Blog |ギターリペアショップ N's Guitar Garage

Blog |ギターリペアショップ N's Guitar Garage

ギターリペアショップで行なう日々のギターリペア、製作、その他諸々勝手気ままに書き散らかすblog!! HP https://nsguitargarage.com

まいど~ニヤニヤ

 

前回の続きで!いよいよエイジングをして行くゼイチョキ

 

因みに今回で完結しますよんウインク

 

前回は下の画像までUPしていたので・・・

 

 

 

 

ボディをDuckの画像を参考に、エイジングして行き・・・

 

 

分かり難いけど・・・あせる

ウェザーチェックもバッキバキに入れておまパー

 

 

 

んで!

墨入れ(汚し)をしてリアリティを出して行くニヤニヤ

 

 

ボディのエイジングが完了したら

 

お次はネックをニヒヒ

 

 

 

セイっと指板の塗装を剥がして・・・

 

 

 

コチラも墨入れ・・・グッド!

 

 

 

 

今回は指板以外の部分は触って無いのでコレがリアルな使用感ですなぁ・・・デレデレ

 

 

 

 

後は!パーツを組み込んで行き・・・

 

 

弦張って、最終調整を行い・・・

 

 

 

 

 

ドドド~ンっと完成ナリ~ちゅーちゅーちゅーちゅー

 

 

 

オーナー様!遅くなりましたがご依頼あざぁ~すニヤニヤ

 

 

また機会が御座いましたらヨロシクで~す^^

 

 

 

そんじゃあまた^^

 

 

 

リペアのご依頼、ご相談はコチラから → N's Guitar Garage

まいど~ニヤニヤ

 

前回の続きでおまチョキ

 

今回から塗装編へ突入グッド!

 

 

 

 

 

 

 

フィーラー処理して!

シーラ―を塗って削ってを繰り返し、着色前の下地が出来たらグッド!

 

 

 

 

先ずは!ぶしゅ~っとビックリマーク

 

ホワイトを塗り塗りウインク

 

 

 

 

んで!

 

色々マスキングして!

 

かなり黄化したオリンピックホワイトをぶしゅ~っとニヤニヤ

 

 

分かるかなぁ????

 

3点止めから、4点止めに改造されているので・・・

 

そこもマスキングをして塗り分けておまパー

 

マジで、面倒臭いですよんゲッソリ

 

普通にオリンピックホワイトに塗るより2倍以上面倒臭いし、時間が掛かりますビックリマーク

 

でも・・・

 

ニヤニヤしながら作業している俺っちは・・・

 

 

やはり生粋のドMなんでしょうねぇ・・・ニヒヒニヤニヤ

 

 

 

んで!ネックの塗装も指板面をチョキ着色

 

 

 

んで!最終のクリヤーを塗って乾燥後の画像でやんすチョキ

 

 

 

まぁ!何時もの様に塗膜は荒れていますが・・・

 

 

 

 

セイっと!

先ずは荒れた塗膜を研ぐグッド!

 

 

勿論!全て砥ぐチーン

 

 

 

さぁ!エイジド加工の下地は整いましたよんニヤニヤ

 

 

次回はこのボディとネックを一気にエイジングして完成まで行きますニヒヒ

 

 

いやぁ~マジでイングヴェイのDuckのエイジドは難しいでやんすあせるあせるあせるあせる

 

 

 

 

 

そんじゃあまた^^

 

 

 

リペアのご依頼、ご相談はコチラ → N's Guitar Garage

まいど~ニヒヒ

前回の続きでやんすチョキ

 

 

この問題のネックを料理して行くゼイパー

 

 

先ずはナットからグッド!

 

 

 

 

 

ハイビックリマーク

ブラスあせる

俺っち・・・

 

嫌いゲッソリ

 

だってだってだって・・・

 

加工が大変なんだもの・・・ゲロー

 

 

 

まぁ、うだうだと何時もの様に愚痴りながらも・・・あせる

 

 

 

ぴしゃ~っとリペアは行うグッド!

 

 

先ずはナットの加工はここまでパー

 

 

そんじゃパー

オーナー様も購入時から気になっていたスキャロップを料理して行くグッド!

既に何処かの?誰かが?スキャロップ加工を施しているので、出来る範囲での修正になりますチョキ

 

指板のアールも確認しながら・・・

 

 

 

 

どんどん進んで行き・・・

 

 

 

最終フレットまでスキャロップを修正して・・・チーン

疲れるですチーンチーンチーン

 

 

 

粗方スキャロップの修正が完了したら!

フレットを慎重に抜き・・・

 

 

 

ポジションマークを入れ直し・・・

 

 

 

フレットを打つべし・・・

 

因みに使用フレットはジムダンでは無くチョキ

 

Jescar製#58118でやんすチョキ

 

 

 

最終確認チョキ

 

 

全てのポジションでキッチリとアールを出してますよんニヤニヤ

 

 

 

何とか復活ニヤニヤニヒヒ

 

 

今回、ネックの塗装は指板面しか行わないので

 

ヘッド、グリップはオリジナル塗装を活かして塗装して行くゼイニヤニヤニヤニヤニヤニヤ

 

 

 

この続きはまた次回チョキ

 

 

そんじゃあまた^^

 

 

リペアのご依頼、ご相談はコチラ → N's Guitar Garage

まいど~ニヤニヤ

 

ちょいと順不同で出来立てホヤホヤのギターをUPしますチョキ

 

タイトルでネタバレしてますが(汗)

 

1970年代のFender Stratocasterを

イングヴェイ”Duck”Modifyのご依頼頂いた行ったギターでやんすグッド!

 

1970年代って書いてるのは

パーツ等の変更が既に行われているので製造年が不明なのねん・・・

 

んで!早速送られて来たギターを御開帳ニヤニヤ

 

 

事前に、オーナー様にこのギターの経緯をお聞きしていたけど・・・真顔

 

なんでも・・・

 

10数年前に某ショップでイングヴェイ”Duck”Modifyとして販売されていた物を購入したそうでやんす・・・

 

んで!その後また別のショップでボディはリフィニッシュを行われたそうです・・・

 

まぁ、過去のリペア理由は色々と有るでしょうあけど・・・

 

ボディは購入店とは別のショップでリフィニッシュされてるので綺麗ですけど・・・

 

ネックがねぇ・・・チーン

 

 

うだうだと長くなりましたが、早速リペアに突入しますよんあせる

 

 

 

問題のネック・・・

スキャロップがガタガタで~すニヤニヤ

指板のアールもガタガタで~すデレデレ

 

指板の黒ずんだ汚れも、

何か分からないけどスプレー見たいな物で吹き付けられた感じで~すちゅー

 

っと!無理やりポップな感じで書きましたが!

 

相当仕上がりは・・・チーン

 

 

 

 

画像より実物の方がチーンチーンチーンポーン

 

まぁ、察して下さい笑い泣き

 

 

 

とまぁ・・・

うだうだ言ってもリペアは終わらないので

 

パーツを取り外し~の・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何か・・・(汗)

この時点で嫌な予感がする・・・滝汗

 

所々、赤い・・・滝汗

 

 

予感的中・・・チーンチーンチーン

ボディをリフィニッシュした時に赤いフィラーを使用してる・・・

 

 

マジかぁ・・・ゲロー

勘弁してくれよ~ゲロー

何で・・・

 

オリンピックホワイトにリフィニッシュするのに赤色のフィラーを使うのよあせるあせる

 

 

こりゃあ、フィラー除去するのは大変なりよん笑い泣き笑い泣き笑い泣き

 

 

 

結構、除去したけど

 

まだ残ってるなぁ・・・チーン

 

 

これでも駄目かぁ・・・ゲロー

 

 

 

うだうだ愚痴ってら綺麗になりましたデレデレ

 

 

 

 

不明だった製造年も恐らく74年の後期~76年の前期の個体つ~所までは判明しましたグッド!

 

ホレ!治具跡発見チョキ

 

 

ココにもニヒヒ

 

思わぬトラップが仕掛けられていたボディも塗装工程に突入前の段階までこぎ着けたの・・・

 

 

 

お次は問題のネックを料理しますよんニヒヒ

 

 

 

 

 

長くなってきたので続きはまた次回パー

 

 

 

そんじゃあまた^^

 

 

 

 

リペアのご依頼、ご相談はコチラ → N's Guitar Garage

まいど~ニヤニヤ

 

もうコチラ梅雨真っ只中・・・ゲローゲローゲロー

 

わたくし、嫌な季節でありますチーンチーンチーン

 

早く梅雨が明けないかなぁ・・・笑い泣き

 

そんなこんなで何気に忙しいんですけど・・・(汗)

 

blogをUPグッド!

 

 

タイトルの通りFender Custom Shop製64 Jazz Bassのボディをエイジド加工のご依頼でしたチョキ

 

 

送られて来た状態で記念撮影をパシャリグッド!

 

え~と・・・

 

元々はサンバーストだったのを他店にてインカシルバーかな?

にリフィニッシュされている個体でやんすチョキ

 

既に所々、傷や打痕が有るのでその傷を活かしつつ、参考資料を基にバキバキにして行くゼイニヤニヤ

 

 

 

 

そんじゃ早速、パーツを取り外して・・・

 

 

 

 

参考資料を基に大まかな傷をや塗装の剥がれを再現して行き・・・

 

 

 

更に、細かく傷のクオリティを上げて行き・・・

 

 

う~ん・・・

面倒臭い・・・(爆)

 

 

今回はオーナー様のご希望で縦方向をメインにウェザーチェックを入れて・・・

 

 

 

後は墨入れ(汚し)を入れて行き・・・
 

 

 

取り外したパーツを組み込んで完成ナリ~~~チョキ

 

 

何気にこの辺りの傷や塗装の剥がれを再現するの難しかったよんゲロー

 

 

オーナー様!遅くなりましたがご依頼あざぁ~す^^

 

 

また機会が有ればヨロシクで~す^^

 

 

そんじゃあまた^^

 

 

 

リペアのご依頼、ご相談はコチラ → N's Guitar Garage