いよいよ運慶展が始まりましたね~。


今日はどれくらい入ったんでしょ?


お昼時に確認した時は、
会場内は混雑してるけど、待ち時間なく入場ってなってましたが…。


また、今回は会期末まで金曜土曜は9時までやってるみたいですね。


週末の夜に何回か行ったほうが気楽かなぁ~。

とりあえず、年パスで二回分は行けるんだし…。



今回のグッズ。
http://unkei2017.jp/goods


それほど興味を惹かれるものがない…(ーー;)


なんだろ?
開幕前はけっこう楽しみだったのに、今になってどんどんテンション下がってる~(>_<)



これはあれかな。

某寺僧侶のツイッターで、生々しい数字を見てしまったからかな(笑)。


そりゃ、まぁ、興行ですから、収益を意識するのは仕方がないのよね…。
お金が入らなかったら、仏様たちをわざわざお連れした意味も薄れてしまうのだし。


とはいえ、比較基準が『阿修羅』展だからなぁ~(・_・;)

阿修羅像はあくまでも興福寺一寺の話だけど、今回の運慶展はもうちょっと幅広くやってますもんね~。



今週末は土曜休日出勤のよていでしたが、いろいろあって普通に休めそう(笑)。
(でも、もう振休撮っちゃったから有休にし直さなきゃ…。)

来週の三連休はお出かけだし、その後は鹿島観戦が続くし(笑)、突如選挙も入ってきちゃったし、早めに行っといた方がよさそうかなとも思い…。


朝並ぶのはしんどいから…お昼ご飯食べがてら行こうかな(笑)。



AD


現地観戦、テレビ視聴応援、パブリックビューイング等での応援も含め、リアルタイムに映像を見ながら応援できない時の何とも言えないフラストレーションの溜まり方(笑)。


こういう場合はテキストライブやツイッターなどが頼りなんですけど、負けてるときはもちろんのこと、勝ってる時でさえ更新する手が震えます…。

途中から更新するのやめる時もあるくらい…。


不安で怖くてドキドキで、ただただ祈るしかない!って感じで。


先日の天皇杯、鹿島対浦和戦。

前半勝ってて、後半同点に追いつかれて、その後突き放して、最後にとどめを刺した!って試合だったんですけど、


後半一点返されたあたりから、もうスマホを奉って伏し拝み状態で応援してました(笑)。


スマホの画面の上に、春日大社の白鹿みくじの鹿さまを乗せて、正座して、両肘畳につけて額もすりすりしてって感じ(^_^;)


でね、その時ふと思ったんです。


最初は「鹿島さまお願いします!」で、ふと正式名の方がいいかな?ってなって「建甕槌命さまお願いします!!」ってなって、でも、今お願いしてる白鹿(鹿島は白ユニだったので)は春日大社のだから「春日さまお願いします!!!」が正しい?とか、もうぐるぐるしてきたので結果3つをループ(笑)。



けど、

鹿島神宮のご祭神は、建甕槌命=鹿島大明神=鹿島さま

鹿島神宮から勧請した神を奉るのが春日大社のご祭神は、第一殿に建甕槌命で、他の3柱の神を含むすべての神さまの総称が春日大明神=春日さま。

ですよね?

ってことは、「春日さま」だと他の神さまにご迷惑かけちゃってるんでしょうかね(笑)?

ここはやはり、建甕槌命さま一筋にしとくべきですかね?


って、試合が勝利に終わった後ひとしきり悩みました(笑)。



私の中では鹿島スタジアムは鹿島神宮の別宮的な存在なんで、ホームゲームの日は必ず鹿島神宮の本殿をお参りして、奥宮をお参りして、そのまま参道を歩くつもりでスタジアムまで歩きます。

これで、今のところ観戦したホームは負けなしです(*^^)v




昨日はホームでガンバ大阪戦。

アウェイでは辛くも一点とって勝ちました!
(得点差があろうがなかろうが、勝ちは勝ちです。)

昨日もしっかり勝ち点3を獲りました!!!

終了間際の劇的なゴールサッカー

スタジアム、歓喜の瞬間でしたね😃
チャントに夢中で掌がジンジンして痛いくらい(笑)。

あぁいう試合を現地観戦しちゃうと、どんなに僻地にあろうと通っちゃいますね(笑)ラブラブ

そんな昨日は、ひさしぶりに鹿島スタジアムからの里帰り。
いくら遠いとはいえ、そこはさすがに県内。
自宅に帰るより一時間以上早く実家に帰れました(笑)。

このまま残り試合全勝してほしい!

対戦相手が
『鹿島強すぎて勝てないよ…ショボーン』って思うくらいになってほしい!


頑張れ、アントラーズサッカー王冠1🏆


AD


前払いのバスだとこういうことができちゃうんだな…ってことをやって、夜9時過ぎにかわじーさんとお別れした翌日。

月曜なので一般の方は通勤通学の時間帯。

そんな中を、かわじーパパにお車でホテルまで迎えにきていただきまして、行った先は東大寺知足院。

ナラノヤエザクラで有名なお寺ですね。


こちらのご本尊はお地蔵様。
毎年この日の朝、ご法要が営まれるのだそうです。




それにしても・・・
平日の朝だとナメてはいけません(笑)。

車がいっぱい!
境内もたくさんの人!!



みんないったいどこから来たの?って感じですが、お前が言うなよって突っ込まれるのがオチなのでやめます(笑)。

参座してるのは皆さん東大寺のお坊さんでしょうか?

年齢層も幅広く、10名を超える僧侶の厳かな読経。

東大寺のお経はゆったり優雅な雰囲気ですね~。


最初は立って聞いてるつもりでしたが、意外と長引きそうだったので隅っこのほうに座って参加することに。

法要が終わると自由拝観。


普段はお厨子の中にいて大切に守られてきたお地蔵様。
截金文様が残る、とても優美なお姿をしていらっしゃいました。

先日終了した【源信展】にお出かけされてたので、お会いになった方も多いかな? 

『文使い地蔵』とも呼ばれてるそうですね。

さっくり説明すると、
亡くなった父を思い嘆き悲しんでる娘のもとに、このお地蔵様がお手紙をもたらしてくれたとか。


これが、「さもありなん」って感じのお地蔵様なんですよ。

素敵なお地蔵様でした。

大満足(*^^)v



帰り際、お堂を出て、昔、ナラノヤエザクラがあった場所を教えてもらいました。

・・・あれは、ど素人には難しすぎるよ(>_<)



年配のお坊さんたちはお車で、
若者(?)たちは皆さん歩いて東大寺までお帰りになられました。




なんかいいですよね~、この感じ。
奈良っぽい。



というわけで。
これから出雲に旅立つかわじーさんとはここでお別れ。

二日間、いろいろお世話になりました。
ありがとうございました!


今度は節分か観月会(来年だね)行くんで、また宜しくお願いします。



AD



伝香寺に到着すると既にお着替えの90%くらいが終わってて(笑)。



お堂の周りはすっごい人垣で近寄れないので、遠くから様子見。


お地蔵様自体は、前にお参りした時に収蔵庫を開けていただいてお参りさせてもらったことがあったので初めてではないのですが、うわさに聞く衣替えをこうしてナマで見ることができて感激♪

写真も撮り放題だし(笑)。



時々お地蔵様とお坊様とががっちり重なっちゃったのはご愛嬌ですね(笑)。




そうしていると、拝観者の中にかわじーさん旧知の方たちがわらわらいらしてしばし談笑。
で、その中心にいたのが西山先生ラブラブ

ちょっと遠巻きに眺めてたら、ずずずいっと手を引いて先生の前まで連れてっていただいちゃって(笑)。

久しぶりのご対面を果たしてきました!


めっちゃラッキー(*^^)vだったなぁ。

ありがとうございました。



法要のあとには、お地蔵様の古い衣を材にして作ったおも守りを授与していただいて、お地蔵様以外の仏様にもご挨拶をして伝香寺を後に。


次に向かうのはメイン地蔵その②の福智院さんです。


門をくぐるとすぐに若奥様に声をかけていただきました!

数回しかお目にかかっていないのに…すごい記憶力だ(@_@)

それと、昨年生まれたばかりのJrくんにもごあいさつ。
お父様は暑い中護摩焚きです。


大変ですよね~、お勤め。


ならまちの中でも大きな地蔵盆となる福智院さん。
ご本尊のお地蔵様も大きいですからね~。


近くにあるわらべ歌などの保存をしてるグループの子どたちが、本堂の前で実演披露です。


関西圏ではなじみのある歌みたいでしたが、関東の私にはちんぷんかんぷんでとっても新鮮(笑)。
体力がないとできなさそうなものもあったり、ご住職夫妻のお歌もあったり、とっても盛りだくさん!

境内には夜店もあって、楽しみにしていた奈良のかき氷が一回も食べられなかった代わりにここでおいしいかき氷をいただきました(笑)。



おいしかった~。


そして、いよいよ楽しみにしていた数珠繰り!




先ほどの伝香寺さんで、西山先生たちと「数珠繰りって大人も参加していいものか?どうか?」っていう討論をしてきたのですが(笑)、「人が少なかったら大人も参加していいですよ!」って言ってもらえたのでしっかりやってきましたヽ(^o^)丿


一度だけ、東京でも数珠繰りをやったことがあります。
薬師寺の東京別院でイベント的にやったことがあって、その時にちょろっと。


久しぶりの大きなお数珠。
周りは小学生ばっかり(笑)。
それでもガチで参加する私たち。

楽しかった~。

みんなでやるってのがいいですよね。

オトナになると仕事のつながりくらいしかなくなるし、それもほとんど義務的な感じで楽しくないから(笑)。



まだまだ盛り上がってる福智院さんですが、そろそろ最終目的地へ向かわねば…ってことで、帰り際にご住職の奥様からお団子をいただいて福智院さんを後にメイン地蔵③の十輪院へ。


 

すっかり法要も終わって静かな十輪院。
ってか、そろそろ閉めるぞって空気でしたのでそそくさとお参り(笑)。



早朝のお参りしかしたことがなかったので、夜はまた違った雰囲気でいいですね。

ご本尊のお地蔵様はもちろん、小さなアフロ様にもご挨拶。


これで、数年前の元興寺の地蔵盆と合わせてならまちの主要地蔵盆は制覇したかな?


そういえば、
奈良ホテル近くにあるって言ってたお地蔵様だけ見つけられなかったね…。


それから、奈良町天神さん付近から眺めた夕焼けがとっても綺麗だったな~。





というわけで。
初めてたっぷり楽しんだならまちの地蔵盆。


大きなお寺は大きな法要があり、

小さな町のお地蔵様は
いくつかの町内が合同でやってるところや、
子供向けの映画の上映会をやってるところ、
大人が(お酒で)いい顔色で迎えてくれたところや、

とにかく地域色が豊か!

奈良人にしたら「何故に地蔵盆?」って感じかもしれないけど、
身近にない私にしたら、それはそれで本当に面白くて「来てよかった!」って思いました。


今回もとってもお世話になってしまったかわじーさん。

下調べに事前予約まで…。
本当にありがとうございました。


今度はおん祭りに行くんで、またよろしくお願いします!


で、運慶展に来る日が決まったら教えてね♪





田舎にいた時は、(家庭環境のせいか)お寺の行事も身近にあったけど、

都心勤めで休日は遊び歩いてる今となっては、なかなか自らの意志で近隣の行事に参加するということは少なくなりました。

何処へ行っても人が多くて、それに疲れちゃうんですよね…。


仏教や神社での行事が生活の一部になってる奈良では、関東出身の私には不思議であまり馴染みのない行事がいっぱいあります。

その一つがこの地蔵盆でした。


以前、元興寺の地蔵盆には行ったことがあるんです。
それと、唐招提寺の地蔵盆。

元興寺のは賑やかでちょっと夏祭り要素があり、逆に唐招提寺は厳かで法要メインと、それぞれに特徴
を感じるものでした。


さて今回。
かわじーさんがお休みをとってくれると言うので、プランお任せの【ならまち地蔵盆巡り】ツアーを開催♪

「3時に近鉄奈良駅で!」ってのが前日のお約束。

でも、私がお昼寝してる間に「JRまで迎えに行く!」ってメールがきてたみたいで(笑)。


それに気づかず見事にすれ違い、フリー切符を大いに活用することになりました(*^^)v


そんなこんなで、無事久々の再会を果たし、最初に向かったのは頭塔近くの小さな祠。

破石町で大切にされていたのであろうお地蔵さまから5時間以上の地蔵盆スタート(笑)。





街の中の小さなお地蔵さまにも、
それぞれ名前が違ったり(祈願内容が違うから?)、お姿が違ったり、お供えが違ったり、
“ならまち”という限られたエリア内でもこんなに違うんだと正直驚きました。

もし、私が子どもだったら…絶対自由研究の題材にしてると思います(笑)。


坂道をゆったりくだっていくと福智院ですが、こちらは後でお伺いすることにして、かわじーさんがずっと気になっていたというお地蔵さまに会いに行きました。


余所者の私には、閉まってるところも見たことがない(もちろん開いてるところは初めてな)ちっさなお堂(会所)です。



道路に面してるため、上り口とかなくて結構な段差をはい登る(笑)。

よっこらしょ♪

上がってみると、とっても勇ましいお地蔵さま!



馬にまたがるお地蔵さまと、その後ろの彫り上げたお地蔵さまも可愛いサイズの馬に乗ってます(牛に見えたけど、たぶん馬)。

午年なので、それだけでも親近感もっちゃいます(笑)。
サイズ感も可愛いし、、、好きラブラブ

地元のおじちゃんやおばちゃんたちと少しお話して、東京(正確には千葉だけど)から来たって言ったら、そりゃもぉ、何とも珍しいものを見るように驚かれました(笑)。
大和郡山のかわじーさんでさえ、ちょっとびっくりされてたね(笑)。

それぐらい、地元密着の行事なのでしょう。

そういえば、こちらのお地蔵さまからの帰り道に福智院のお坊さんにすれ違いました。
こちらへご法要に行く途中だったようです。

小さなお堂でもちゃんとお経をあげて法要を営む。

こういうのって本当にいいいなぁ~って思います。



道端のお地蔵さまの次はお寺のお地蔵さま。

徳融寺さんにお邪魔しました。
http://small-life.com/archives/15/11/2220.php

中将姫所縁のお寺ですね。



子安観音さまの方が有名かな?
キリシタン弾圧の史実とも縁のあるお寺だそうです。
調べると奥が深い。

そして、肝心要のお地蔵さま。
けっこう大きなどっしりとしたサイズで見ごたえありますね。



それから西光院にも寄りました。

こちらは事前にかわじーさんが手配してくれてて(←ホント感謝)。

もちろん、地蔵盆なのでもちろんお地蔵様に会いに行ったのですが、こちらには【裸のお大師様】として知られる空海さんのお像があります。
定期的に衣を取り換えていらっしゃるそうです。

普段は空海さんのご命日付近での公開みたいですね。

穏やかなお顔のお大師様で、お寺の奥様(?)がいろいろお話をしてくださいました。

帰りにはお下がりまでいただいてしまって…。

暑い中いっぱい歩いて喉がカラカラだったから、いただいて割とすぐに飲みきってしまいました(笑)。



二ヵ寺ともご朱印をいただき忘れてしまいました(^_^;)
ってか、まったくそんなこと頭にもなかったのですが…。

またお参りする機会があれば、その時にはいただきたいと思います。





さて、この後も小さな街角のお地蔵様だったり、ビッグ・ナラっていう地元スーパーを覗いたり(笑)、神社をお参りしたりして、メイン地蔵その①伝香寺の裸地蔵様のお着替えを見に行きました!





というわけで後半に続く