のぶろぐ

のぶろぐ

天然工房座長 松田信行です。
俳優、演技講師、お芝居の作・演出もやらせていただきます。
趣味はランニング、スイーツ食べ歩き&製作など。
よろしくお願いします(^o^)/


NEW !
テーマ:

突然ですが

 

わたしは テレビゲームが 大好きです。

 

大好きすぎて

 

普段はやりません。

 

5日間で 100時間くらいは

 

平気で やってしまうんです。

 

食事とトイレ 3時間ほどの睡眠 以外

 

ずーーーーーーーっと ゲームを やってしまいます。

 

たぶん 普段から

 

ゲーム三昧な 生活をしたら

 

意志の弱い わたしは

 

とてもダメな 生活に なってしまいます。

 

だから 決まった時期に

 

決まった期間 だけ

 

やることに しています。

 

 

でも 最近は

 

Eスポーツの 普及からも 分かるように

 

ゲームも 一つの競技として

 

認知されて きています。

 

時代は 明らかに 変わってきています。

 

 

ゲーム=遊び=生産性のないもの

 

 

この 認識が 少しずつ 崩れている。

 

 

【木夜クラス】 は

 

普段 月イチワークショップの メインになっている

 

【天然クラス】 と 【工房クラス】 が

 

土日に 集中しているため

 

平日の 夜にも 上記の両クラスが

 

体験できるように という趣旨で 

 

作られた クラスです。

 

内容は まさに

 

【天然クラス】 と 【工房クラス】 を 

 

かけ合わせたもの。

 

トレーニングの 密度は

 

多少 薄くなってしまいますが

 

天然工房ワークショップ オリジナルの

 

ゲーム中心で 効率よく

 

Nシステム3原則を 体験し

 

アトラクティヴ・コミュニケーションを

 

実感していただける クラスです。

 

 

この

 

天然工房ワークショップ オリジナルゲーム

 

というのを 少しだけ 紹介しますね。

 

まずは

 

「あっちむいてホイ」 の 

 

”じゃんけん” と ”あっちむいて” を

 

省略した 

 

「ポイホイ」

 

”ホイ‐1 GP”というのが あるくらい

 

白熱した バトルが 繰り広げられますガーン

 

Nシステム3原則を きちんと意識し

 

駆使して 戦うと

 

とっても 楽しいし 良いトレーニングにも なるんですビックリマーク

 

 

そして 

 

「順番ニョッキ」

 

「タケノコニョッキ」 というゲームを もとに

 

生き残りを競う ゲームではなく 

 

みんなで 一緒に

 

1ニョッキから  (人数)ニョッキまで

 

間違う ことなく 

 

順番に 上げられるか?

 

とっても 難しい ゲームですが

 

これも Nシステム3原則を 駆使すれば

 

出来ないことは ありません。

 

なにより

 

成功した時の 達成感たるやビックリマーク

 

スタジオが 歓喜に満ちますゲラゲラ

 

 

わたしにとって ゲームは

 

決して 

 

生産性のない 遊び

 

では ありませんニコ

 

 

ゲームだから 伝えられること。

 

ゲームでしか 味わえない 楽しさ。

 

ゲームだって 立派な トレーニングですビックリマーク

 

 

そんな

 

楽しくって とっても 身になる

 

ゲーム形式の トレーニングを 中心に

 

【天然クラス】 と 【工房クラス】 の

 

両方が 味わえる

 

【木夜クラス】

 

ここだけの はなし・・・

 

これ マジで お得なクラスですよ笑い泣き

 

 

天然工房ワークショップ の

 

日程や料金 その他は

 

ホームページ からビックリマーク

 

お申し込みも 簡単にできますからねウシシ

 

 

次回は 

 

【松田信行 コメディファーム】 の

 

紹介ですビックリマーク

 

過去 様々な 小劇場の賞を 獲ってきた

 

天然工房の シチュエーションコメディ。

 

その エッセンスを すべて 伝授にやり

 

次回も 読んで下さいねウインク


テーマ:

いつだったか このブログにも

 

書いたと 思うんですが

 

中学3年生で 行った 修学旅行。

 

薬師寺というお寺で お坊さんが お話してくださいました。

 

その中で おっしゃった言葉です。

 

”牛は 水を飲みて 乳となす。

       蛇は 水を飲みて 毒となす。”

 

言わんと していることは

 

「同じものを得(見る、聞く)ても

       活かし方次第で、薬にも毒にもなるよ。」

 

ということだと 思います。

 

これも 受け取りようですが

 

我々 指導者にとっては

 

とっても 危険な言葉でもあると 思うんです。

 

 

でも

 

これほど

 

真に迫った

 

言葉も

 

少ない。

 

 

世の中 自然だろうが 人為的であろうが

 

いついかなる時も あらゆる 物事が 起こっています。

 

それを

 

どう受け止めるか?

 

そして それを

 

活かすも 殺すも 

 

その人 次第。

 

 

【工房クラス】 は  

 

今 自分が 置かれている 状況を

 

Nシステム3原則を 意識しながら

 

きちんと 見極め 感じ 

 

たとえそれが どんな状況であろうと

 

あきらめずに 活かしていく。

 

そんな力を 養うクラスです。

 

 

具体的には

 

天然クラスでやった ボックストレーニングを

 

より実践的に 自由にした

 

”自由ボックス” と呼ばれる トレーニングを中心に

 

お芝居における シーン作りを 中心に トレーニングしていきます。

 

シーンづくり とは言っても

 

自由ボックスによって 生まれた

 

その場限りの世界(空気感)を 頼りに

 

即興で シーンを作っていきます。

 

・・・と ここまで 何とか 言葉にしてきましたが

 

やっぱり

 

実際に 見ていただきたいですビックリマーク

 

もちろん トレーニングですから

 

荒いものでは あることは 多いんですが

 

この

 

自由ボックスによって

 

生まれる お芝居は

 

本当に スリリングだし 笑えるし 感動もします。

 

見学だけなら 無料ですので

 

今度 ぜひ 見てみてくださいウインク

 

他にも

 

わたしが 考案した

 

様々な Nシステムの トレーニング。

 

また

 

インプロと呼ばれる シアターゲームを使った トレーニング。

 

などなど・・。

 

 

基本的に

 

【工房クラス】では 人前に 立ち続ける 勇気が

 

大切になってきます。

 

最近は メンタルトレーニング という言葉も

 

一般的に なってきましたが

 

おそらく

 

それに近いものだとも 思います。

 

 

どんな 状況であれども

 

常に Nシステム3原則を 意識しながら

 

アトラクティヴ・コミュニケーションの 

 

状態を 保ち続ける。

 

 

そのための しなやかでたくましい 精神力も 

 

表現者には 必要だと 考えるからです。

 

 

とは言っても

 

そんなに 辛く苦しい モノでもありませんからねウシシ

 

天然工房スタジオには 

 

どんな失敗でも どんな上手じゃないことでも

 

あなたが自分で

 

自分の失敗を 

 

許してあげてくれるなら

 

周りは 

 

笑顔で 包み込んでくれる

 

おおらかな空気感が あります。

 

 

 

”牛は 水を飲みて 乳となす。

       蛇は 水を飲みて 毒となす。”

 

毒にしてしまうのは もったいないですもんねゲラゲラ


テーマ:

天然工房ワークショップで 

 

わたしが もっとも 伝えたいことは

 

このブログでも 何度も 言ってきている

 

『表現する 楽しさ』

 

です。

 

人前で 何かを 表現することが

 

わたし達は どこか

 

”勇気のいること” とか ”特別なこと” という 

 

捉えかたを してしまっている 

 

ところが あると 思うんですが

 

本当は そうではなくて

 

一対一 が 一対複数 になる

 

という だけのことなんです。

 

だから いつものように 交わしている

 

家族同士 または 友達同士の

 

『おはよう』 や 『またね』

 

も 表現なんです。

 

 

そう

 

表現 とは コミュニケーションの 一部。

 

 

もっと 大きく言ってしまうと

 

芸術というのは 

 

コミュニケーションの 一形態。

 

 

だから

 

表現を 楽しむ

 

ということは

 

そのまま ”コミュニケーションを 楽しむ” 

 

ということです。

 

 

それを 体験してもらうのが 

 

【天然クラス】 です。

 

 

具体的に 何をやってるかというと

 

Nシステム3原則

 

・エネルギーを出す。

・いっしょになる。

・相手のためにやる。

 

を トレーニングを通じて 感じてもらいます。

 

”円になって 息を出しながら みんなで まったくおんなじ動きをする。”

 

・・・なんのこっちゃ(笑)

 

でも

 

実際に 

 

適切な アドバイスの元(←これは とっても 大事です。)

 

やってみると

 

上記の Nシステム3原則が 

 

いったいどんな感覚に 基づくものなのかが

 

体験してもらえると 思います。

 

そこから得られる 不思議な感覚。

 

例えば

 

「ああ、人とコミュニケーションをとるって 

           こんなに楽しい(気持ちいい)んだ・・・。」

 

っていう 感じになったり。

 

 

最初は 少しだけ 勇気がいるかもしれません。

 

だって 知らない人と 目を合わせて

 

いっしょの動きを するなんて

 

あんまり 普段は しないですもんねガーン

 

 

それでも

 

一歩 踏み出して しまえば

 

こっちのもんです。

 

あとは 普段 あまり感じられないような

 

楽しさや 嬉しさ 癒しだって 感じられる。

 

そんな クラスです。

 

 

他にも 「ボックストレーニング」 と言って

 

みんなで 音楽に合わせて 一緒に

 

ボックスステップを 踏んでみたり

 

「本当に呼ぶ」 という

 

後ろ向きの 人たちの中から 一人だけを

 

”本当に呼んで” 振り返らせたり

 

二人一組で 息(エネルギー)を 交換する

 

「息の交換」

 

二つの ボールを 一緒に投げて 一緒に受け取る

 

「キャッチボールトレーニング」

 

などなど・・・。

 

 

とにかく 『天然クラス』 で大事にしているのは

 

Nシステム3原則を 踏まえたうえでの

 

”本当のコミュニケーション”

 

これを わたしは

 

『アトラクティヴ・コミュニケーション』

 

と 名付けました。

 

この

 

『アトラクティヴ・コミュニケーション』

 

の状態に 置かれていることで

 

人は 適切な反応や 説得力のある佇まいを

 

表現できる 状態に近づきます。

 

すなわち

 

今の あなたの魅力を 100% 出せる状態に 

 

近付くんですゲラゲラ

 

 

魅力や センス 存在感 etc.

 

そんな 目に見えない あなたらしさも

 

実際 Nシステムの トレーニングで 

 

少なからず 身につける(正確には、引き出す)

 

ことは 可能なんですビックリマーク

 

 

ここで

 

天然クラスの スローガンを もう一度

 

『あなたは あなたが思ってるより

        もっと魅力的な 人間ですビックリマーク

 

 

一度 天然クラスを 受けると

 

「2時間半前に 初めて 会った人が

        旧知の 仲間のような 感じがする。」

 

と 参加者の方が 言ってました。

 

 

【天然クラス】は そんな クラスですニコ


テーマ:

まずは 

 

今月の ワークショップの お写真です

 

 

 

突然では ありますが

 

改めて 天然工房ワークショップを

 

詳しくご紹介したいと 思い立ちました。

 

 

わたしの ライフワーク。

 

 

 

ここで 表現を学んだ 多くの方々が

 

芸能関係 のみならず

 

いろんな所で 活躍しておられます。

 

 

わたし自身 まだまだ 続ける気は 満々 なので

 

もっともっと 多くの方に この体験の場を

 

経験して いただきたいウインク

 

 

自分を 表現するということは

 

決して 特別な事ではなくて

 

もっともっと 身近で 楽しくて 充実感のある 体験なんです。

 

自分自身が 本当は 

 

もっともっと 魅力的で

 

もっともっと 弱くて

 

もっともっと 頑張ってて

 

もっともっと 愛される価値のある

 

そんな 人間なんだと

 

素直に 認めるための 一助にもなり得る。

 

 

本当のコミュニケーションって

 

どんなものなんだろう?

 

「わたしは 人見知りだから・・・。」

 

「そもそも コミュニケーション自体 苦手だし・・・。」

 

そんな あなたにこそ 体験してもらいたいんですビックリマーク

 

上手に しゃべることが コミュニケーションではありません。

 

上手く 立ち回ることが コミュニケーションでもありません。

 

あなたが あなたを認めて 

 

あなたとして そこにいれば それで いいんですウシシ

 

 

今からでも決して 遅くはありません。

 

まずは その場所から

 

ちょっとだけ 勇気を出して

 

一歩だけ 踏み出してみませんかはてなマーク

 

 

天然工房ワークショップは 

 

その勇気を 決して 裏切りません。

 

 

明日から 一クラスずつ

 

天然工房ワークショップの クラスを 

 

なるべく

 

わかりやすく

 

魅力的に

 

紹介していきたいと

 

思いますビックリマーク

 

 

よろしく お願いいたします m(__)m


テーマ:

今年の 災害の多さには 驚きを隠せませんが

 

それでも

 

自然の一部である わたしたちは

 

これも 地球の一面なのだと 受け入れることが

 

大事ですね。

 

このブログでも 良く書きますが

 

万全の備えと覚悟 が 何より必要だと 感じています。

 

台風24号 気を付けましょう。

 

 

さて

 

今回も お知らせがメインの ブログです。

 

前回大好評だった『二人芝居クラス』

 

次回 今年度第2期の 募集が

 

明日朝6時から始まりますビックリマーク

 

 

第1期の 募集が 即日定員締め切り だったことを考えると

 

今回も 競争率は 高そうですが

 

やはり 今回も

 

早い者勝ち

 

に したいと思っています。

 

いつも 書いているように

 

応募資格などは 

 

一切ありません。

 

「やってみたい!」

 

という 想いだけです。

 

あとは わたしたちに任せてください。

 

 

お客様の前で 演じる。

 

しかも 二人芝居。

 

 

この体験は 我々俳優だけの モノだけにしてしまっては

 

もったいない!!!!

 

役者として まだまだ可能性のある 皆さんや

 

まったく未経験の 皆さん。

 

どこか息苦しさや やりきれない 想いを 抱えながら

 

それでも

 

この世界で 一生懸命 生きている皆さんに

 

味わっていただきたい 感覚です笑い泣き

 

 

人前で 何かを表現することは

 

きっと

 

きっと

 

いつも 隣にいる人を

 

朝 「おはよう」 と 言うだけの人を

 

電車の中で ふと目があった人を

 

そして 

 

なにより

 

今までも これからも 

 

ずっと 向き合い続けていく 自分という 人間を

 

もっと

 

もーーーっと

 

愛してあげられる きっかけになると 信じています!!

 

 

ご応募 お待ちしておりますDASH!

 

https://ssl.form-mailer.jp/fms/e4fff487437305


↑この応募フォームは 10月1日 6時に 開けるようになります。 

 

 

 

そして

 

昨日

 

わたしにとって 大事な 大事な

 

行事がありました。

 

とっても 和やかで シンプルで

 

それでいて 想いの溢れている

 

すばらしい 結婚式でした。

 

15年前 当時 中2の 彼女。

 

今考えれば その年齢で

 

よく ワークショップを やっていたと

 

感心しきりですが

 

大人たちに交じって 誰よりも真剣に

 

演技を学んでいた 

 

負けず嫌いの 勝気な 彼女。

 

でも わたしには とっても 可愛らしい娘のような 彼女。

 

一人の 女性として 幸せに なろうと 決心した彼女。

 

最後の挨拶で 声を詰まらせながら わたしに お礼を述べてくれたとき

 

わたしも 胸が熱くなりました。

 

この仕事をしてきて 本当に 良かった。

 

心から そう思えた 瞬間でしたほっこり

 

本当に おめでとうございます!!

 

また ご飯食べましょうねウシシ


テーマ:

天然工房ワークショップ 二人芝居クラス公演

 

『芝居通-sibaitū-』

 

おかげさまで 全日程 つつがなく終了いたしました。

 

ご観劇くださった方々 ご協力くださった方々

 

本当にありがとうございました。

 

 

今年の 3月に 第11期ワンダースの公演と

 

一緒に スタートした

 

二人芝居クラス

 

ワークショップではありながらも 

 

一般的には 難しいと言われる 

 

”二人芝居” というジャンルを 公演として 形にしていく。

 

私にとっても 大きなチャレンジではあったし

 

たくさん準備もしてきました。

 

まだまだ 試作クラスではありますが

 

今回は 定員8名 すべて埋まり

 

スケジュール通りに 遂行できたことは

 

来年からの 本格始動に向けて 大きな一歩となりました!!

 

 

まさに

 

4組4様

 

 

今回 演じられた 4組の 物語には

 

それぞれ

 

不器用だけど 一生懸命に 生きている 8人の 人間がいました。

 

その誰もが 喜び 悲しく 滑稽に

 

その場を 生きていたと思います。

 

8人 全員が

 

たまらなく

 

愛おしかった。

 

 

それはそれは

 

素晴らしい 一つの 芸術でした。

 

 

芸術(表現)は 人を選びませんし

 

ましてや

 

技術は 問いません。

 

誰もが 手を伸ばせば 触れられるものです。

 

 

でも 

 

どうしても

 

上手い や 凄い が出来ないと

 

芸術ではない という 誤解が あります。

 

だから

 

「わたしには 無理かも・・・。」

 

って あきらめちゃいがちですショック

 

 

でもでも

 

そんなことないんです!!

 

私は 確信してますし

 

だから 何度でも言いますが

 

凄いことなんか やらなくていいし

 

上手くできる 必要なんてない。

 

ましてや

 

センスや才能なんて くそくらえ!  関係ありません!

 

 

あなたの中には 

 

必ず

 

あなたの知らない 可能性が あるんです!!

 

でも それは 悲しいことに 

 

自分自身では なかなか 気付けない。

 

いつもの生活の中では なかなか 表には出てこないものです。

 

 

だから

 

私がいます。

 

 

その可能性を

 

少しでも 

 

引っ張り出して みませんか?

 

もしそれで お客さんの反応がもらえたら

 

ちょー嬉しいと思うんですウシシ

 

 

 

”二人芝居”

 

お客様に見てもらうためには

 

もちろん 大変なことは 多いでしょう。

 

 

でも

 

その大変さを 差し引いても

 

この二か月の経験が もたらすものは

 

余りあるものだと 

 

自信をもって 言えます。

 

 

やらない 言い訳を 探すより 

とにかくやってみませんか?

 

 

お待ちしてます!

 


テーマ:

二人芝居クラス

 

稽古まみれです。

 

 

天然工房が お休み中ですので

 

がっつり 天然工房スタジオに 通い詰めるのも

 

すごく久しぶりぶー

 

 

西日暮里 という駅ができたのは

 

山手線の中でも 一番最近。

 

今度 新しい駅ができるので もうすぐ 

 

二番目に新しい駅に なるんですがえーん

 

 

かれこれ 14,5年前

 

とあるつてで このスタジオを紹介していただいて

 

それから

 

劇団としての 酸いも甘いも 共にしてきた スタジオです。

 

なんと言っても

 

天然工房ワークショップを 毎月 開催できるのも

 

この スタジオのおかげ。

 

私は たぶん 誰よりも このスタジオに

 

お世話になっている 人間なので

 

ここで一つ このスタジオに対する 想いを

 

綴ってみます。

 

 

長い間 このスタジオと 付き合ってきて 言えるのは

 

 

空間は 人の想いによって 育てられるウインク

 

 

ということです。

 

多くの方々が このスタジオで

 

様々な 表現を してきました。

 

時に

 

必死に 汗しながら

 

悔し涙に くれながら

 

または

 

そこにいる全員が 崩れ落ちるような 爆笑だったり

 

ビルが揺れるような 歓喜の声だったり。

 

そのたびに

 

このスタジオが 人の想像力を かきたてる 空間として

 

成長している と 思っていますほっこり

 

 

そして わたしは これからも

 

このスタジオを たくさんの人達の

 

「表現するって 楽しい!」

 

を 味わっていただける 場所として

 

空間も わたし自身も 育てていきたいと

 

思いまするゲラゲラ

 

 

 

二人芝居クラス公演

 

『芝居通』

 

9月14日から!!


テーマ:

「二人芝居クラス」っていうクラスを 作ろうとしたのは

 

かれこれ 3年位前だと 思います。

 

 

”人前で 表現する 楽しさ爆  笑

 

 

これを なるべく多くの方々に 味わってほしくて

 

無謀な チャレンジでは ありましたが

 

なんとか 形になってきたんじゃないかと。

 

 

まだ 今年度いっぱいは 【試作クラス】 として

 

やっていますが

 

今年9月本番の クラスには

 

定員8名が 応募初日に 埋まる という 大盛況 笑い泣き

 

同時に わたしは ほぼ3ヵ月で 3本の 新作二人芝居の 執筆と

 

本番前 2ヵ月弱で 2時間×60回の 稽古を 引き受けることにDASH!

 

もちろん 合間に 様々な講師の仕事を しながらです。

 

 

でも

 

まだあと 1ヵ月ちょっと 残っていますが

 

それほど 大変さは 感じませんウシシ

 

好きなことを 仕事にできている 幸運を

 

改めて 噛みしめていますイヒ

 

 

さあ

 

そんな

 

4組8人の 二人芝居。

 

どれも 力作ですし 楽しんでいただける 作品に なってます。

 

なによりね

 

演じてくれる 参加者の方々の 楽しそうな感じが

 

たまらなく 嬉しいし 

 

実際 輝きまくってると思いますよ!!

 

私は 正直

 

「悩みながら 役者・・・やってます!!

 

みたいな方の お芝居って あまり好きではありませんニヤニヤ

 

お芝居に長く関わることで そういう方々を たくさん見てきました。

 

でも

 

悩むか 悩まないか を

 

選択しているのは 自分自身だと 思うんですゲラゲラ

 

私も 実際 悩みたいときは たくさんあります。

 

 

そういう時は

 

ランニングします(笑)

 

 

身体を 動かすことで 悩みたい自分に

 

「悩んでも無駄だぜ。動こうぜ。」

 

と言い聞かせます。

 

 

どうせ 悩んでいることの 答えなんか

 

正解も 不正解もない でしょ?

 

自分の 選択したことが すべて でしょ?

 

 

本当に

 

シンプル。

 

 

やっぱり 難しくしてしまっているのは 自分自身 なんです。

「難しくしてしまう、ということ。」参照

 

 

チケットが 発売されました!!

 

こちらから 簡単に お申込みできますビックリマーク

 

天然工房ワークショッププロデュース
2018年度 二人芝居クラス公演
        『芝居通‐sibaitu‐』
 
『二人芝居クラス』とは?
天然工房座長、松田信行が書き下ろした4本の二人芝居を実際にお客様の前で演じる、“超”実践型クラスです。
 
A.『ゆっことちーこ』
野沢由紀子/鎌田千恵子
B.『わたしは花が好き』
DD/ガタガタ
C.『だから、言ったのに』
本橋理恵子/塩原辰郎
D.『これは紅葉(もみじ)の決めたこと』
ラリコ/さかいだひろみ
 
《公演スケジュール》
2018.9.14(金)~9.17(月祝)
 
9.14(金)
15:00~B/17:30~A/20:00~C
9.15(土)
12:00~D/15:00~D/17:30~B/20:00~A
9.16(日)
12:00~D/15:00~C/17:30~A
9.17(月祝)
12:00~B/15:00~C
 
開場は開演の20分前。
(それ以前にいらしても会場にはお入りになれません。)
 
《料金》
1公演¥1,500
チケットの半券をお持ちの方は、他公演を¥1,000でご覧いただけます。
 
《会場》
天然工房スタジオ
荒川区西日暮里4-1-17

 


テーマ:

立て続けに 起こる

 

自然災害。

 

 

わたしが していることは

 

想像の 及ぶ範囲の 準備を

 

面倒くさがらずに やること。

 

そして

 

いつでも その災害が わが身に降りかかる 

 

という 覚悟を すること。

 

 

わたしなりの 見解ですがニヤリ

 

後者の 覚悟 というのは

 

想像力を 豊富にする上でも 必要だと思っています。

 

その 覚悟の 反対にある概念が

 

 

『私は大丈夫』

 

これです。

 

 

飲酒運転 のような 危険性の 極めて高いもの だけでなく

 

歩きスマホ も そうですよね。

 

この

 

『私は大丈夫』 を 思った時から

 

人は 想像することが 極端に少なくなりますzzz

 

心理学用語では ”正常性バイアス” と 呼ばれるものですね。

 

そもそも 多くの人間に 備わっている 特性らしいので

 

簡単に その バイアスからは 抜けられないんでしょうが

 

それでも

 

『痛い目にあって 初めて 分かる。』

 

よりも

 

『バイアスから 抜け出して 

 

危険性を想像し

 

痛い目に合わないよう 心がける。』

 

ほうが 賢いし カッコイイ 感じがしますよね口笛

 

なにより

 

その 『痛い目』 が そのまま あの世行きガーン だったり

 

自分以外の 誰かを巻き込んだ 惨事 だったら

 

それこそ 後悔しても しきれませんえーん

 

 

いい機会です。

 

別に 災害だけに 限らず

 

身の回りの いろんな

 

『私は大丈夫』 を 

 

もう一度 自分の中で 再点検して

 

改善していこうと 思います!!

 

 

 

さて そんな中

 

9月14日(金)~17(月祝)に 本番を迎える

 

天然工房ワークショップ 「二人芝居クラス」の

 

稽古が 始まりましたビックリマーク

 

一時間 二人きりで お客様と 対峙する。

 

そんな

 

覚悟

 

を 持った 8人 4組の 物語。

 

出来るか 出来ないか ではなく。

 

『やってみたい』 が すべてですゲラゲラクラッカー

 

わたしは そういう人が 大好きだし

 

これからも

 

そういう人の 背中を 押してあげることを 

 

仕事に していきますDASH!

 

 

天然工房ワークショッププロデュース
2018年度 二人芝居クラス公演
        『芝居通(しばいつう)』
 
『二人芝居クラス』とは?
天然工房座長、松田信行が書き下ろした4本の二人芝居を実際にお客様の前で演じる、“超”実践型クラスです。
 
A.『ゆっことちーこ』
野沢由紀子/鎌田千恵子
B.『わたしは花が好き』
DD/ガタガタ
C.『だから、言ったのに』
本橋理恵子/塩原辰郎
D.『これは紅葉(もみじ)の決めたこと』
ラリコ/さかいだひろみ
 
《公演スケジュール》
2018.9.14(金)~9.17(月祝)
 
9.14(金)
15:00~B/17:30~A/20:00~C
9.15(土)
12:00~D/15:00~D/17:30~B/20:00~A
9.16(日)
12:00~D/15:00~C/17:30~A
9.17(月祝)
12:00~B/15:00~C
 
開場は開演の20分前。
(それ以前にいらしても会場にはお入りになれません。)
 
《料金》
1公演¥1,500
チケットの半券をお持ちの方は、他公演を¥1,000でご覧いただけます。
 
《会場》
天然工房スタジオ
荒川区西日暮里4-1-17


 

 

 


テーマ:

夏短!2018

 

今年も とっても アツい5日間でしたガーン

 

15回目の 夏短! ということで

 

わたしも 全トレーニングを 参加者の皆さんと共に チャレンジおーっ!

 

改めて このワークショップの 意義や 重要性 楽しさ 気持ち良さ

 

再発見の連続。

 

役者としても いち社会人としても

 

とっても 有意義な時間 でした!!

 

ワークショップのときには 必ず書く

 

Nシステム 3原則

 

このブログでも 以前に紹介しました。

 

”表現者として、いつでも帰ってきてほしい、お家”

 

その お家の 住人が カケルくんです。

 

 

そして 今年の 夏短!のテーマは

 

不安定を 楽しもう!

 

 わたしたちが 何かを表現しようとするとき

 

本来

 

そのほとんどの 環境は 不安定です。

 

安定した環境でなら もっともっと 表現できるのに

 

人前にさらされ 

 

多くの約束事のもと

 

が応でも 自意識過剰になる 異常な(不安定な)環境下では

 

なかなか 自分の持っている 可能性を 100% 出し切ることは

 

困難を 極めます。

 

 

でも

 

 

その環境の中 自分の出来ることを

 

すべてやり切ろうとする ところに

 

表現芸術の 素晴らしさもある。

 

結果がすべての スポーツの世界で

 

勝ち負けを超えた 美しさを感じるのも

 

それに 起因することが 多いと思うんですほっこり

 

 

不安定な 環境で 表現をすることが 困難だから

 

安定できる 場所を探す。

 

のではなく

 

表現をする 不安定な環境を 楽しむ。

 

 

ただ やみくもに 楽しもうとしても

 

自分の感覚に 嘘をつくことにもなるし

 

何より 漠然としすぎていて 

 

トレーニングとしては あまり 意味を成しません。

 

だからゲラゲラ

 

今の自分のいる環境を どのように捉え

 

どのように 方向付けすれば

 

自分が 本当に 

 

『楽しい!』

 

と感じられるのか?

 

大切なのは その環境下で どこを向こうとしているのか?

 

舞台上で

 

”次の私のセリフ(段取りやキッカケ)”【自分の事】

 

に 顔を向けるのか それとも 多少怖いけど

 

”今 行われているやり取りを 感じに行く(聴に行く)”【環境】

 

に 顔を向けるのか。

 

の違い。

 

もちろん 両方を ちょうどいいバランスで 意識できれば 

 

言うことはありませんが

 

なかなか そうはいかない笑い泣き

 

 

 

不安定を楽しめれば

 

ちょっとだけ 自分よりも 周りに

 

意識が 向くかもしれない。

 

 

今年の夏短!は 

 

そんな トレーニングでしたにやり

 

 

皆さん いい顔してますねビックリマーク

 

 

8月は 月イチワークショップは お休みです。

 

そのかわり

 

また 新しいことを 始めようと思ってます。

 

『プレミアム サマーレッスン』

 

詳しくは 近いうちにゲラゲラ

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス