1way、2wayとは何のこと? NEC Express5800シリーズ | 特選街情報 NX-Station Blog

特選街情報 NX-Station Blog

特選街情報 NX-Station Blogはパソコン、デジモノ、家電の購入・日々のブログです。パソコンは レノボ ThinkPadを中心に、Lenovo、NEC LaVie、日本HP、DELL、レビュー・評価・感想、クーポン&特価情報やスペックの比較をしています。


テーマ:

ずばり、NEC Express5800シリーズのWayとはCPUスロット数のことです。物理的なCPUがいくつ搭載できるかを示しています。


例えば、1wayサーバは 1個のCPUが搭載されたサーバ。形状は主に、省スペース型もしくは1Uラックマウント型です。

2wayサーバは、2個のCPUが搭載可能なサーバです。マザーボードのCPUソケットの数なので。CPUを1つか2つ載せるかの選択が可能です。

4wayはもうお分かりですよね。最大4つのCPUが搭載可能な4CPUソケットのサーバです。フルタワーや4Uラックマウント型のやや大きめのサーバです。


負荷のかかるような計算処理をさせたりする用途には4wayタイプ、数を揃えて負荷分散を計ったほうがよいようなWebサーバやメールサーバは1way2wayを選ぶことが多いです。


最近だとデュアルコア インテル® Xeon® プロセッサー5110 あたりが選択肢になりますね。1way用にはPentium Dプロセッサでもかまいません。


1wayといってもインテルのマルチコア技術、Core 2 Duo技術によって物理的には1つのCPUの中に2つのコアを搭載して2つ分の働きをさせることのできるCPUを選ぶことも可能です。ハイスペックなパソコン用と同型のCPUを搭載することもあります。PentiumシリーズやCeleronシリーズになります。



NEC Express5800 サーバ購入

http://express5800.cocolog-nifty.com/




特選街 nx-stationさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス