にゃんこユナイテッド

にゃんこユナイテッド

サッカー好き、猫好き。(当然、「犬」も好き)
バンドは、無期限休業。(はたして「やってた」と言っていいのか・・・orz)
いろんなものに手を出したがり屋の日々を綴っていきます。

ただいまコメントは承認制にさせていただいていますが、遠慮なくお書きください。

NEW !
テーマ:

 今日はホームゲーム。だとするとGKは優也かと思ったらロドリゲス。

 攻撃の軸は、ツインタワー+船山は前節と同じ。

 横浜FCはプレスをかけてきたけど、熊本はそれほどでもなく、お互い停滞したままかと思ったら、安の飛び出しであっさり失点。

 そんなにジェフのサッカーの程度は低いのか?そんなわけあるまいと自問自答しながら、待つこと30分。ようやくマッスーのゴールで振り出しに。

 

 後半は、攻撃のギアが上がって、早い段階でラリベイのコロコロ勝ち越し弾。

 そこから、試合を優位に進めるも、頭の中には「逆横浜FC」される(終了寸前に同点にされる)んじゃないかという怖さが浮かんだり消えたり。

そんなときに、交代で入ったサリーナスが、初ゴール。昨シーズン終わりには、「今季で終わりじゃない?」なんて声が多かったけど、ようやく報われる時がきました。也真人がいないこの時期に、ちゃんと皆が危機感をもち、勝つことにこだわってくれていることがよくわかりました。

 

 一方で、キャプテンマークを巻いていないドゥさんを見るのはなんとなく違和感があったり、船山が途中からキャプテンマークを巻き、挨拶の先頭に立つのを見て、新しいジェフの時代が来たような気もしました。

 

 次の試合が、ホームなのはある意味ありがたい。今日は1万2千人越え。次節もたくさんのサポーターで、選手に目を閉じれば黄色に染まるスタジアムが浮かぶように「刷り込み」できたらいいと思います。

 

 試合以外にもいろいろありましたが、それがいつものように「おまけ」にて。

 だんだんと暑い時期になり、選手も足をつったりしてましたが、サポーターもしんどい時期になってきました。ちゃんとリカバリーして、次節もしっかり応援しましょう。みなさん、お疲れ様でした。


テーマ:

 4月以降の私は、仕事で外に出たら最後、とにかく忙しい毎日です。そのうえ、休日もとある事情で、自由な時間は少なく、気分転換といえばサッカーだけだなと実感しています。

 

 そんな私の大事な時間、明日はフクアリ。疲れていても、やっぱり、気持ちが上がります。

 先日も悪いことは忘れると書きましたが、いまもそんな感じです。改めて書きますが、横浜FC戦は引き分けだったのですものね。

 

 我慢している分、明日は楽しむつもりです。


テーマ:

 也真人の手術、ドゥさんキャプテン交代・・・。試合がなくても、心配になるニュースが聞こえてきます。

 事実を伝えられると、そこからどうしてもネガティブな方へ考えてしまいがちなのですが、じたばたしても始まらない。確認もできないのに、悪いことを考えるほど暇でもない。

 也真人の怪我も、もう、手術は済んだのだし、ドゥさんのキャプテン交代も、監督との話しあいの結果、より良い方を取ったということだと、ポジティブに考えようと思います。

 

 日曜日は、熊本戦。サッカーのある日常のありがたさをかみしめたのは、つい2年ほど前のこと。気を取り直して、楽しく、フクアリに向かいたいと思います。


テーマ:

 イニエスタ、とうとう日本に来ちゃいましたね。3年契約年俸32億円。ということはほぼ100億円、イニエスタにつぎ込むということですね。J1は34節、2試合くらいは出られないとか、カップ戦は休みたいなどなどで考えると、1試合1億円のギャラをもらって試合に出るという感じなのでしょうか。

 

 お金のない人間は指をくわえてみているだけですが、つぎ込んだだけの効果が出ないのを、どこかで期待してしまうのも、お金のない人間のサガです。

 

 自虐ネタではないですが、三木谷さんのように、プロ野球のオーナーも務めて、そこへ選手を連れて行けるくらいじゃないと、スターを獲得する意味もないわけで・・・。仮にジェフでイニエスタを獲ったところで、フクアリでしか見られなかったら、もったいなすぎます。華のある選手はやはり華やかなクラブが似合うのだなと、思います。

 

 さぁ、鳥栖さん、トーレスをどう使います?1試合当たりのギャラも7ケタ後半くらいに抑えないと、クラブが傾かないかと心配になりますが、人の心配する前に、自分の足許を見ろということですね、スミマセン。


テーマ:

 日大のアメフト部の監督、コーチ、いったい誰に対して、何を謝っているのか、まったくわかりません。

 緊急記者会見の趣旨は、言い訳、自分の主張のためだというのならわかります。冒頭から、「申し訳ありませんでした」で始まっていながら、その言葉は、テレビの画面からではなく、相手の面前で言ったのでしょうか?頭を下げたのでしょうか?

 

 今回の件は、スポーツや教育に名を借りた、パワハラです。自分で善悪を考えるということができなくなるほど、精神的に追い詰めたことが原因です。「反則をした選手が何をしてたか、見ていなかった」なんて聞くと、監督に認められたくてやってしまった彼の心中を考えると、許せない気持ちになります。

 反則をした選手は、自分にはこれしかないという気持ちだったからこそ、悪魔のささやきに応えてしまったのに、認められず、そしてアメフトをやめることを決心することになったのに、教育者、指導者であるところの監督やコーチが、彼の気持ちに寄り添わないのは、情けないばかりです。

 

 だんだん話の論点がずれてきて、悪質ファールについての処分がうやむやになりそうだし、日大そのものの教育機関としての在り方も信頼がおけなくなりそうだし、関西学院大学の選手・家族も当初考えていた落としどころとは違ってしまっただろうし・・・。

 

 日本の学生スポーツは、戦争していたころの日本の伝統を良くも悪くも引き継いでいるところがあり、それは自分も体験してきたところです。その時は疑いもしなかったことが、社会人になって「なんで、あんなことしたんだろう?」と疑問に思うこともたくさんありました。

 選手を鼓舞する言葉は、潰せや壊せでなくてもあります。自分が体験(やられた、やらされた)ことだけで指導するのではなく、監督やコーチも自分で考える力を養わないと、日本のスポーツに明るい未来はない気がします。(相撲あたりもそんな気がします・・・。)


テーマ:

2015.05.20 横浜FC1

 ほんとうにいい天気でした。バックスタンドの向こう側に古河の社宅がなくなっていて余計に空が広く見えました。

2015.05.20 横浜FC2

 武田選手J2通算100試合表彰。ここのところジェフの周囲では、100絡みのセレモニーが続いています。昨年は不整脈の手術をしたのに、今年は元気に試合に出ているとは、日本の医療は素晴らしい。それにあやかって、前節の怪我でこの試合に出ていない也真人の早い復帰を祈るばかり。(今日、「手術を行い全治3か月」の発表がありました。)

2015.05.20 横浜FC3

 わんこさん、ハーフタイムにファンサービスで何か配っていたけど、ツンデレな投げ方で、通り過ぎた方向にものが行く。そのくせ、ジェフのゴール裏では、きちんと小さな子供にあげてたみたい。

 ラリベイがキャプテンマークでした。

2015.05.20 横浜FC4

 時間ぶっとばして。船山選手1点目。最近、エスナイデルのところには必ず、報告に行きます。「とーちゃん、やったよ!」

2015.05.20 横浜FC52015.05.20 横浜FC6

 またまた、時間ぶっとばして、船山選手2点目。1-3からの2点目だから、スタートを急いでいます。

2015.05.20 横浜FC7

 納得のいかないジャッジに抗議していたタヴァレス監督が退席処分に。後半、両チーム、点の取り合いになりエキサイトしてましたからね・・・。

2015.05.20 横浜FC8

 そして、清武さんが決めてしまうのでした。

2015.05.20 横浜FC92015.05.20 横浜FC102015.05.20 横浜FC11

 試合が終われば、お友達。J2はベテランが多いからどこのチームにも、一緒のチームだった選手がいるもんです。それにしても、贅沢。

2015.05.20 横浜FC122015.05.20 横浜FC13

 特にジェフも「クリアランスセール」をやるので、選手が、頻繁に挨拶に来ます。トッシーやミルジローは来なかったけど、選手が義務だと感じてしまったら、それはちがうんで、気にしない、気にしない。

2015.05.20 横浜FC142015.05.20 横浜FC152015.05.20 横浜FC16

 ゴール裏でのあいさつが終わったら、すぐに指導。鉄は熱いうちにうて。

2015.05.20 横浜FC17

 サリーナスと北爪。ほんと、仲良し。

2015.05.20 横浜FC182015.05.20 横浜FC19

 まだまだ続く、指導。

2015.05.20 横浜FC202015.05.20 横浜FC21

 ジェフの選手としてフクアリで浴びた声援よりも大きかったかも(^_^;)。

 

 もっと、いろいろ撮っていましたけど、慣れない場所だと微妙にコマに収まっていない感じでこの程度になりました。

 試合、湘南の監督が来てましたね。どう思ったかな。来年の?といわず、シーズン途中の補強も考えての、スカウティングだったかも。

 J1は、W杯の中断に入りましたが、J2は熱い戦いが続きます。シーズンイン当時のモチベーションとは変わってしまいましたが、42節にどの順位にいるかが、一番大事。一試合一試合、あきらめることなく粘りづよく戦っていきましょう。

 


テーマ:

 昨日の横浜FC戦はほんとに良い天気でした。今年は、ゴールデンウィークの間の観戦がフクアリでの岡山戦だけだったこともあって、紫外線の怖さを忘れており、顔だけは日焼け止め効果のあるお化粧をしていましたが、手足はそのまま出かけてしまいました。

 

 空気が乾燥して、朝方はひんやりしていたので、長袖を着て外出したものの、三ツ沢についてからは、半袖ユニに。風があったので、持参していた帽子は被らず、サングラスももっていましたが、そんなに目が痛くなることもなかったので、それ以上の紫外線対策はしませんでした。また、観戦場所を決めるときに、バックスタンドは正面から太陽を浴びるだろうと思ったことも、メインスタンド観戦を決めた理由でもありました。

 

 しかし、5月の太陽は甘くありませんでした。スタジアムを後にするとき、すでにむき出しの腕は赤く、触ると痛痒い。家に帰り、お風呂に入ると、ヒリヒリとした感触。石鹸でこするのはNGだと思ったので、泡でさするくらいで済ませました。

 お風呂上りに、鏡を見ると、対策をしていたものの、鼻の頭も若干赤い(^_^;)。この状態で、電車に乗って帰ってきたと思うと、少し恥ずかしかったかも。そして、冷やした化粧水を含ませたコットンで顔、腕をパックして、火照りを抑えました。また、対策のしにくい唇もカサカサ。こちらは、リップクリームで保湿しました。

 

 今日もまだ、腕は熱を持った感じで真っ赤です。空気が乾燥していて余計に紫外線は強かったのかもしれませんが、これからの季節は、本当に油断なりません。皆様もご注意ください。


テーマ:

 結果は引き分け、勝ち点1なのに、試合に勝ったかのような幕切れでした。

 大宮戦と同様、相手チームはたまったもんじゃない結果で、ずいぶんとジェフも「悪役」になったもんだと、思いました。(もちろん、選手は悪くないんです・・・)

 

 前半は、なんだか寝ぼけているような試合で、私、試合そのものより、監督の方に関心がいってました。結構怒鳴ってるんですね、「Toriumi!」ずいぶん、叫んでました。

 

 前半、後半変わることの多いジェフですが、後半はしだいによい方へ。船山選手、しっかり、空気を変えてくれました。同点弾。そして、2点差をつけられても食い下がる、2点目のゴール。だから、頭のどこかに、今日の結果が見えていた気がします。

 

 「なんで、ああいう戦い方が最初からできないんだ」と、旦那は言ってましたが、横浜の2点目などは運のなさもありますからね。3点取れるなど、少しずつ良くなっている感じはあります。

 ただ、「3点取れる力があるのに勝てない。3点も失点する。」ということですからね、まだまだな状態であることはまちがいないです。

 

 今日はドゥさんがベンチスタートでしたが、あれはどういう企みだったのでしょうか?若手に経験を積ませるということはあるでしょうが、それにしては、今日の失点のきっかけは似たような感じだったので、試合の中で取り返せないと単なるトラウマになりそうです。

 

 家に帰ってから振り返ると、思いがけない結果と、乾いた好天のおかげで、いい気分転換ができました。私は、それでよいけれど、選手はもっともっと目標を高いところにもって頑張ってほしいと思います。


テーマ:

 今年は、人事異動も含め、諸事情の巡りあわせが悪く、まだアウェイ観戦ができていません。

 

 土曜日は基本的に出勤なので、日曜、関東のアウェイは明日の横浜FC戦を逃すと、今年のアウェイ観戦は1試合もできなくなる可能性が大。

 

 疲れが溜まっていることと、家の中も片付いていないというジレンマがありましたが、今年最初で最後のアウェイ観戦かもしれないということで、急きょ、横浜に行くことにし、さきほどチケット購入。

 天気も良いようだし、明るいうちに帰ってこられそうなので、ポジティブに考えて、ジェフを応援してきます。

 

2018.05.19 横浜FC前夜.jpg

 旦那、なんだかんだ言い訳つけて「横浜飲むぞ」と。横浜に飲まれないように気をつけましょう。


テーマ:

 今夜、岡山対東京Vの試合が行われていましたが激しい雷雨のため、後半途中で中止になりました。

 

 サッカーは野球と違って、普通の雨なら試合は行われますが、雷雨はそうはいきません。DAZNの中継をみていたら、スタンドを流れる雨が滝のようでした。半端ない降りだったようですね。

 

 数年前、フクアリの試合でも、それは試合後だったのですが、激しい雷雨になり、スタジアムから出て公園部分にいた私たちにも係員の方が「フクアリ内に避難して!」と声をかけてくれたことがありました。

 Jリーグでは雷の人的被害はこれまでなかったと思いますが、雷はまだ遠いと思っていてもいきなり近くに落ちることもあるそうですから、ほんとうに注意が必要です。

 個人的に一番怖かった雷の経験はマリンスタジアムで行われたB’sのライブの最中に雷が避雷針に落ちた時。焦げ臭いにおいと、サポートの奏者の方が感電したとかで、結局途中で中止。払い戻しもなし。サッカーで身に着けていた知恵、「ごみ袋に手回り品はしまう」のおかげで、自分がずぶ濡れな以外は被害なし。とはいえ、びしょ濡れのまま、電車に乗ったので周囲の目が痛かったですけど(^_^;)。

 

 梅雨が真間近になり、日差しが強くなればいつ天気が急変してもおかしくありません。天候が怪しくなったら、警戒を!サッカーで事故が起きるのは勘弁です。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。