これでも私立高校教員

これでも私立高校教員

30年以上の教員指導を通じて、未来を担う子供たち、また大人の思考などをテーマに書き綴っています。
日本史と小論文の塾を主宰し、小学生から大学生、院生、保護者の指導をしています。

2017年12月1日 日本テレビ「スッキリ」

思考することはかくも楽しいことか。

今日は2人の生徒の指導をした。

 

ひとりは早稲田志望のエッセイ。

なかなか秀逸のエッセイが出来上がろうとしている。

実際のところ、小論文以上に得意なのが、このエッセイの作成指導。

今回のエッセイは、本人の留学時代の極めてファンキーな体験をベースに、エッセイの常識を打ち破るような設定、展開で、発想力、構成力においてかなりの評価が期待できる。

さらに、本人がここ2,3日中に内容を深めてくれることを大いに期待したい。

 

もうひとりは、上智志望の志望理由書。

本人が学校の指導で書いてきたのは、残念ながら相変わらずの「きっかけ志望理由書」であったが、本人の夢をさらに掘り下げ、当初は見えなかった景色が見るところまでたどり着くことができた。

どうにも、テンプレートで作成する指導ケースが多く、志望理由書を枠で分割し、ここには大学名、ここには「きっかけ」を書けばいいといった不思議な状態から、なんとか抜け出すことができた。

もっとも、この生徒もアメリカ生活2年半のキャリアがあり、そこから得たチャレンジ精神を最大限に生かしていきたい。

なお、多くの受験生は上智大学のカトリックの使命に触れない。

これでは、志望理由書とはならない。

 

この二人との関りは、2年目。

やはり付き合いが長くなれば、それだけお互いに思考を深めあうことが出来る。

 

志望校は手強いが、あと少し、精一杯の応援が合格につながれば思う。

むろん、こういった指導は、合格だけがすべてではない。

その先の大学生活、さらには人生の糧になるような機会になればと思っている。

合格だけの指導ではなく、生徒のそうした未来にまで役立つ指導を、今後もしていきたいと思う。