オーシャングループの代表ブログ

経営コンサルティング会社・行政書士・司法書士・一般社団法人の4事業を経営する、オーシャングループの代表者、黒田泰が日々のトピックを情報発信。


テーマ:

最近、弊社オーシャングループでは、メンバーの役割分担の明確化とその役割を

周囲に共有するために、サッカーに例えて話をする機会が増えてきています。

 

これは、誰がどのような役割を果たすのか、その役割の割合がどうなのか、

それが明確にシェアされていることが、重要になってきているからです。

 

具体的に見てみましょう。

 

 

<サッカーで考える役割分担>

■ フォワード(FW)

・サッカーでは最前線にポジションを取り、点を取る、ゴール決める役割

・士業事務所では、主に面談対応であり、受注担当者のこと

 

■ ミッドフィルダー(MF)

・サッカーでは、中盤にポジショニングを取り、攻守のバランスをきちんととり、
 ボールをキープする事を大事にする役割。

・士業事務所では、主に案件の管理担当者であり、書類作成や顧客担当者のこと

 

■ ディフェンス(DF)

・サッカーでは、相手から攻め込まれても点を取られないように、きちんと守る役割

・士業事務所では、業務チェック担当者で、ミスを防ぎ、業務上の過失が発生しない
 ようにきちんと内容を確認する担当者のこと。

 

 

上記のように、士業事務所における各人の役割をサッカーのポジションに即して
話をすることで役割とその対応範囲を共有しています。

 

これは、当たり前の話かもしれませんが、受注や営業が得意な担当者に、
9時~17時で集中した書類チェック業務などをさせても、その人の能力を最大限に
活かすことは出来ません。

サッカーで言えば、メッシやネイマールといった世界最高峰のFWをDFとして

使うようなもので、宝の持ち腐れともいえるでしょう。

 

 

先日、ネイマールの移籍金が290億円という史上最高額といったニュースが

ありましたが、ネイマールが、FWではなく、ディフェンスをするのだとしたら、

290億円という市場価値は、その100分の1の価値になってしまうかもしれません。

 

ですから、その人の能力を最大限に活かす役割で働いてもらうことが、
重要であるということです。

 

 

●人材採用での考え方とは?

それでは、人材採用で考えると、これはどうでしょうか?

サッカーで言えば、点を取る能力があるFWが機能していない、不在などであれば

当然ですが、FWを採用することでしょう。

 

この考え方をもとにすると、士業事務所で新しい人材を採用するにしても、

受注機能を強化したいのであれば、FWとなりうる人材を採用する事でが重要に
なるという事です。資格があれば、誰でも良いやではありませんね。

 

業務運営が不安定であれば、MFとなる人を採用するという事です。

また、業務上のミスやチェック漏れが時々でてしまって、業務運営が心配であれば、

DFとしての能力をもった方、働き方を志向する方を採用するべきでしょう。

 

士業事務所に限らず、なんとなく人材を採用して、なんとなく採用した人にその人の

スキルや適正、志向性とは違う仕事を依頼してしまって、ミスマッチで人材が辞めて

言ってしまう事は少なくありません。

 

残念ながら、士業事務所は非常に遅れていて、営業も、管理も、チェックも、
資格があれば何でもできると思っている人たちが、大半で、たくさんのミスマッチが
起っている実情です。

 

よくよく考えて、人員配置の最適化が問われる時代になっていると思いますし、

これからの人材の活用、適材適所を考える場合には、こうしたサッカー発想で
考えてみる事もひとつの方法かもしれません。

 

最近のオーシャンにおいて、よく話に上がる、役割分担のお話でした。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

相続マーケット徹底攻略セミナー2017が、先週6月24日(土)の名古屋を最後に、

全国6会場のセミナーが終了しました。

最終的にセミナー参加者が、85名ほどと、実務家研究会の参加が70名ちょっとと

大変多くの方にご参加いただき、本当にありがとうございました。

 

全国6会場で、今年も開催いたしましたが、本当にパワーのいるセミナーでした。

・・・と同時に、本当に多くの方にご参加いただき、皆さまから沢山のパワーを

いただいたのも事実です。特に、実務家研究会の評価は、どこに行っても抜群に

良かったので本当に嬉しいかったです!

 

中にはこんな方もおられました。。。
某コンサル会社に、5年で250万円をリースで支払ってしまって、その後に、

黒田さんの実務家研究会のコンテンツを見たら、コンテンツは10倍充実していて、

料金は10分の1以下。
またツールのレベルが、営業会社のサラリーマンが作っているのと、

実際に相続や遺言の受注までしてしまうコンサルタントが作っているのとでは、

レベルが全く違う!!

おまけに、税理士を紹介してくれるって言って加入したのに、紹介してもらった

税理士からも仕事は来ない。。。挙句の果てにはその会社のパンフレットに

使われて、営業の道具にされているし~。すごい損した気分だ。。。


と、愚痴のようなお褒めの言葉のような話がポツポツありました。


でも最高に嬉しかったのは、「コンテンツは10倍、料金は10分の1以下」って、

フレーズです。傑作ですね!!

嬉しいのと面白いのとで、大爆笑でした(笑)

競合他社には申し訳ありませんが、確かに安すぎるかもしれません。

 

ですが、私も必要以上に高く売るつもりが無いものですから、是非とも全国的に

バンバン活用してもらって、司法書士や行政書士など相続の専門家が、地域で活躍
してもらい、結果的に弊社のブランドが高まればそれで良いと思っています。

私は、その相続遺言のプロフェッショナル集団で、連合を組んで、葬儀社や金融機関と

提携していく事がしたいので、私どもの横浜や渋谷の拠点と競合しないエリアでは、

バシバシ使ってもらいたいと思っています。


正直、私自身、想像もしていませんでしたが、想像していなかった以上に、

前職時代よりも、膨大なノウハウを掴むことができました。

 

それは、経営コンサルタントが、実務経営をして分かった事がまたノウハウとなって

いくからなんだなぁと感じています。前職の創業者、船井幸雄会長が、現場主義と

口すっぱく言っていたのが、いま本当に分かります。
 

ですから・・・ 本当に多くのノウハウがあります。

船井会長に言わせれば、本物のノウハウでしょうか。笑

 

経営者であり、士業専門の経営コンサルタントとして、

士業事務所の現場に、年300日超の4000時間ちかくも関わっています

ですから、どうやっても膨大なノウハウがたまっていきます。

 

 

●業界やターゲットに即した営業ツール

●顧客のニーズにあった提案の仕方や単価の上げ方

●実際に、葬儀社や保険会社を開拓した企画書
●業務運営を理解した、事務所の規模別の分業の仕方
 ・・・さらに、机上の空論ではなく、考え方をレクチャーしてもらった後に、
 実際にオーシャンさんで一泊二日などで、実務研修をさせてもらえること
●WEB系のマーケティングでは国内トップクラスの集客であること
●業務ごとの稼働効率とキャッシュフローを理解していること

●実践的なツールやパンフ、料金表、面談ツール、管理ツールなどが
 全て揃っていて、使い方までレクチャーしてもらえること

 

 

今回、多くの先生とお会いして、うちのノウハウや取り組みに触れてもらって、

セミナーのアンケートも85名中の70名ちかくが「大変参考になった」で、

非常に有難いかぎりです。。。

 

是非とも、セミナー内容で『もうちょっと聞きたかった』 があれば、是非とも

お気軽にお電話ください。

出し惜しみをしない!それが私のポリシーですので。笑

 

 

今週の3日間は、関西圏でコンサル希望や、経営相談希望の先生を中心に、

6事務所様を回ってきました。中には、「うちにも来てくれ」という先生もおられるかも

しれませんが、すみません。。。なかなか日程調整が難しいところもあります。

しかしながら、オファーいただければ、きちんと日程調整しますので、横浜に来て

いただくか、私の移動に合わせてどこかでお時間をいただくか、柔軟に調整させて

いただけると幸いです。
 

セミナーに参加いただいた方で、横浜に来ていただける方は、90分の無料相談

きちんと対応いたします。またゴールド会員さま、プレミアム会員さま、是非とも

経営相談の権利を活用ください。

是非とも、お役に立ちたいと思っております。

 

今回のマーケティングセミナーや無料説明会の出会いを通じて、当研究会の

会員事務所様が、35名事務所ほど増えました。もっともっとお役に立てるように

情報発信していきますので、どうぞ引き続き宜しくお願い申し上げます。
 

感謝!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日は、オーシャンの月に2回ある事務所会議でした。

 

ここで、共有した内容ですが、以前にもご紹介した

モリエモンの「本音で生きる」 という本が、なかなか良いので、

そこからの引用をご紹介したいと思います。

 

「アイディア」ではなく、「実行力」にこそ価値がある

 

これは、本当にその通りだと思います。

様々な情報があふれている時代で、こんな事をやったら

良いんだろうなぁ。。。なんて、新しいアイディアをイメージして

いる方は非常に多いですよね。

 

でも、明暗を分けるのは、実行したかどうか、

結局のところ何もしなかった人はただの敗者で、しっかりと
前を向いて着実に走れる人に道を譲っただけ。

 

ですから、実行できるか出来ないかが、能力なんだと

私は思っています。

よく、そんな事はやれば出来るという人がいますが、

結局、やれないんですから、やる能力が無いんですよね。

そういう時は、きちんとやり切れる人にお願いすることが

ベストなんだと思っています。

 

私も出来ないことばかり、ですから助けてくれる

メンバーに感謝ですね(^ー^)/

 

 

何を学ぶべきかは、その時にならないと分からない

 

これも、その通りで、だから勉強しない・・・ という事ではなく、

常に様々な情報にアンテナを立てて、浴びるように情報に

触れることが大事、という事ですね。

 

しかしながら、インプットの能力が高くないと、一度聞いたことを

再現すること(アウトプットすること)は、できません。

 

何を学ぶべきかは、その時にならないと分からない。

その通りだと思います。

 

今日は、業界の5指に入るような大手司法書士法人さまの

コンサルでしたが、代表の先生が、こんな話をされていました。

 

「黒田さん、私は本当に、ついているんです。司法書士業から

事業を始めたので顧客の獲得方法や業務運営や分業の仕方など、

必要に迫られて一通り研究して経営をしてきました。

そして、今はグループ内に税理士を入れると、ストックビジネスの

重要性と有難さが非常に良く分かりました。本当に真面目に

きちんと仕事をするだけで、仕事が増えていくのですから、

税理士(ストックビジネス)は良いですよー。

今だからこそ、本当によく分かります。取り組むべきは、
ストック型のビジネスで、ストック型のビジネスモデルづくり
であるということに。」

 

年商10億円を超える、この大先生でも、今になった分かったと。

 

「何を学ぶべきか、それは税理士業を学ぶことであり、税理士業の

ストックビジネスをきちんと内製化して、より多角的な収益につなげる

ことだと。保険や不動産など。」

 

これも一理ありますね。

こちらの事務所では、相続税業務に取り組んで2年目ですが、

すでに年間100件ほど、相続税申告を受託するペースだとか。

 

何を勉強すべきか、その時にならないと分からない。

しかし、その時が来た時にきちんと対応できるベースを築いて

おくことが重要ですね。

 

私は、先生に提案しました。

 

それであれば、相続手続きで圧倒的にして、手続き経由で

相続税申告業務をピックアップするか、会社設立を圧倒的にして、

そこから会計顧問を獲得するか、税理士の前工程をきちんと

押さえることが重要ですね。

 

私は、どちらも非常に得意です \(^ー^)\

そういう意味では、オーシャンと連携したいという税理士さんが、

沢山いても良いハズなのですが、儲かっていると、仕事を

供給し続けてくれるアライアンス・パートナーを作る事には興味が

無いのでしょうかね?

 

少し毒を吐きました。(^ー^)

アイディアではなく、実行力に価値がある時代です。

出来る事を日々に飲まれずに、着実に進めて行かないと

・・・ですね!

 

ありがとうございます。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。