こんばんは。

おばぁちゃん子です音譜

 

2008年8月CML(移行期)で発覚してからの、経緯を書いていますニコニコ

 

今回はグリベッグ時代の副作用について、です。

グリベックはCML発覚当初の2008年8月から、渡米してポナチニブを服用し始めるまでの約3年9か月服用しました。その間の副作用についてですビックリマーク

ほとんどの副作用は7錠服用以降なので2008年11月以降のものです。

 

重度の副作用は以前個別で書きましたので、それ以外の副作用を辛かった順(個人的)に書こうと思います。【】は服用薬(※は主治医以外の処方薬です。)

赤色は現在も出現する副作用です。

 

≪重≫主に骨髄抑制にともなう症状
・重度の貧血

(頭痛【カロナール錠300】・動悸・息切れ)

・月経不順※【ソフィア-A・ルナベル配合錠】

・血小板減少

・眼底出血

・全身のだるさ、倦怠感

 

≪中≫

・浮腫み(特に顔、目の周り、別人のようでした。これは精神的に辛かった)

・胃のムカツキ、悪心【ナウゼリン・坐剤30】

・下痢【ビオフェルミンR錠】

・体毛白髪化(全身の毛と言う毛が対象)

頭髪のうねり(髪質の変化)

ふくらはぎの痙攣【乳酸カルシウム水和物「ヨシダ」3g・乳酸カルシウム「ホエイ」3g】

 
・涙目←(アイメイクが出来ないえーん
・口内炎・舌血腫【ケナログ口腔用軟膏0.1% 10g】

・皮膚乾燥 【ケラチナミンコーワ軟膏20% 25g】

・皮膚のかゆみ【レスタミンコーワクリーム1% 20g】

 

≪軽≫

・鼻炎 (花粉症時期以外で鼻腔に違和感。耳鼻科にて鼻内視鏡で慢性鼻炎と判明)

※【シングレア錠10mg・メイアクトMS錠100mg 】

・結膜下出血 ※【ヒアレイン点眼液0.1%・ティアバランス点眼液0.1%】

・結膜炎※【ベガモックス点眼液0.5% 5ml・クラビット点眼液0.5% 5ml】

・体毛減少←(白髪化のため透明になり減少したように見える)

・ぎっくり腰 ※【ミオナール錠50mg】

・肌の色白(唯一嬉しい副作用(笑))

 

『適宜』処方薬

・PL配合顆粒1g包・セラピナ配合顆粒・フロモックス錠100mg

・アストミン錠10mg・カロナール錠300mg・ニポラジン錠

・ビタメジン配合カプセルB25・ナウゼリン錠10・※トランサミン錠250mg

・イソジンガーグル液7% 30ml

・ロキソニン錠・モーラスパップ30mg

 

≪番外編≫

・花粉症 【アレグラ錠60mg・インタール点鼻液2%】

 

以上

 

お薬手帳を見ながら、思い出せるだけ書きましたニコニコ

もしかすると忘れているものもあるかもしれません口笛

きっとそれは大したことないんだと思います(笑)

 

外見からだけでは分からない副作用も多いですよね。

それで一番辛かったのは、体毛の白髪でした。色んな所が白髪になりましたねぇ。

おじいちゃんおばぁちゃんより、年寄になった気分でしたチーン

 

髪の毛はもともと白髪が出始めていましたが、鼻毛に始まり、眉毛、まつ毛、。。。

この辺りは他人には見えないかもしれないけど、本人は気になるプンプン

まつ毛の毛先が白髪になった時は、涙目でマスカラが出来ないので、

毛先をチョンと切ってしまいました。さっそく後悔しましたけどてへぺろ

(ちなみに外見上一番辛かったのは、そう!浮腫み、でした。この人誰でしょう?って感じでしたので(笑)アメリカに入国するときもパスポートを見た入国審査の人が別人だと疑ったくらいですガーンCML前に取得したパスポートだったのでニヤリ

 

今ではブログに書けている事から、既に笑い話にできていますグラサン

しかし、当時は真剣に悩んでいました。今よりも若かったですからえー

これがいつまで続くのだろ~、このまま一気に年寄のようになってしまうのか…えーん

CMLになってなければ、グリベックを飲んでなければこうなってなかったのかな…ショボーン

と、落ち込んだ時もありました。でもT315iが見つかってからは、それどころではなく、

まず、自分が生きることを最優先に考えなければならない、と気持ちを切り替えました。

きっと今よりも大変なことが待っているから・・・、と。

 

今ブログを書いていても、前向きな自分と後ろ向きな自分が同居している気がします。

取りとめなくなっていたら、スミマセンショボーン

 

でもでも、ポナチニブになってから、いくつかを除いてほとんど治りましたビックリマーク

体毛も戻ってきたし、鼻毛も眉毛もまつ毛も!!黒くなりましたグラサン

(体毛は薄くても良かったんですけどねてへぺろ

また新たな副作用もありますが、全体的にはグリベックよりも軽いように感じますおねがい

 

人によって出る副作用も違うし、自分ではどうしようもない事もありますが、

分子標的薬を服用している以上、副作用は仕方のない事なので、

どうやって付き合っていくかですよね。

基本、規則正しい(食)生活、適度な運動、ストレスを溜めない事。だと思っていますが、

それって結構難しいニヤリ(中性脂肪は正直だしえー

 

長文にお付き合いいただきありがとうございました照れ

次回は「遺伝子検査の結果(数値)」を振り返りたいと思いますビックリマーク

 

おばぁちゃん子でした音譜

AD