村上信夫 オフィシャルブログ ことばの種まき

村上信夫 オフィシャルブログ ことばの種まき

元NHKエグゼクティブアナウンサー、村上信夫のオフィシャルブログです。

富山では、ブリは、ことさら珍重される。

ブリは成長と共に名前が変わる。

富山では、モジャコ→ツバイソ→フクラギ→ガンド→ガンドブリ→ブリ。

めでたい魚として、寒ブリを正月にいただく風習もある。

これを「ブリ正月」という。

 

ぶりしゃぶを食べに行こうと誘われたのが、

富山市東岩瀬にある「ふじ居」。

岩瀬は、江戸初期の建物も残る風情あるところ。

その中に、江戸時代から存在していたかのような料亭「ふじ居」。

五福にあった店を、去年8月移転した。

店主の藤井寛徳さんは、金沢や京都の料亭で修業を積んだあと、

富山にUターンした。

富山にある豊かな海の幸山の幸を活かした料理を提供し、

ミシュランで評価を受けるまでになった。

料理の軸となる「だし」には、人一倍こだわりがある。

利尻の最高級昆布、枕崎の鰹節で一番ダシをとる。

富山にある酒蔵からすべての酒を取り寄せているが、

中でも地元岩瀬の「満寿泉」には力が入る。

 

ボクは、ブリをしゃぶしゃぶするだけかと気楽に考えていたのだが、

ブリしゃぶに至るまでの道が長い。長いが退屈はしない。

まずは、

その日の朝獲れたばかりというブリを見せられ度肝を抜かれる。

そうして、次から次にブリ尽くし。

刺身も、焼きも、これまで食べた中で、いちばんの味。

宴が始まって、3時間くらいしてから、ようやくブリしゃぶ。

絶妙のだし湯に浸かったブリの美味しいこと。

いやはや、ひと月遅れで、ボクにも「ブリ正月」がやってきた。

 

(この日の朝獲れたブリ。およそ10キロ)

(きときとな~)

(これまで食べた照り焼きでいちばんの味)

(いよいよ、ぶりしゃぶが始まる)

(出汁湯に浸かったブリさん)

(岩瀬の「ふじ居」)

(庭も見事)

(岩瀬運河から立山連峰)

(有難いことに3回連続、立山連峰にご挨拶出来た)

まず、タイトルが面白い。

次に、興味深い内容がもりだくさん。

そして、イラストの効果抜群。

そんなわけで『日本語をつかまえろ!』を、あっという間に読み切った。

著者は、三省堂国語辞典の編纂にあたる、人呼んで「ことばハンター」の飯間浩明さん。彼が目を皿のようにして、耳目をそばだてて集めてきた「ことばたち」が紹介されている。

 

しりとり遊びをするとき、相手を困らせようと思ったら、「る」と「ぺ」で終わることばを言えばいい。「る」と「ぺ」で始まることばは100くらいしかない。これに対し「し」で始まることばは、5000を超える。

ちなみに、ことばの途中や最後も含めて、いちばん多く使われている音は「い」だ。

仲間内だけで使われることば、放送局など業界内の隠語、慣用句、最古の擬音語、省略語、外来語、語源、新語…飯間さんが採集したことばを宝庫から蔵出ししている。

 

ことばは生きている。日本語の森を探検しながら、新たなことばとの出会いを楽しめばいい。めくじら立てず、受け入れたらいい。

一つ具体例をあげよう。

ボクもNHK時代、「全然OKはNG」と言われてきた。

つまり「全然」のあとに否定語が来るのが原則だと教え込まれた。

「全然~ない」の形で使うべし派が多数派だ。

だが、夏目漱石は、『坊ちゃん』の中で「生徒が全然悪いです」という表現をしている。この「全然」は「完全に」という意味で使われている。

ことばには、いろんな使い方がある。「ひとつしかない」と固定観念で思わないほうがいい。

だから「全然OK」は「まったく問題ない」。

 

川越ことば磨き塾。

新たな仲間4人が加わった。

そのうち1人の女性は、「いつも主語抜きで話してしまう。何を言いたいのかよくわからないと言われてしまう。こういう場にきたのも初めて」と緊張気味。

そのうち1人の男性は、ボクより少し年上。丁寧に挨拶されたが、いささか場違いのところに来たようなドキマギしている様子が見てとれる。

 

きょうは、原点に立ち返り「よかった探しの他己紹介」をした。

ヒアリングの段階から和気あいあい。一気にヒートアップ。

自分のことのように、相手を紹介していると、楽しくなってくる。

聴いているほうも、嬉しい気持ちになれる。

相手に共感するので、相手に寄り添うことばが自然に出てくる。

「うらやましい」「知り合えたことが嬉しい」「あこがれている」

こんな素直なことばが、てらいなく口をついて出てくる。

知らず知らずのうちに「自己開示」出来る。

互いに触発され、「こうありたい」と思える。

そう思ってもらえることが自己肯定につながる。

 

初参加の2人も、

思わず引き込まれる話の数々に、来てよかったと嬉しそうにしていた。

それぞれの生き方を感じさせることばに耳を傾けていると「みんなちがってみんないい」「自分は自分でいいんだ」と思える安心感が湧いてくる。話し方聞き方なんてない。必要なのは一生懸命と本気だけ。

何をかくそう、ボクもこのところ疲労が蓄積したのか、いささかしんどかったが、嬉しいことばのシャワーを浴びているうちに元気になってきた。