のかたあきこの聞き書き、町、人、温泉!

のかたあきこの聞き書き、町、人、温泉!

 聞き書きと本づくり。町と人と温泉めぐりの旅をつづっていきます。

NEW !
テーマ:
View this post on Instagram

ビーチは語る!砂蒸し風呂と大学2年生と神風。。。朝食前のさんぼ。宿のサービスの無料コーヒーを味わいながら、砂浜を歩く。大学2年生くんから「一人旅ですか?」と話しかけられ、少し旅の話をして写真を撮ってあげる。喜んでくれた。大学2年生の春休みを活用して47都道府県をめぐっているのだそうだ、ほぼほぼ達成と言っていた。「旅、いいねー!」と旅の先輩は若者に大いにエールをおくる。 そのあと宿の方と砂浜の歴史など立ち話で。かつては松林がギンギンにしげっていたとか、遊泳禁止でビーチバレーの話とか、プライベート洞窟とか、、あと戦時中は海軍の飛行場があって目の前にある岬からびゅんびゅん飛び立っていた、と。いま、ググったら、この鹿児島錦江湾は地形が真珠湾に似ているということで猛練習の場になっていたそうだ、神風特攻隊の話も。、、、神風は蒙古襲来を沈めた神風の歴史にもとづきなづけられシンプウと言われていたとか。蒙古襲来の歴史については8年くらい前かな、その舞台となった福岡の浜とお寺で今は亡き住職さんからお話を聞いている、、、長く旅の仕事してをしていると必ずどこかの人と町につながる、というか、つなげながら記憶や知識を刻んでいっているのだと思う。、、、余談だけど、歩きで日本をめぐっていたというカメラマンが「僕は車で放浪の若者は認めない」と言い放っていたのが面白かった。わたしは旅しているだけ偉いと思うし、人それぞれのスタイルを褒めてあげる年齢ではないのかお互い?と思ってしまうのは、優等生てき考える???(笑) #japantravel #japantrip #travel #japan #hotsprings #ryokan #jagoshima #若者旅 #ひとり旅 #旅ジャーナリスト

Akiko Nokataさん(@nokata.tabi.travel.journalist)がシェアした投稿 -

Ameba人気のブログ