松野哲也の「がんは誰が治すのか」

松野哲也の「がんは誰が治すのか」

治癒のしくみと 脳の働き

松野哲也


1942年横浜市生まれ。

国立研究機関でインターフェロンの作用機作、ウィルス・化学発ガン、ガン胎児性タンパク質、腫瘍細胞ののエネルギー代謝機構、抗ガン物質検索などの基礎医学研究に従事。1996年渡米。コロンビア大学ガン研究センター教授。現在は退職しニュージャージーでノエティック・サイエンス研究室主宰。


自らのガン治癒体験をふまえて、ガンになった方からのご相談に応じています(ご希望される方は下記のメールアドレスにどうぞ)。


また日本・米国での講演活動も行っております。少人数でも会場を用意して頂ければお話しさせていただきますので、お気軽にお問い合わせいただければと思います。


著書に「ガンはこわくない」(中央アート出版社)、「癌では死なない」(ワニブックス)、。「プロポリスでガンは治るのか!?」(中央アート出版社、) 「がんは誰が治すのか」(晶文社)、「病気をおこす脳病気をなおす脳」(中央アート出版)など。




連絡先t.m.noetic@gmail.com


テーマ:

がんの自然退縮〔15〕

 

 

 九州大学・心療内科教授の故・池見酉次郎氏は日本の心身医学のパイオニアともいうべき方です。催眠状態で通常の葉っぱを触らせ、漆の葉だと言うと、被験者にかぶれができる。一方、逆のことも成り立つような実験を行ったことで知られています。

 

 彼はがんが実際に自然治癒する例もあるのを観察し、興味をもちました。そして、次のように言っています。

 

 

 「がんの自然退縮という現象は、『実存的転換』といって、その人の考え方や生き方すべてが変ったときにしか起こらない」

 

 

 池見先生の時代に、がんが自然に治るのはまだ珍しかったようです。彼の慧眼がそれを見出したのかもしれません。

 

 

 がんのことを考えると不安でしょうが、ガンにベクトルを向けるのではなく、好きなもの、楽しいものにベクトルを向けましょう。

 

 「今の生活が楽しくない自分には、これといった趣味や特技もない・・・・」といった声が聞こえてきそうです。がんになると不安と焦燥感に苛まれ、がんを治すことだけにフォーカスしているので当然のことだとは思いますが。

 

 「好きなことはがんが治ったらやろう。がんが治ったら楽しむんだ」という感じになる方も多いです。人生を善く生きてこられなかった証拠と言えるでしょう。

 

 

 そのような自己弁解はこの際一切不要です。だからあなたは自律神経を持続緊張させる等してガンになったと言えるのではないでしょうか。もちろん、ガンになりそれで死ぬことが「運」によるものであることを無意識のうちに悟り、選び取られた方もいらっしゃるかもしれませんが。

 

 「楽しむとか、宇宙の摂理など知りたくもない」「そうしたいが、どうしたらよいのか分からないのでやめよう」というのも「運」によるものです。ともかく「運」を変えるには思い切って生き方を180度転換することが不可欠です。

 今の生活に喜びを感じられないのは、思考を自分だと勘違いしているからではないでしょうか。

 

 闘病などどうでもよいのです。

 

 どんなことの中にも楽しみはみつかります。

 

 ある人は病院の大部屋のカーテンを開いて皆で話し合うことに喜びを見出しました。不愛想な医師に「おはようございます」と言っても、苦虫を噛みつぶしたような顔をされるだけでした。しかし、これを繰り返していると医師の顔つきにも優しさがもどり、返事が返るようになったそうです。この方はこれがとても楽しかったそうです。

 

 おいしいものを食べて楽しみましょう。食事療法や糖質制限など、楽しければよいのですが、我慢して耐えることはないのです。

 

 異性に興味をもつのも大事なことです。行きたいところがあったら、すぐ飛んで行きましょう。イメージの世界でそこへ行き、存分に味わうだけでもよいのです。

 

あなたが目指していることが本当にスキなことかどうかを見極める決め手は、それをしているときに「A10神経が活性化したときのようなときめきに満ちた快感があるかどうか」。それがすべてです。

 

 続


テーマ:

がんの自然退縮〔14〕

 

 

B型肝炎ウイルスが消えた女性です。彼女はNHK学園で英語の先生をされていました。

 

 彼女は教室の生徒さんやご家族にがんをはじめとする疾患をお持ちだと聞くと、飲みやすく吸収されやすいプロポリス液を薦められたそうです。後に、良くなったと報告を受けると、楽しくて仕様がなかったと仰っていました。

 

 授業を受けている生徒さんの一人に、前立腺がんの治療を受けている年配の男性がいたそうです。彼にも同液を薦めたそうです。彼の病状は程なくしてよくなりました。

 

 学校のハイキングの時です、上記男性が前を歩いていました。そして、振り返って先生に笑顔をみせたのです。彼女はそのとき「よかった!」と心の底からの喜びを感じたと言われました。その後、検査すると長年感染していたB型ウイルスは検出されなかったそうです。

                                                  

 

 次女の友人の知り合いは胸腺がんでした。アメリカの自宅に来られたので、ニューヨーク郊外をドライブしたり、ショッピングモールにご案内したりしました。一杯買い物をされたので、荷物が収納しきれず、置いていかれたものを私が速達で郵送しました(妻から怒られましたが)。

 

 その後、どうされたか気になっていましたが、治られたとのことでした。次女によれば「気持ちが変ったのでがんもよくなった」そうです。

 

 

 日本に一時帰国中に、胸腺がんの方とお会いしたことがあります。免疫療法を受けていられるとのことでした。私は自分の考えをお伝えしましたが、大学教授のご主人は「樹状細胞免疫療法もあるから・・・・」と言われるだけでした。

 程なくしてお亡くなりになりました。抗腫瘍免疫態勢ができるのも「運」次第だと思うこの頃です。

 

 続

 


テーマ:

がんの自然退縮〔13〕

 

 

 術後に再発した乳がんが消えたというメールを、ある女性から頂きました。

 

 電話すると彼女は「毎朝、飲みやすく吸収されやすいプロポリスを飲むのが身体に良いように感じられ、とても楽しく幸せです」と言われました。

 

 

 13cm大の卵巣がんがみつかったNJにお住まいの女性です。手術をしたら破裂して腹腔内にがんが散ってしまいました。プロポリスを飲みながら、楽しい日々を過ごされました。実際に何をなさったかはフェースブックでみることができます。腫瘍マーカーの数値も正常となり、画像診断でも腫瘍は認められなくなりました。

 

 

 東大の先生です。私が日本に出向いているとき、東京駅構内で彼からの電話を受信しました。PSA(前立腺特異抗原)値が1,000を超え、骨にも転移があるので、女性ホルモンの投与を受け、プロポリスも飲まれているとのことでした。私は楽しまれることをお勧めしました。

 彼は研究者であり,いくつものプロジェクトを抱えていたのですが、心機一転して楽しみを模索しました。そして冬、スキーにでかけることから始め、よく旅行をすることに楽しみを見出すようになりました。南アフリカで野生動物の大群を間近に見た時はとても感動されたそうです。現在、彼のPSA値は正常域の上限(4ないし3.5)を大幅に下回る0.02前後です。

 

 続

 


テーマ:

がんの自然退縮〔12〕

 

 

Kelly Turner, Ph.D.” Radical Remission: Surviving Cancer Against All Odds”(『ガンが自然に治る生き方 ― 余命宣告から「劇的な寛解」に至った人たちが実践している9つのこと』)に出てくる女性です。

 

 すい臓がん末期のスーザン・コーラは図書館でひたすら資料探しをしました。楽しくて仕方ありませんでした。

「人間の本質は魂であり、それは不死である。物理的な身体とは魂を運ぶ、かりそめの乗り物にしか過ぎない」

 彼女は感動し、「死」を恐れなくなったといいます。

 人生を楽しむことに意識を集中し、「過去にとらわれず、未来を憂いない」という態度でいられるよう心がけることにしたのです。

 「今、このときを大切にし、一瞬、一瞬を満喫しよう」。

 

 

 私はこの項こそがこの本の白眉ではないかと思います。著者は第3章『直感に従う』に彼女を入れ、アメリカの本によくあるように、「日記をつける」等、直観力を養うエクササイズを勧めています。

 

 

スーザンが言っているようにただ楽しみに徹すればよいのです。

 

 

 私は彼女がどんな資料を読んだのか興味があり、この本を薦められ、著者とも親しい寺山心一翁先生に講演会でご一緒した際お願いしました。

 

 続


テーマ:

ガンの自然退縮〔11〕

 

 

悪性リンパ腫が消えた女性(ヨガの先生)は抗がんの副作用が耐えがたいので、治療を受けるのをやめようと決心したとき、心機一転しました。

 

「自分にはこの世に生きている役割がある。元気になったら恩返ししたい」

 

ボランティアでヨガを教えることにしたのです。

 

「目に見えないものをもらっている。月謝を頂いているよりも、自分の中では喜びが大きい」

 

ヨガ・グループの定期的学習会に集まる皆のために食事の準備もよくしました。

 

「私は皆で食事をするのが大好き。準備は大変だけれど、『美味しい』と皆が喜んだ顔を見せてくれる中に居させてもらえることが幸せ!」

 

「ガンになる前は、不満ばかりの『くれない症候群』。『こんなに頑張っているのに、認めてくれない・・・・』と、そのときは気づかなかったが、報われない想いで生活していました。今は、朝、目が覚めただけで幸せ。雨や雪が降っても、特別なことがなくても、心がフワーっと暖かくなる。『毎日が幸せ!』」

 

 続

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス