ずっとご無沙汰しておりました。

 

にゃんぶです。

 

インスタグラムには製作物をポチポチpostしていたのですが、

ブログはじっくり取り組みたい気持ちが先に立って

そうすると、時間が取れず、ちょっと面倒な気もしたりして

ついつい、ご無沙汰な羽目に・・・

 

これからはインスタとも連携させて、

「ご無沙汰」をなるべく減らそうと思います。

 

もう10月になりましたが、

9月には、少しだけ作品作りをしました。

 

まずはポケットティッシュケースからご紹介します。

いつもの「うねうねごろごろ」のMACKさんのレシピからの製作。

 

 

「曲線好きさんのポケティカバー」です。

ねこ耳型の派生版ですが、なぜか、こちらを作ってしまった。

ホントはねこ耳を作りたいのですよね…。

 

生地は、インスタで仲良くしていただいている ともかさん が

ハギレ整理をしたいからとのことで、

お譲りいただいたものを中心に使っています。

 

入れ口側

 

 

 

反対側

 

 

 

内布もそれぞれに合わせて選びました。

 

 

ダーラナホース柄には北欧風の小花柄で

北欧つながりに。

 

小花柄の接ぎ合わせは、薄いローズピンクのドット柄で

甘いラブリーなテイストに。

 

バスの柄は、お家や木や花が並んだ通りがイメージできる柄と

合わせています。

 

 

 

 

カップとカップケーキの柄には、

マカロンやドーナツなどスイーツの柄を。

 

かわいい動物の楽隊の柄には、ポップな花柄でかわいく。

 

エンドウ豆の柄には、小さな果物や野菜をちりばめた柄。

 

鯨と波をはぎ合わせたものは、青系の迷彩ハート柄。

海の中のゆらゆらした感じをイメージしました。

 

 

いただいたハギレを使ったので、

柄が思うように出ていないものもあります。

そこは何とかリカバリーしたいなと、こんな工夫をしました。

 

 

入れ口の部分が寂しいので、

あまり布からわんこを刳り抜き、アップリケに。

キルト芯を入れて少しフワッとさせました。

 

たくさんハギレをいただいたのですが、

私の手持ちの生地とダブったのは2つか3つくらい。

 

自分では買わない類いの生地で作る小物は

エキサイティングで、ワクワクしてしまいました。

内布の布合わせでも、

いままで出番のなかった布が使えたりするのです。

 

小さすぎて、1枚で取れない鯨柄や動物楽隊柄は

はぎ合わせを考えるのが楽しかったです。

 

一つだけ手元にあった小花柄のハギレを

3枚組み合わせたものも作ってみました。

 

ハギレ活用、チマチマ作業が何だかとても楽しかったです。

 

 

もう一つは、一重仕立ての巾着バッグです。

 

 

ピーターラビットの一色使いの線画の柄

 

しっかりしたオックスなので、一重仕立てで

ちょこっと持ちに便利な巾着バッグにしました。

 

入れ口にゴムを入れて、

紐を絞っていなくても少し口がすぼまるように。

中身の全開を避けられます。

 

マチは隠しマチにしました。

分量は結構ありますyよ。

 

 

コンビニバッグにも使えるかも。

 

持ち手と同じ、赤いヒッコリーで見返しを。

 

 

脇は袋縫い。

柄に方向があるので、底で折り伏せ縫いではぎ合わせました。

 

紐は焦げ茶のグログランリボン。

リボンの色に合わせたタグもワンポイントです。

 

紐を絞るとこんな感じになります。

 

 

 

オックスで巾着だと、しっかり口を絞るのが難しいですよね。

でも、持ち手をつけ、入れ口にゴムを入れて、

やや口を絞ったトートとしても使えるようにすれば、

口の絞りが甘くなっても気にならないかな、と思うのです。

 

 

端布つなぎの作品も作りました。

長くなるので、それは改めてご披露させていただきますね。

 

 

 

 

またも、随分ご無沙汰してしまいました。

にゃんぶです。

この暑さと、介護疲れか暑さ負けなのか
睡眠障害が少し出ていて、
昼間でも眠く、気力がわきません。

7月中には完成させて、先方にお送りしたかったものも、
一月遅れてもまだ完成していません。
作業をやりかけても、
1工程で止まってしまうものだから、
いつまでたっても完成しないんです。

自分のことながら嫌になってしまいます。

8月に入ってから、
母が息ができないと言い出して、
救急搬送する事件(!)が起きました。

結論から言えば、大したことはなかったのですが、
いろいろ考えることもあり、
また、今以上に食事に気をつけねばならず、
そのわりに、母の状態も思ったほどの改善もなく、
気分も落ち込みがちになっています。

そんなこんなで、製作物がない状態が続いていたのです。

少し前になりますが、
ずっと抱えこんでいた友人リクエストのカードポーチ、
遅れに遅れましたが、無事製作でき、
先方にお送りできましたので、
制作記録としてアップしておきます。

3個必要ということでしたので
選んでもらえるように
違ったタイプで7個作りました。

表側



反対側




合わせた内布がわかるように
ファスナーを開けた写真もアップします。

小さな花柄のがいいというリクエストだったので、
いくつか小花柄のポーチを作っています。

これは、YUWAの花柄を切り替えています。
内布は、これもYUWAのドット。




こちらは、エスニックな更紗風の柄の中に
クマちゃんがいます。

内布は手書き風の花柄。


このポーチはタグで遊んでみました。

頭巾をかぶった女の子の線画のタグに
粗い刺繍を入れたのです。
イラストを色鉛筆やパステルでザックリ塗った感じになればいいなと思って……。




動物モチーフでも、
こちらは北欧風の柄。
メインキャラクターはキツネくんです。


内布はみっちり埋まった花柄。



動物つながりというか、
私に作品には外せないモチーフ、にゃんこ柄でも作りました。

お魚と猫で、魚の形のビーズを飾って
反対側は魚柄で。
内布には、白地のにゃんこが並んだ柄を使いました。

底部分も布を変えているので、
4種類の布使いでできています。




さて、こちらもYUWAの花柄です。
クラシックテイストの黒地の花柄に
内布はスモーキーなグリーン系のモロッカンです。




こちらの花柄は、ウィリアム・モリスのデザインです。
布単体で見て、好きな柄なのですが、
合わせにくい気がしていたのと
ハギレで尺がないので、
今まで形になっていませんでした。

でも、今回、使ってみてオシャレだな…と。


内布には紫の花の補色、黄色のプリントを合わせてみました。



最後は、斜め切り替えのポーチ。

斜め切り替えにするためには、
別型紙を作る必要があり、
裁断にも注意が必要。
結構、方向を間違えることがありまして…💦💦💦

ターコイズのサークル柄、お皿みたいな柄に
鮮やかなコーラルを合わせてみました。

モチーフレースもつけてみた❤


内布は、きれいなブルーとグリーンのバラ柄に。

それぞれのファスナーのカラーにも
ちょっとこだわっています。


友人は、小花柄2種とにゃんこを選んでくれました。


友人の手元で、カード入れとして活躍してくれることを祈って……。


新しい作品のpostもできるよう、
焦らずにマイペースで頑張りますね。


長雨が一段落したと思ったら、

こちらはもう30℃超えの気温です。

 

にゃんぶです。

 

豪雨に伴って比較的気温が低めの日が続いたので、

30℃でも堪える、堪える・・・。

 

今年は、母も脳梗塞後はじめての夏なので、

いままでのように31、2℃位までは扇風機で凌ぐ・・・

などという、やせ我慢エコ生活はとてもできません。

 

29℃くらいでリビングのエアコンは入れるようにしています。

湿度が高かったときも、積極的に除湿モードを使いました。

比較的新しいエアコンなので、電気代については気にしないことに。

母の体調が最優先です。

 

室内でも結構暑くなってきて、

マスクをつけるのがどんどんつらくなってきましたね。

 

夏マスクには、まだそんなに暑くないうちから

ずっと悩んでおりました。

 

母は、デイサービスに出かけるときは

不織布マスクの内側、口元にガーゼを当てて着けていますが、

施設内では空調も効いているでしょうし、

鼻マスクになっていたり、

入浴や食事で外していることも多いので、

マスクが暑くて息苦しいとは訴えてきません。

 

幸い、不織布マスクは確保できているので、

母は大丈夫だと思っています。

 

問題なのは、私の分です。

 

不織布マスクは母用にして、

私は以前から布マスクを着けています。

 

冬場や暑くないうちは、ダブルガーゼを裏表に使ったものや、

平織りの布帛にダブルガーゼの裏をつけたものなどを

愛用していました。

 

それで全く問題なかったのですよね。

 

ところが、少し暑くなると、これがつらい。

 

熱が籠もって顔が赤くなり、目の下に汗が溜まります。

息が苦しくなって、家に帰ってマスクを外し、

しばらくしないと、ハアハアと荒い息がおさまりません。

 

ひどいときは、外出の途中で、少し外して深呼吸したり、

喘息患者なのでいつも持っている吸入を吸わないと

息が出来ないこともありました。

 

夏のマスクをどうするのか・・・

インスタグラムの手芸のお仲間が

涼しげで楽そうなマスクを作っていらっしゃるのを見て、

これは、本気で考えないとえらいことになるぞ、と

遅まきながら、マスク用と銘打ってある生地を

検索してみたりしたのです。

 

それで、2種類ほど調達して、試作してみたのです。

 

 

ところで、実は、生地を調達する前に、

着古した接触冷感のTシャツを裏側に使って

比較的目の粗い平織りを表側に

立体マスクを作ったりしていました。

 

 

上から、裏表ダブルガーゼ。

表:百均手ぬぐい(目が粗い平織り)、裏:着古した接触冷感Tシャツ。

表:デコボコのある織りの綿素材、裏:着古した接触冷感Tシャツ。

 (ボーッとしてて外表で縫い合わせてしまったので、上下をバイアスでくるんでいます。)

 

下二つ、見た目は涼しげなのですが、

息をする度に口元や鼻に貼りつく感じがします。

上の裏表ダブルガーゼ版よりは、暑くないかもしれないけど、

快適とは言いがたい――

 

 

結局、鼻のところに折りたたんだガーゼを挟んで使っていました。

 

 

話を元に戻すと、専用生地は、

① エアロシルバー 抗菌効果・吸水速乾性・消臭機能・UVカット生地

② 接触冷感・マスク用ニット生地(吸汗・速乾)

の2種類。

 

①はホビー家コテツさん、②は手芸ナカムラさんで買ったものです。

 

いま調べたら、①は売り切れだったけど、

手芸ナカムラさんのはまだ残っていた…

 

エアロシルバーはちょっと厚手の生地です。

 

 

ナカムラさんのは織りが特殊なニット生地という感じ。

 

 

①の方が届くのが早かったので、

そちらを使って、まず試作しました。

 

いままで作っていた立体マスクではなく、

西村大臣が着けている

いわゆる「大臣マスク」で試してみたのです。

 

リップルの生地も届いたので、そちらでも作ってみました。

 

 

上から、綿レース、折り目にステッチなし。

下右、リップル、折り目にステッチを入れたもの。

下左、平織りの手ぬぐい地、折り目ステッチ。

 

 

 

内側は、綿レースはリップルを。

リップルには手ぬぐい地を。

そして、手ぬぐい地の内側に、エアロシルバーの生地を使ってみたわけです。

 

かなり厚手で張りがある生地なので、

折り目がきれいにつきません。

なので、大臣マスクの形態を維持するならば、ステッチは必須かも。

 

この生地は、一重で使っても十分なくらい、しっかりしています。

 

使ってみたら、とても涼しい、というわけにはいきませんが、

息のこもるいやな匂いはありません。

多分、ダブルガーゼ二重よりは涼しいのではないかな。

比較的涼しい日なら、これでも大丈夫かも。

 

リップルも、やはり比較的涼しい日なら、何とかガマンできます。

 

いろいろ試してみるものの、私の手持ちの資材では、

満足できるものがありません。

 

そこで、お出かけには、

複数マスクを途中でどんどん取り替えながら

暑さや息苦しさを凌ぐことにしようと、作戦を変更。

 

それなら、いっそ表側は、好きな布やおしゃれな生地で

作りたいなあと思っていた矢先、

先日のブログでもご紹介したコロン**さんからの

ありがたいお申し出があったのでした。

 

いただいたリバティで、作ってみました。

 

まずは①の生地を裏地にしたもの。

 

 

上は、ステッチを入れて、下はステッチを入れずに仕上げています。

 

ステッチを入れると形が安定するので、

普通の生地の場合はステッチを入れた方が好きかも知れません。

 

でも、この生地はちょっと張りが出すぎる感じがします。

鼻と口の空間は広くなるので、いいのですが、

縫い方が悪いせいか、顔の上で落ち着きが悪いような・・・

 

ステッチがない方は、

息をする度に、マスクが口に引き寄せられる感じが

ステッチした方より大きいのですが、不快というほどではありません。

 

②の生地も届いたので、使ってみました。

 こちらは、柔らかく張り感はありません。

 

 

柔らかいので、形状保持の意味も含めて、

ステッチを入れました。

 

 

内布は、一見、単なるニット生地ですけど、

使ってみるとどうかな~。

 

実は、リバティシリーズは、まだ実際に使っていないのです。

 

実際の使用感でどれが一番いいかは、

気温や体調などの条件を同じにして確認することは難しいので、

一概には言えませんが、

数を用意して、ちょっと汗ばんだり息苦しさを感じたら、

とっかえひっかえして使うのが、

毎日お出かけしない私には良いのかなと思います。

 

夏マスクの悩みをあちこちコメントしていたので、

手芸のお友だちから夏マスクをちょうだいしました。

綿レース+麻や、高島縮みなど、

薄くて涼しい素材を使ったマスクです。

 

その、ありがたいマスクも含めて、

あれこれ試作したマスクで、何とかこの夏を凌ごうと思っています。

 

最後に、もう一つ。

編み物や手芸の先生をしている叔母から、

手編みのマスクをもらいました。

 

 

広げてみると

 

 

上下がわかりにくいので、

上側にチャームをつけてあります。

 

 

 

これが、なかなかかわいいのですよね。(*^_^*)

 

裏にはフィルターを装着するようになっていて、

そのフィルターは、中に含まれているセラミックスによって

消臭効果が高いのだとか。(商品名:サラットⅡ)

ファイルターは手洗いで繰り返し使えるそうです。

 

夏マスクに悩めるおばさんが、

みなさんのおかげで、

いつの間にやらマスク長者になりそうです爆  笑爆  笑爆  笑