今回も、熱中症対策について書いていこうと思います。

 

タイトルにある「暑熱順化」ですが、読み方は(しょねつじゅんか)と読みます。

ちょっとカッコつけて、専門的な用語を使ってみました滝汗

 

暑熱順化=身体を徐々に暑さに順応させること

 

つまり、「暑さに慣れる」と言うことです。

 

なーんだ、そんなことか、と思われるかもしれないですが、熱中症対策にはとても大事なことなのです。

 

6月くらいのまだ暑さに身体が慣れていないときの方が、熱中症になる人がたくさん出るというのはよく聞く話です。

 

では、「暑さに慣れている」、「暑さに慣れていない」はなにが違うのでしょうか??

 

それは、「汗をかける身体になっているかどうか」です。

汗をかくことの意味

 

汗をかけば、汗が蒸発するときに身体から熱を奪って体温の上昇を防いでくれます。

しかし、汗を十分にかける身体になっていないと、汗が体の熱を奪ってくれないので、体温が上昇してしまい、熱中症になってしまいます。

 

早く暑さに慣れるためには(熱中症対策)

暑さに慣れるには、やく2週間の時間が必要となります。
この2週間で身体が暑さに慣れるのを待っているいる間に急に気温が上がってしまうと熱中症の危険性が高くなってしまいます。
 
気温が上がってしまう前にできる対策が2点あります。
 
1「ウォーキングなどの有酸素運動を汗ばむ程度で20~30分ほど行う」
 
2「入浴で汗をかく。37℃~38℃くらいのぬるめのお湯いに10~20分くらいつかる」
 
上の2点の対策で汗をかく身体になることができるため暑さに慣れることができます。
 
また、上の2点の対策では、水分補給をしっかりと注意して行ってください。
 

水分に関して注意点

 
人間は食事から摂る水分以外に1日に1.5~2.0リットルの水分が必要になります。
意識して水分を摂る習慣をつけることが熱中症の予防になります。
ただし、大量に汗をかいているときだと、水分だけでは役不足です。塩分(ナトリウム)やミネラルの補給も必要になります。
 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

にしからかわ接骨院
岡山市北区西辛川540-6

℡:086-236-7127

mail:nkk2367127@gmail.com

ホームページはこちら↓

http://nishikarakawa-sekkotsuin.com/