おび内科・漢方クリニックのブログ

    おび内科・漢方クリニックのブログ

       鎌倉で内科、漢方、胃カメラ、大腸カメラのクリニックをしています。診療の合間につれづれなることを発信していきます。

みなさんこんにちはしょぼん

 

またしても、自然災害により大変なことがおきてしまいましたしょぼん

 

台風19号による被害にあわれた方にはお見舞い申し上げます。

 

おそらく、相当に意気消沈されていると思いますしょぼん

 

なんとも、ぶつけようのない、やるせなさに、心がしわしわに枯れてしまったと思います。

 

いまは、現実を受け止めるのに精いっぱいだと思います。

 

 

私どものクリニックも暴れ川といわれる柏尾川の前に位置しておりますので、今回は浸水を覚悟しました。

 

12日のお昼までに浸水対策をして、あとは運を天に任せて帰宅しました。

 

自宅のある地域は一時停電しましたが、台風通過後の13日にクリニックへ来てみると、二か所の雨漏り以外は、浸水被害はありませんでした。

(2013年開業時から、大きな台風が来ると雨漏りします。弱い雨だと雨漏りしません。そのため、雨漏りの原因箇所を特定できないままになっています。プロシードビルのオーナーや建築会社さん、内装業者さん、不動産管理会社さんと何回も、対策会議を開きましたが、手詰まりという状態です)

 


柱の下が湿っています。なんども雨漏りして、壁の下地の鉄骨が錆びています。




台風通過後、浸水せず、停電もなくすんだのは、運がよかったとしか言いようがないと思いました。

 

もし浸水して、ネットワーク配線や医療機器が壊れたら、消費税10%に増税後の復旧経費や、その間の休診期間などを考えると、閉院???の可能性もあると思っていました。

 

復旧するとしても浸水リスクを避けた場所に移転しなければと考えていました。

 

幸い、悪い予想は外れてくれましたが、いつそうなるか分からないという覚悟をしました。

 

 

そんななか、ラグビー日本代表が強豪スコットランドを破って、全勝で決勝トーナメント進出を決めました。

 

屈強な強敵にチーム一丸となって向かっていく姿に感動しました。

 

さらに、試合後のインタビューで

 

「前回大会の敗戦から、すべてを犠牲にして、この日のために努力してきました」

 

という言葉にガツンと心を打たれました。

 

 

私も、台風で意気消沈して弱気になっていましたが、この姿勢に勇気をもらいました。

 

来年も、再来年も台風は来るでしょう。

 

それなら対策を繰り返し、台風対策のプロになってみようじゃないかと、迎え撃つ気持ちになりました。

 

毎年準備をし、経験を重ね、反省し。

 

今年より来年、来年より再来年にもっとよい対策ができるように修練を重ねたいと思います。

 

そして、1年でも長く診療できるように、ラグビー日本代表のように、チャレンジしたいと思います。

 

 

最後に私の個人的体験でこの台風で役立ったグッズを紹介します。

 

・ソーラーセンサーライト


 

停電のとき、トイレにあると便利だったのが、ソーラーセンサーライトです。

 

普段は玄関前に紐でつるし、帰宅時の灯り、防犯ライトとして活用していますが

 

停電時にトイレの壁にかけておくと、ドアを開ければ照らしてくれるので便利でした。

 

2年間、屋外で使用しておりましたが、壊れることなく作動していました。



・エアコン配管用パテ

(ネットで検索すると、一個100円ぐらいで出てきます)

 

今回、これを入り口、自動ドアの隙間を埋めるものとしてつかいました。


2014年10月6日の台風の際、床を貫通する配管から雨水が逆流したことがありました。

 

その時、自分でできる対策はないかと考えて、隙間から漏れる水をふさぐものとして、エアコン配管用パテを買って対策しました。

 

その時、余ったものをお菓子の空き缶に入れて保管していました。開封後5年経っていましたが、硬化することなく使用できました。

 

このパテは安いので助かります。

 

粘土なので剥がすときは上手にやらないと、一部残りますが、土嚢や水のうと併用すると防水に役立つと思います。

 


最後に


台風被害に遭われた皆さん。


大変、苦しいなかにいらっしゃると思います。


人生は七転び八起き。


なんとか立ち上がって、一歩踏み出して頂けたらと思います。


最後までお読みいただきありがとうございました。


 おまけ

梅雨の時期に、木のベンチに黄色いキノコ?が生えていました。