モロッコの肩の力を抜いた日々の暮らし。


マラケシュのアトリエで子育てしながらモロッコ雑貨や服を作る日々。


ローカルな庶民の暮らしに密着した子育て・仕事を徒然に。
お店はこちらからどうぞ↓


AtelierFOUAKRIウェブショップへ


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-09-20 05:33:36

夫に任せたリフォームの結果、、

テーマ:モロッコインテリアと家

夏休みを日本で過ごしていた間に、夫は一人留守番して自宅のリフォームをしていました。

2ヶ月の間、夫のスカイプが上手く作動せず、スマホも持ってないので一度も画像の確認ができないままモロッコに帰宅。

嫌な予感は的中しました、、、!

 

暑くなると天井の隙間から出て来るゴキブリ(;´Д`)を防ぐ為、 隙間をすべて塞ぐべく着工した天井の石膏装飾。

一番シンプルにミニマムなデザインで。と言ったはずなのに、出来上がりはこちら、、

 

 

オシャレでモダンなリヤドをイメージしていたのに、まさかのモロッコ家庭ポピュラーデザインに黄色、、、;

なにひとつオシャレじゃない~とがっくり。

 

 

エントランスももれなく黄色、、、。

夫に率直に感想を述べると、黄色が嫌ならすぐに塗りなおせるよ!と励まされました。

ちなみに下の写真はリフォーム前。

すっきりしたデザインで特に不満は無かったのですが、モロッコ人的には簡素過ぎだそう。

 

 

リフォーム前は壁が黄土色でした。

おそらくそれで職人に黄色が好きだと思われ、黄色を押されたんだと思います;

 

そしてすぐに塗りなおせると言われたペンキ塗りに手が回らないまま一月近くが経過。

天井がどうにかならないと家具やインテリアが入れられないので、

結局待ちきれずに自分で白に塗りなおしてしまいました!

 

 

ローラーでコロコロ天井を塗る、、結構面白い。

石膏と同じ白で統一すると、ゴージャスな装飾も馴染んで気にならなくなりました。

これならリヤドのイメージに近づいたかも!

壁も今回のリフォームで白に塗りなおしたので、ピカピカです。

 

 

このサロンとエントランスの仕切りのアーチも、柄なしモスク型アーチをオーダーしたばずが、随分と違う姿に、、、。

寸法的にモスク型は無理だと職人に言われたと夫。

この真ん中を上にカットするだけで欲しかった形になるんだけど、、とはもう言っても仕方ない。

廊下の入り口はモスク型に出来ていました。

 

 

細かい装飾の好みは側で見ていなかったんだから仕方ないですね。

白で統一したら、ミニマムと頼んだ装飾がマキシムになっていたのも、わりと良いかなと思えるようになりました。

(まあ本当のモロッコ人のマキシムってここから「つらら」みたいな3D装飾がされるんですが;)

 

今となってはこのサロンに家具を入れるのが楽しみです、、、が、

レザーが剥がれてきたソファも生地貼り直しで家具屋に行ったきり。

さらに天井が下がったことでカーテンレールも今までの物が使えなくなり、レールも大工にオーダーしたまま未完成、、。

すべて一から作り直しで元のようなサロンになるのは、いつのことになるやら。

リフォームしたキッチンもまだ色々と不具合があり、

完成したころにまた夏休みで日本へ行くんじゃないかと思う今日この頃です。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ モロッコ情報へ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2017-09-13 02:28:12

新たな観光名所*Le jardin Secret

テーマ:モロッコ旅行・観光

モロッコの事が嫌いになるような出来事が続いたので、

気分転換に普段全く行かないオシャレ観光スポットへ出かけました。

オープンして1年半の新たなイスラム庭園「Le jardin secret」その名も秘密の庭。

メディナの複雑で狭い路地の中にあるとは思えない、広々として均衡のとれた美しいイスラム庭園でした。

 

 

 

庭を上から見下ろせる場所でゆっくり子供たちとお茶していると、日々のごたごたも嘘のようです。

 

 

モザイクタイルをそのまま庭にしたような、上下左右対象の造り。

個人的には、広々していてナチュラルな雰囲気がマジョレル庭園よりも気に入りました。

 

 

いたるところにイスラム噴水があって、涼を感じます。

子供たちもとっても喜んでいました。

 

 

入場料は大人50DH(約650円 6歳以上の子供30DH.)

メディナの喧騒に疲れたら一息入れるのにぴったりの場所です。

庭園に庭造りの工事の苦労が分かるような写真館もありましたが、

メディナ内にこんな大規模な庭園を造るなんて、想像しただけで目まいがしますね、、、

オーナーはフレンドリーなフランス人男性で、子供たちに素焼きのお花をくれました。

せっかくマラケシュに暮らしているんだから、これからもオシャレ観光スポットに足を運ぼうと思った一日でした。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ モロッコ情報へ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-09-08 21:41:52

教科書の悪夢

テーマ:家族・子育て

ライードの連休明け、学校がスタートし新年度が始まった。

 

毎年新年度には学校から教科書&教材のリストを渡され、

親は街の教科書屋やスーパーですべてを揃え持参しなくてはならない。

教科書屋はこの時期、列ができるほど大盛況である。

 

 

教材の種類が多いのでリストを教科書屋へ渡し、後日揃えてもらった教材を受け取り支払う親が多い。

私もそうして教材を受け取ったのだけど、なんだか変だ。

教科書が高いのは知っているけど、それでも内容と金額があっていない気がする。(子供2人分で総額2万円を超えた。)

しかも、合計金額のみで何がいくらか詳細がどこにも無かった。

翌日、教科書屋へ戻り詳細の値段を教えてくれと言うと、

ひとつの薄い教科書を指してこれは「350DH(およそ4500円)」と言う。

ありえないと言って価格をきちんと調べてもらうと103DHだった。

結局目の前ですべての教材を打ち直してもらったらトータル320DHもの誤差が出た。ぼったくりも甚だしい。

おまけに色画用紙2セットのところ3セット入れたり複数の教材で水増ししているのも判明、、なんでそんなことするの?怒。

こうやって子供の教科書を揃えるのにも、いちいち戦わなくてはならないのかと思うと、どっと疲れる。

 

ひと悶着の末、家ですべての教材に名前を貼って、教科書にビニールシートを貼ってカバーする作業を延々と行った。

これでようやく一仕事終わったと思ったら、今度は学校からこの本じゃないと5冊戻された。

、、、もう名前も書いたしシートも貼って剥がせないんですけど、、、。

買い直し、、、?

 

教科書を用意するだけでこんなに苦労させられるとは、、、。

 

比べても仕方ないとはわかっているけど、

日本は国内はおろか、なんと世界中の日本国籍を持っている子供にも無償で教科書を配布してくれる。

こんな辺境の地にいても、日本の教科書が貰えるのだ。

、、、なんだか来たばかりだけど、着いてからというものトラブルの連続で、もうホームシックになってしまった。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ モロッコ情報へ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。