BNR34GTR エンジン吹けず(Vsp-2) | モータースポーツ室日記 2018

テーマ:

故障事例シリーズです

 

さて 今回の 故障車両は・・

 

最終型 R34GTR

 

BNR34 Vsp-2  (・∀・)

 

現象は 全域で エンジンが吹けない

 

原因は 4番の コイルでした

 

イグニションコイル(点火装置)の

 

不具合現象の 大半は 

 

失火による 吹け不良が 多いですね

 

はっきり出るときも あれば

 

たまにしか 再現しない事も あります

 

今回の ケースは

 

エアフロNG みたいな

 

吹けの 悪さで

 

まるで どこかで そのまま

 

エンジンが 止まってしまうかの様な

 

エンジン不調でしたね~(^_^;)

 

イグニションコイルは 純正品を

 

6本 全数交換します

 

たまに 悪い箇所 1本だけ

 

交換して欲しいとの 話もありますが

 

あまり 意味が無いです

 

6本交換したほうが

 

全然 調子良くなりますからね~!

 

1個ではなく 全数交換する

 

こうした 積み重ねが

 

チューニングを したわけでは ないのに

 

速い ノーマルGTRとして

 

復活していく 近道となります (^∇^)

 

 

 

モースポさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります