昭和学院秀英高校帰国子女枠入試英語2は英検2級以上でWritingが出題される可能性が高いです。 | 帰国子女枠入試を合格させるための自己PR添削と面接練習対策

帰国子女枠入試を合格させるための自己PR添削と面接練習対策

■ 帰国子女枠入試で成功するポイントについてお伝えします。
■ 帰国子女枠中学受験、高校受験の情報をお伝えします。

● 昭和学院秀英高校の帰国子女枠入試の英語2のレベルは、英検2級以上で、Writingが出題される可能性が高いです。

海外駐在員専門コンサルタントの齊藤です。

成蹊高校の、2022年度帰国子女枠入試が、1月22日(土)に行われます。

・出願期間: 12月20日(月)~1月12日(水)まで
・試験内容: 国数英(各60分 各100点満点)、受験生面接試験(日本語 10分程度)


成蹊高校の帰国子女枠入試は、2021年度入試から日程変更をしました。

・2020年度帰国子女枠入試まで: 2月14日
・2021年度帰国子女枠入試から: 1月22日


日程が早くなったので、受験しやすくなりました。

成蹊高校を受験するみなさん、勉強を頑張ってくださいね。^^

さて今回は、昭和学院秀英高校の帰国子女枠入試についてお伝えします。

昭和学院秀英高校は、2022年度入試から、帰国子女枠入試内容を変更します。

ご存知でしたか?

募集要項を確認してみましょう。

・試験日: 1月18日(火)
・出願期間: 12月25日(土)~1月12日(水)
・試験科目: 国語、数学、英語、英語2(各50分 各100点満点)


2021年9月30日公開学校説明会動画と入試担当の先生からの直接の説明を基に、捕捉します。

まず、昭和学院秀英高校の帰国子女枠入試の出願資格についてです。

2022年度、帰国子女枠入試出願資格

・在外期間が1年以上で、2018年4月1日以降に帰国した者

2021年度、帰国子女枠入試出願資格

・2017年4月1日以降、海外での在学期間が1年以上

出願資格が大きく変わっていることにお気づきでしょうか。

・2022年度帰国子女枠入試受験資格: 小学5年生の3月31日以前に海外在学期間が1年以上あること

・2021年度帰国子女枠入試受験資格: 小学6年生の4月1日以降で海外在学期間が1年以上あること

つまり2022年度帰国子女枠入試からは、早い時期に海外在留をしていた帰国子女も受験できるようになりました。

小学6年の4月1日以降に本帰国していても、英語力が高い帰国生は帰国子女枠で受験できるということです。

次に、国数英の3科目の試験内容についてです。

昭和学院秀英高校の帰国子女枠入試は、一般入試と同日で行われます。

ですから、国数英の3科目は一般入試と同じ試験内容となります。

英語試験のレベルは準2級程度です。

一般入試と同じなので、書店やamazonで過去問題を購入することができます。

一般入試のの過去問題は、こちらでも確認できますよ。^^

そして、英語2の試験内容についてです。

・一般入試の英語試験とはまったく異なる内容とする

・一般入試の英語試験の難しいバージョンではなく、自身の考えを表現できるかどうかを確認する試験とする

・英検2級以上の難易度にする予定である

・スピーキングの試験は行わない

・英語資格で試験免除や加点措置をするようなことはない、合否は当日の試験の点数で決める

上記5点をおっしゃっていました。

以上の説明から、英語2の試験ではWritingがメインになると、私は思っています。

最後に、昭和学院秀英高校の帰国子女枠入試の目的についてです。

昭和学院秀英高校は、これまでも、帰国子女枠入試を行っていました。

今までは、帰国生は一般入試と同じ5科目の試験を受験して、合格点に対して優遇措置を受けることができました。

しかし、2022年度からは一般入試と同日で、理社の代わりに、英語2の試験を準備しています。

・一般入試試験科目(日本人学校生用): 国語・数学・英語(各50分 各100点満点)、理社(各40分 各60点満点)

・帰国子女枠入試試験科目(現地校生・インター生用): 国語、数学、英語、英語2(各50分 各100点満点)

英語2は英検2級以上のレベルですし、Writingの試験となる可能性が高いのですから、2022年度以降の帰国子女枠入試は、現地校生・インター生向けの試験なのだと、私は予想します。

昭和学院秀英高校の2021年度一般入試合格者平均点です。

・一般入試合格者最低点: 224.0点/420点(53.3%) 


帰国子女枠入試の合格者最低点も、一般入試と同じぐらいにしてもらえると仮定した場合、213.2点/400点(53.3%)以上を取れば良いことになりますよね。

2022年度帰国子女枠入試の合格者最低点を、53.3%よりも上の60%(240点/400点)と仮定して、各科目でどのぐらい得点する必要があるかを確認してみましょう。

・国数: 60点/200点(30%)
・英語、英語2: 180点/200点 (90%)


英語で9割を取れたら、国数は1科目30点でも合格できます。

英語が得意な帰国生は、帰国子女枠入試で受験した方が良いですよね。

昭和学院秀英高校を受験するみなさん、勉強を頑張ってくださいね!^^

【帰国子女枠入試情報、駐在先でのお子さんの勉強などのご相談に、お答えします。】

もし、お困りでしたら、こちらから、ご連絡ください。

スカイプでも対応できますので、世界中どこからでも相談できますよ。


また、私は、帰国子女枠入試の、自己PR添削、面接練習対策を指導することができます。

お子さんが、自分の力で、自己PRを完成させたいと思っているのであれば、私のメルマガを読むといいですよ。

自己PR、そして面接を上達させる情報も、配信しています。

今回は、広尾学園中学AGの英語試験大問3の物語文とポエムの関連性を述べるエッセイの対策方法についてお伝えします。

メールマガジン『帰国子女枠を有効に使う、10日間無料セミナー』からです。

10月20日(水)の24:00までに、こちらを登録しておいてくださいね。^^

今日のアドバイスが皆様のお役に立てたなら幸いです。

では今日も笑顔の一日を!

各種サービスはコチラから!

・海外駐在員専用スカイプコンサル

・塾が対応してくれない内容を学べる、帰国生のための夏期講習

・帰国枠受験、6か月以上長期レッスンサービス

・編入試験対策、3か月レッスンサービス

・帰国子女枠入試、面接練習サービス

・帰国枠面接対策のプロに、回答を作ってもらえる、ラクラク面接対策サービス

・中学受験英語エッセイ添削・文法指導サービス

・帰国枠中学受験、日本語作文指導サービス

・自己PRと活動報告書の添削・作成代行サービス

無料メルマガはコチラから!

・『帰国枠入試を成功させるための自己PRと面接練習』

・『帰国子女枠を有効に使う、10日間無料セミナー』

大教大池田、渋谷教育学園、慶應、東京学芸大学附属、早稲田本庄など、面接重視校には、面接練習サービスが役立ちます。

芦屋国際、立川国際、渋谷教育学園、頌栄、学芸大附属国際中等教育、同志社国際など、英語エッセイが出る学校には、添削サービスが役立ちます。