『5時からアイドル』まきりん社長ブログ

『5時からアイドル』まきりん社長ブログ

朝は「仕出し屋まきりん」からスタートし、昼は「株式会社のびあという企画とPR会社の社長」、夕方は「5時からアイドルまきりん」となる人のブログです。
もと金髪長女とW王子こと双子男子の母で岩手県滝沢市在住。
カラオケの十八番は「あゝ無情」

二度目の緊急事態宣言が出てから、もうすぐ2週間がたつ。

 

 

昨年4月のような「街から人が消えた」という状況はなく

「宣言だす前より人出は減ったけれども

1回目の時と比較すれば〇〇で何割増」とか

そんな話だ。

 

 

東北では緊急事態宣言がでていないので
マスクをする、会食中はしゃべらないで黙々と食べる、など

基本的な対策をとっていれば

普通に生活していていいということになるのだが

岩手は

県民性なのか、とくに繁華街への人出はめっきり減ったままだ。

 

 

かくいう私も

もっぱら外食は「おひとりさま会食」

 

 

そして、寒いのもあって

休日も、結果、家にいることが多い。

 

 

しかし

これといってインドアの趣味もない私、

家にいるのもなんだか暇で

今週日曜日は、ふらふらと車を走らせ

大型書店へ出かけてみた。

 

 

これが駐車場、探せないほど混んでいるのだ。

 

 

最初、この人出にびっくりしたけども

1時間弱、あっちの棚、こっちの棚と見て

気になった本をペラペラとめくりつつ

だんだんと人の多さも気にならなくなったきた。

 

 

それどころか

なんだか、周りに知らない人がいる安心感を

覚えた。

 

(もっぱら、なんとなくだけど、人のとの距離を1M~2Mぐらいに保ちつつ

立ち読みしてる感じ)

 

 

都会で

不要不急の外出を避けろといわれながら

街を出歩く人たちも

こんな感じなのかな?と思った。

 

 

群れることでの安心感や
幸せを感じているのだろうか?

 

 

もっとも、それが

病床の逼迫や、治療が必要な人の自宅待機ということに繋がるのであれば
それはやはり我慢しなきゃいけないのだろう。

 

 

 

一方で

「飲食せずに街を徘徊することで感染するリスクってどのぐらいなんだろう?」

とも思ったり、

そのリスクが刺さってこないから、皆、出歩くんだよね。

 

 

▼2年前、2019年の今日は「睡眠」をテーマにしたセミナーをやってました。
 

 

 

 

【募集中】

▼2021年1/31(日)の10:00~11:30  ZOOMで開催。「在宅ワーク」  女性限定です。

 

▼2021年2月7日(日)10:00~11:30 ZOOMで開催「コロナQ&A」 

中津川病院院長から「コロナウイルスについてわかていること」
そして県議さんから「岩手県の取り組み」

 

 

◆「女子力は企業を救う、街を救う」◆

岩手で女子目線の広告一般・PRなら
株式会社のびあへお任せください

 

女子100人委員会 」はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の滝沢市、たしか最低気温1℃の最高気温が3℃

で、この冬にしては暖かい1日であった。

 

 

そう、気温がプラスにならない氷点下の

いわゆる真冬日でない

ということが、暖かいのだ。

北国では。

 

 

しかし、

「あったかいね」=「よいね」ということにはならないのだ。

 

 

雪が重いっ!!

水分を含んだ雪というのは本当に重いのだ。

 

 

キンキンに冷えていれば

氷の世界で雪は降らなかったりする。


まあ、それはそれで寒くて大変だし、

水道が凍る心配をしなきゃならないけど

寒い日の雪は

いわゆるパウダースノーというやつで

雪かきするほうにすれば楽。

(今日のに比べれば3倍は楽なんじゃないの?→根拠のない高橋真樹調べ)

 


ということで、水分を含んだ、めちゃくちゃ重い雪を

朝6:30から除雪することとなった。

 

 

 

ちなみに、わが家の男衆は、夫も次男も腰痛もち。
とくに、夫はこれまで何度、ぎっくりをやったのか?という

腰に爆弾を抱えた男である。


次男は次男で、今朝は早番+職場の雪かきのため

6:00ちょいすぎには出ていった。

 

あとは足に障がいのある79才の母。

 

 

必然的に、わたし、55才女性が除雪担当となっている。

 

 

朝6時台に除雪。

 

そして、ようやくきれいにし、一度、家に入り、
また9時頃、除雪。
ちょいと仕事し、昼食を食べ、午後からほんの1時間ぐらい出かけて帰ってきたら、、、

悲劇が起きていた。

 

 

玄関が入れないっ!!

 

 

屋根から大量の雪が雪崩のごとく、落ち

「かまくらかっ!」というような雪の山が出来ていたのだ。

 

 

しかもだ、屋根に積もっていた雪なので

巨大な氷を含んだ、湿った雪、さらに塊。

 

 

うう~。

これは雪国の人間じゃないよわかんないでしょーー!!

 

 

小屋まで、ズボズボと雪につかりながら、スコップを持ち出し、

ひたすら、玄関前の雪や氷の塊を、庭に移動すること、おそらく1時間。。。。

 

 

ようやく、玄関は出現した。

 

 

そんなわけで

今日は、合計3時間弱、3回も雪かきをした。

 

 

今日の仕事はなんですか?

といわれれば、「雪かき」

 

 

 

 

 

 

 

【募集中】

▼2021年1/31(日)の10:00~11:30  ZOOMで開催。「在宅ワーク」  女性限定です。

 

▼2021年2月7日(日)10:00~11:30 ZOOMで開催「コロナQ&A」 岩手県民限定です。

中津川病院院長から「コロナウイルスについてわかていること」
そして県議さんから「岩手県の取り組み」

 

 

◆「女子力は企業を救う、街を救う」◆

岩手で女子目線の広告一般・PRなら
株式会社のびあへお任せください

 

女子100人委員会 」はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年に新成人になったのは124万人もいるそうで
昨年に比べて+2万人だそうだ。

 

 

3年前、うちの双子が成人式を迎えた時にたしか123万人といっていたので
その時と比べても増えている。

 

 

124万人の新成人のうち
成人式に参列できたのはいったい、全国で何万人なんだろう?

 

 

今年は、コロナで成人式を延期したり、中止したり

WEBにしたりという市町村が多かったようだ。

 

 

岩手でも、33市町村あるうち、

通常のカタチで開催できたのはわずか4市町村だ。

 

 

お式がなくても

晴れ着を着て、家族で写真を撮ったり、
親しい友人と記念撮影したり

SNSでも知人数名が写真をあげていて

なんだか、じーんと胸が熱くなった。

 

 

そして、会えないぶん、ZOOMで同級会をした新成人グループも

多かったと聞く。

 

 

きっと、いろいろ思うことがあるんだろうけども

誰に文句をいうわけでもなく

与えられた環境のなかで、できる楽しみ方をしている。

 

 

なんか、頭が下がるなあ。

 

 

改めて、成人式を迎えられた皆様、
おめでとうございます。

 

 

コロナが終息した時は、どうか思い切り
同級会してください!!

 

 

▼2018年のW王子成人式

 

 

 

 

 

【募集中】

▼2021年1/31(日)の10:00~11:30  ZOOMで開催。「在宅ワーク」  女性限定です。

 

 

 

▼2021年2月7日(日)10:00~11:30 ZOOMで開催「コロナQ&A」 岩手県民限定です。

中津川病院院長から「コロナウイルスについてわかていること」
そして県議さんから「岩手県の取り組み」

 

 

 

◆「女子力は企業を救う、街を救う」◆

岩手で女子目線の広告一般・PRなら
株式会社のびあへお任せください

 

女子100人委員会 」はこちら

 

 

 


 

 

 

 

 

 

1/4以来、まずは雪かきから1日がスタートしております・・・。


 

とにかく、町内の元気なスノーバスターズ(私が勝手に呼んでるだけ)70代が
早いのだ。

6:30には、カリカリと雪かきする音がする。

 

 

さて、

新年といっても

今年は新年会もなく

ほんとうにそういう意味では

まったく正月らしくない。

 

 

首都圏では、明日から緊急事態宣言だとかで

とにかく、この疫病とつきあっていかなきゃならないんだなあと

ため息がでてくる感じ。

 

 

箱根駅伝でも
「やれ、沿道が密だ」とかツイッターは荒れていたけれど

そもそも、外で、手をたたいてるだけでは感染なんてしないんじゃないの?
と思ったりする。

ま、出歩くなってことなんだろうけれど。

 

 

飛沫感染さえ、気をつければ普通でいいのではないか?と

そう思うけども

結局、どこまで対策すればいいいのか、わからない。

 

 

わからないは不安

不安は増長してしまう。

 

 

ならば、その不安を少しでも軽減したいと

2/7に、「コロナQ&A」というZOOMセミナーを開催することにしました。

 

 

感染症に詳しい中津川病院院長の高橋進先生から

「コロナについてわかっていること」と題して講演。

 

その後、岩手県議のハクセル美穂子さんから

主にコロナ禍の経済支援について「岩手県の取り組み」を

お話していただきます。

 

 

とにかく、目的は

コロナへの不安やもやもやを少しでも軽減していただくこと

 

 

講演と同じぐらい、質問時間とっております。

 

岩手県民の方を優先に
無料です。(老若男女誰でも参加できます)

 

と、2021年最初のブログはPRでした!

 

 

ホントは、リアルで開催したいところだけど

しばらくはZOOMなのかなあ。。今年も。

 

 

 

詳細はこちら
 

 

 

▼2021年1/31(日)の10:00~11:30  ZOOMで開催。「在宅ワーク」  女性限定です。

 

 

例年であれば12月は

協賛加盟店のスナック、Firstさんを

15時から19時ぐらいまで貸切って

のびあの会員さんの大忘年会を開く。

 

 

今年はその5回目のはずだった。

 

対策を講じて、人数を1回、5人以下の入れ替え制にして、、

といろいろ考えてはみたけれど

結局は、「万一を考慮して」ZOOM忘年会に変更。

 

 

ひとり、こんな風にセッティングしてみなさんが来るのをお待ちしてました。

 

 

 

実は、ZOOM飲み会というものをやったことがなく

いちおう進行めいたものを考えたぐらいにして。。

ちょっとドキドキ

 

 

開始20分前から待機する高橋真樹、

緊張の顔です。

 

 

 

結果、12人の女子たちが参加してくれました。

 

 

 

ZOOMならでは!ってのもあるんだね。
今年、盛岡から北海道へ転居したのびあの会員さんも参加。


そして、美容院で髪を染めながらの強者も。
これ、美容院中継みたいな感じで、画像みてて楽しかったわ。

 

 

「スナックで開催したら、これを歌いたかった、、」という自己紹介から始まり、
話題は、コロナのこと、
でも、こんないいこともあったよ という報告も。

 

 

いいことの報告では、そのたびに乾杯を繰り返し、

ひとり飲みとはいえ、昼酒はけっこうききます。

 

 

そして、

Sさんのウクレレにあわせて、

「練習ね~!!」と称して

スピッツのチェリーを歌い、

 

 

「これを見ないと年がおさまらね~!」という
リクエストに応じて

YouTubeで音を流しながら

 

この会のテーマソング

「女々しくて」

 

 

ダンサーのYちゃん

ベッドをトランポリン代わりにして、
キレキレのダンスを見せてくれました。

 

 

タブレットから遠くはあるけれども。

私も踊ろうとしたら、上半身しか見えねー。

カメラ位置あわせるの大変です。

 

 

もうひとつのテーマソング

「センチメンタルジャーニー」

は、完全アカペラで。

 

 

♪ ちゃららら ちゃららら ちゃららら、らららら ♪

 

ここは風呂なのか?

 

 

わたしとSさんで熱唱してみた。

 

ZOOMで歌っていると

みなさんには、どう聞えているのか、さっぱりわかりません。

 

 

けど、画面みると

みなさん、爆笑してたので、楽しんでもらえたのかな?

 

 

なんだかんだで、たっぷり2時間半
(最初の30分は、顔が見えないだの、音声が小さいだの、繋がるのにわちゃわちゃ)

 

 

やってよかったなあと思います。

 

 

そして、私は、5月に買っておいた

コロナビールを1本飲み干してやったど。

 

 

 

 

2021年、少しでも「日常」が戻ってくるように。

 

不要不急こそ、人生の楽しみなのよ。

 

 

 

 

▼2021年1/31(日)の10:00~11:30  ZOOMで開催。「在宅ワーク」  女性限定です。

 

 

 

▼2021年2月7日(日)10:00~11:30 ZOOMで開催「コロナQ&A」 岩手県民限定です。

中津川病院院長から「コロナウイルスについてわかていること」
そして県議さんから「岩手県の取り組み」

 


 

◆「女子力は企業を救う、街を救う」◆

岩手で女子目線の広告一般・PRなら
株式会社のびあへお任せください

 

女子100人委員会 」はこちら