誉めてやる気を膨らませるPTOTSTのためのコミュニケーションセミナーを行いました! | 作業療法士杉長彬(すぎながあきら)のやる気を高めるコミュニケーション

作業療法士杉長彬(すぎながあきら)のやる気を高めるコミュニケーション

現役の作業療法士が、リハビリ職のためのやる気を高めるNLPコミュニケーション術をお伝えいたします!NLPを用いたコミュニケーションセミナーを行っています!


テーマ:

先日、

「誉めてやる気を膨らませるPTOTSTのためのコミュニケーションセミナー

~患者さん・スタッフ・自分自身に使えるいいところを見つけてやる気を引き出す方法~」

 

のセミナーを行いました!!!

 

 

 

参加してくださった方の感想です。

 

大越将希さん
理学療法士
4年目
回復期勤務
Q1:セミナーを受ける前にどんな事で悩んでいましたか?
患者様のコミュニケーションでリハビリを拒否する方にどのように接していけばいいかわからない
Q2:何が決め手になってこのセミナーを申し込みましたか?
今抱えている悩みを解決できるセミナーだと思ったから
Q3:実際にセミナーを受けてみていかがでしたか?
今まで他の人や患者様とのコミュニケーションで、考えていなかったコミュニケーションツールの方法や、相手の良いところを見つけるという作業をしていなかったため、新しい発見と刺激を受けれた。
明日からの臨床に使っていきたいと思った。


大塚真代さん
作業療法士
6年目
教員
Q1:セミナーを受ける前にどんな事で悩んでいましたか?
日頃から誉めたいと思って学生と接していますが、素敵な言葉が見つからず、何か前向きになれる一言を見つけられればと思っています。
Q2:何が決め手になってこのセミナーを申し込みましたか?
題名が素敵で申し込ませていただきました。
Q3:実際にセミナーを受けてみていかがでしたか?
誉めるタイミングが必要だと思いました。
気の効いた言葉を常に言わないとと思わずに、間を大切に使っていきたいと思いました。
まずは誉めて相手の意欲を上げてから対策へつなげられればと思いました。一般化している方が多いので、例外を探して、いい所を引き出していきたいです。
同僚にも今日学んだ「一般化」や「誉め方」を伝えて、学校全体で学生の意欲を引き出し、学生の自信につなげて欲しいと思いました。


Tさん
言語聴覚士
1年目
回復期勤務
Q1:セミナーを受ける前にどんな事で悩んでいましたか?
コミュニケーションが苦手で他職種や患者様とうまくやりとりできない
Q2:何が決め手になってこのセミナーを申し込みましたか?
コミュニケーションに役立ち、患者さんとの関わりにも役立ちそうと思ったので
Q3:実際にセミナーを受けてみていかがでしたか?
今までは、どこを誉めたらよいのか、どう誉めたら良いのか分からず、いつも同じような感じなってしまっていましたが、小さなことで
できている事を誉めたら良いという事に気づけました。
これからは、患者さんが「全然」や「いつも」など言っていた時に、そのまま受け取るのではなく、「本当に?」という視点で、良い所に気づき、それを伝えられたら良いなと思います。
また拒否ややる気のない患者さんを担当することなった時に、今回のsmall stepでできていることをを誉めているなど工夫ができたら良いなと思います。

Nさん
作業療法士
3年目
精神科病院
Q1:セミナーを受ける前にどんな事で悩んでいましたか?
学生指導や良いところを見つける視点づくり
Q2:何が決め手になってこのセミナーを申し込みましたか?
実務で良い所を見つけるきっかけになると思って
Q3:実際にセミナーを受けてみていかがでしたか?
人をほめる事は、自分に余裕がないとなかなか難しいと思った。
COACHで自身や学生等客観的に見れる手法や、その人の言葉のSOSに気づくきっかけを今回のセミナーでもらえたと思う。
また、ディスカッション他の人の視点を聞けたのも参考になりました。

Oさん
理学療法士
1年目
急性期勤務(整形・内科含め)
Q1:セミナーを受ける前にどんな事で悩んでいましたか?
急性期病棟なので、ope後発症後の病気になってしまって落ち込んでいる方、痛みが続いて、リハビリ効果を実感できない方のやる気笑顔を引き出したかったので、参加しました。
Q2:何が決め手になってこのセミナーを申し込みましたか?
精神的に落ち込みやすい患者様を担当する機会が増え、促し方などの引き出しを増やしたかった。
Q3:実際にセミナーを受けてみていかがでしたか?
今まで、患者様と接してきて、誉める機会があっても言葉が出ずに流してしまったことが、何度かあったので、明日からは、次の日でも良いので一度考えて誉めることをしようと思いました。
自分を客観的に見ると、意外と焦らずに対処できることがあったので、次に焦ったりする状況の時は一度深呼吸をしてみようと思います。
誉めてもらえると会話を楽しいので、患者様に対しても後輩に対しても友達や同僚に対してもコーピングを使って良い点を誉めていけたらと思います。


Kさん
作業療法士
15年目
養成校勤務

Q1:セミナーを受ける前にどんな事で悩んでいましたか?
モチベーションが低い学生のモチベーションを上げる
Q2:何が決め手になってこのセミナーを申し込みましたか?
日程
Q3:実際にセミナーを受けてみていかがでしたか?
弱みが強みになると思った。
自分もほめることが時に必要と思った。様々なコミュニケーションの一つかなと思った。
でも、実はノンバーバルの方が大切なのではないか
いきなり知らない人をほめるのは、難しいふだんなら相手を理解して意図的にやっているので、普段の現場の方がやりやすいとおもった。ありがとうございました。

リハビリ職のコミュニケーション能力を磨いていきたい!杉長彬さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス