…びっくり




本当に今まで勉強させてないし、
勉強に重きを置いてきてないので、
おそらくそのテスト結果はヒドイことになりそう。。。。




この状態でテストって、ちょっと可哀想!と思って、思いつきで植木算ワークをしましたウインク



使ったのは、
お肉が入ってた発泡スチロールと画鋲。




家から学校までの道に木を植えるイメージで。
家の位置と学校の位置は娘に決めさせてみた。
ちょっと大きく道を描いたら、
『こっちの方が早いよ!』って直線で家と学校を結んだので、それでもいっかー。とそこにも線を引いた。
「『距離と道のり』みたいな絵だね!」って。
「あー!そうだね!」


で、何等分にしたい?!
じゃあ、木は何本必要だと思う?!
じゃ、木(画鋲)を刺してみようか?!



木の本数が自分の予想と合わず…


『アレ?!』
『アレ?!キョロキョロ




ってなってて…ニコニコ
オイオイ、5年生大丈夫か?!と思いつつ…




学校の宿題を教えてあげなきゃ!!

っていう場合は、こんな時に
『はっ?!なんで分からないの??』ってめっちゃイライラしてて、最後はゴン切れだったんだけど…




シュタイナーワークは、疑問を持たせる&疑問を残させるっていうのもすごく大事なエッセンス。
そして、その自分の中に生まれた疑問の答えを自分で閃く!というのがとても大きな学び。



今日は解かなきゃいけない問題もなかったし、ダメ前提でもあったので、娘の『アレ?!』も温かく見守る事が出来て…



なぜか、植木は間の数よりも1本多い事。
を体験してもらった。


で、裏返して



穴のところに針がいっぱい刺さってる状態だったので、その「周りに柵を作って木を植えよう!」という定で、
「何本植える?!」
「6本」


で、植えさせて…

「何個に別れた?!」
「7個!」
「数えてみて!」
「6個!!」



なんでだろう?!?!




(オイオイ、本気で言ってるのか、5年生?!)
と思ってしまいつつ、



「円だからだ!!」
「端っこが繋がってるもんね」




で、明日のテストや今後の勉強に作用するかどうかはさて置き、いろいろと発見はあったようで、
『道のりと距離』
って、その時はまあまあスルーに近い受け応えしてしまったけど、自分で実感を伴って発見した事みたいな感じになったかも?!
イイ着眼点だなと後から思い返してみた。




久々に算数ワークをやってあげられたし、10分くらいの簡単ワークで楽しめたので、わたし的にすごく満足ピンクハートピンクハートピンクハート



問題を解き始めてつまづいたら、
また別の形でやったらイイなとも思えて…
ワークはいろんな形で経験すると深まるだろうし、また違った疑問が湧くかもしれないから。




塾と合わせて、いろいろやって行けるとイイなラブラブ





わたしは中学受験算数が大好きだったから、
いろんなアイデアで『楽しい』が伝えられるとイイなハートハートハート






Spiral Octave Yogaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス