同人ユーロのTTL SOUND official blog

      同人ユーロのTTL SOUND official blog

ユーロビートを中心に制作するユニットです。同人イベントでのCD頒布や音楽配信で活動しています。






















*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

TTL SOUNDは
ユーロビートを中心に
楽曲制作をする音楽ユニットです。


オフィシャルサイトオープンしました (2015.10.31)


http://ttlsound.wix.com/ttlsound


*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚



 

CDの入手(試聴)は以下のサイトをご利用ください

 
あきばお~こく(通販/実店舗)


フリクル にてメールマガジンを登録して頂きますと、TTL SOUND情報に加え新曲の中からいくつかの曲がダウンロード出来るようになります。








おはようございます。

 

アップビート(ハイハットと一緒に裏打ちで鳴るパート)の感じを変えました。モデルはシンクレアっぽい感じなのですが完コピ音色でもないので多分だれも気が付かないでしょうけど自分としては結構いい感じな鳴り方をしています。

 

ユーロビートはリフの音色が注目されるでしょうけど、最初から最後まで鳴ってるパートの音色は重要です。アップビートは8分音符裏(キックとキックの間)を刻み続けるのですが、そこにボーカルやシンセブラスが絡むことであのユーロビートらしさが出ているので特に大事なのです。ちょっと文章力のなさで説明が難しいです。

 

新しいセットの曲作りは今のところ順調です。

Roland CloudのXV5080とD50を導入して早速使い始めています。音色の質はもう十分に良いです。しっかり求めるところが出ていて曲制作においても概ね順調です。ただし細かいバグが…パラメータを弄った時に出る数字がplug-in画面を閉じても残るのです(笑)

点在してるのがそれなのですがちょっと鬱陶しいです(笑)何かしら対処があるのか調べているところではありますが、今のところはLogicを閉じないと消えてくれません。困りましたねぇ。

 

後はバグではないですが多少重いかな?というくらいです。

 

音色そのものやUIは結構満足しているのです。ハード本体では少々億劫になってた作業もこれは楽ですし音色の保存は無制限。

 

他にSRXやJD800が気になるので(実機持ってますが)、こちらもそのうち購入あうるでしょう。もうハードも軒並み30年超えてます。いつ壊れてもおかしくない…と言うか既に一部壊れているのでこれを機に一気にソフト化していくのかなぁと考えているところです。

 

思い出深いハード楽器を手放すことはしないと思いますが、エフェクト・プロセッサー関連はハードオフへ売却予定です。