院長のよもやま話

院長のよもやま話

1971年生まれの小児科開業医の独り言です。
明日もいいことありますように。

木曜半休にすると1週間早い?

まだこのペースになれない。

 

22時過ぎ、

小腹が空いて、どら焼き→モンブラン。

朝から胃もたれ、罪悪感で苦しむ。

どら焼きまでは減点でも40点ぐらい、

赤点ではない感じ。

モンブラン摂取で30点未満、赤点評価。

元来卑しいタイプ、

これだけならまだましだけど、

「もったいない」の精神旺盛。

モンブランの賞味期限が1-2日過ぎてたのよねぇ。

このまま捨てるのか、いや「もったいない」、

で、食べちゃった形。

体のことを考えると、捨てる方がbetter、

精神面を考えると、せっかく買ったお金が無駄になる、

食品ロス、作ってくれた人の心持ちは・・・

等、で捨てる際に心を痛めることに。

要は胃もたれしての罪悪感を選ぶか、

捨てての罪悪感を選ぶか、どっちにする?の話。

体を痛めるか、心を痛めるか・・・

体はそのうち回復する?

昼ご飯を抜けばカロリー的にもトントン?

心の傷は残るからねぇ・・・

卑しいだけかしら。

たぶん、買わなきゃいいのよね、美味しそうでも。

以後気をつけます。

 

来週からは交流戦、

もうそんな時期なのね。