そのまんまのご自身に
ありがとう〜と笑顔になれる
四柱推命セラピストの岩﨑 伸子ですニコニコ



本日 2投目です。



昔の自動的に母を気にする自分に
ビックリしたことを
ただそのまんま全部書いたら
シェアしてもらえて嬉しビックリだった。



今の自分がそのまんま
感じていること、が
ありのままの自分でいることなんだな〜と
改めて実感した。



そして そんな自分自身に
いつでも どんな時でも
何があっても 何もなくても
OKを出していられること。



そうすることで
自分の中が ホッコリほっかり
満たされて温かくなる。



それだけでいいんだなぁ。
それだけがいいんだなぁ〜






そのまんまのご自身に
ありがとう〜と笑顔になれる
四柱推命セラピストの岩﨑 伸子ですニコニコ






前回の話を書いてから
思いだして気付いたのは、、



進学するかしないか、
そこからが もう母への思いこみの
他人軸だったこと



ガーーーン、ガーン
ちびまるこちゃんの顔に
縦線が入っている絵の感じぐらいに
ドびっくりした



びっくりし過ぎたので
今回はそちらを。



今までほとんど
登場していない父は
基本「お〜伸子はそうなんか。
なんでもやったらええよ〜」という人。



小学生の時に
門限に間に合わなくて
閉め出された私に
「お母さんに一緒に
謝って入れてもらおうや〜」
と助け船を出してくれたり。



よほどの事がない限り
怒られた事がなかった。



そんな父に高校の進路志望で
「別に進学したくないなら
就職でもいいし、
やりたい事を選んでいいぞ」と
言われた時。



わたしには
何をやりたいか、
どうしたいか、なんて
なーーーんにもなかった。



どうしよう〜、といろいろ
迷ったり焦ったりでもなくて
頭が真っ白、という感じで。



母や先生が言うままに
宿題をしたり勉強してきたけど
何のために、なんて
考えたこともなくて。



ただただ途方にくれた。



でも父に
返事はしなきゃいけないので
「とりあえず進学する」と
答えた。



答えが出て来ないことを
グルグル考えるのもイヤだったし。



周りのほとんどの子達と
同じにしておけばいいや〜、と
単純に通う間は
時間かせぎになるなぁ、と
「進学」としておいた。



今回のふり返りを書いていたら
またそれに触発されて
蘇ってきたことが、、。
次回、書いていきますね。



おつき合いくださって
ありがとうございました。




いま思うと、、

ホントは進学でも就職でも
どちらでも良かった。



周りに、特に母に
認めてもらえる方向に行ければ。



母は兄である伯父と
大家さんと同じ家で一緒に暮らす
シェアハウスから
大学に通学して こんな事があった、
あんな事があった、と
時々話していた。



だから 進学するのが無難かな〜と
当時の自分は判断したんだな。



その判断も選択も
無意識の自動でしていて。



今の自分から考えると
「自分の通う学校なのに
 何をやってたの⁇」とビックリ。



自分が何をしたいか、なんて
これっぽっちも
頭に浮かぶ訳がなかった。



母を常に気にしていただけだったから。



何をするにも母がOKかな?
だったんだなぁ、、。



いまの自分にたどり着けたから
気付けて良かった〜おねがい









そのまんまのご自身に
ありがとう〜と笑顔になれる
四柱推命セラピストの岩﨑 伸子ですニコニコ



今日は獅子座の皆既月食満月。



自分が求める自分の姿、
在り方をどうしたいか、を
決めるといい日。



今回は
「親への遠慮」を手放すことにした。



↓これまでのまとめた記事はこちら
My STORY 〜第1章のまとめ〜



振り返る話でした。
↑気になる方はこちらをお読みください。



両親から県外に進学するなら
私立はダメだと言われて。



第1希望は落ちてしまったので
第2志望校の大学へ。



そして初めての1人暮らし。



近くに大家さんがいるような所が
安心だと母が「ここがいい」と
決めたアパートに引っ越した。



当日までは 
旅行に行くような感覚だったのか
ウキウキした気持ちだけだった。



手伝いに一緒にきてくれた母と
荷ほどきをして。



それが落ち着いて
お茶を飲んで休憩したら
母が帰る、と動きだした。



その時に
「これ、あとで読みなさい」と
手紙を手渡された。



封筒に入った手紙を
母からもらうのは初めて、で
びっくりしながらも
照れくさいような
モゾモゾした気持ちだった。



母を見送ってから読んでみると。



予想したような
夜遅くは1人で出歩かないこと、
などの1人暮らしにあたっての
注意事項が書いてあって。



最後に、「これからは
1人で生活するんだから
頑張りなさい。」とあった。



その文章で
あぁ、1人で暮らすんだなぁと
実感がわいてきて
うっすら涙が出てきた。



入学してからはまた次回に。



おつき合いくださって
ありがとうございました。



いま思うと、、

母からはこれでいい?と
聞かれてはいたけど、
家や家具など 全部言いなりで
OKしていたな〜と。



学校からも駅からも
距離がある下宿先だったから、
もう少し近くがいい、なんて
チラリと考えたことを
即座になかったことにした自分を
思いだした。



離れて暮らしだしたけど
精神的には
自分の意思が全然ない
新居だったんだな〜。



振り返ったことで
初めて気付いてビックリした。



少しずつ思いだしてみよう〜と
改めて思った。