当て麻婆

テーマ:
午前中、北浜の客先訪問やったため、帰社ついでに北新地で昼食とることにした。













最強麻婆やと?



面白い。俺に対する招待状か。











自慢の麻婆、よろしく。



「今日は回鍋肉の日なんですけど。」



じゃなんで看板出してんだよ。



別日程の日替わりランチの凄さ語って客引きしようなんざ、中国四千年の伝統に見あった詐欺行為。




しかし既に着席したからには、出ていくのも面倒。



しゃーなしに担々麺にしといたるけど、最強とは言えずも、たいした味じゃなければ、あんた、俺の報復思い知ることになるぞ。









んー、辛くもなく、これと言った取り柄もない。



味は普通クラスと判定。



てことは、詐欺罪とトータルして、逆ミシュランに決定。



どうだ、俺の報復。恐れ入ったか。


俺を騙しといて、詫びのひとつもいれねーからこんなことになんだよ。









お?






詫びのひとつが入っていた。



しかもパンダちゃんときた。



じゃ、トータルして逆ミシュランは帳消しにしといてやらぁ。



次からは紛らわしい看板出すんじゃねーぞ。














お?









さっきの看板の裏に、「B1」て書いてんじゃねーか。



てことは、俺が入った地階の飯屋は、最強じゃない店ってことか。



紛らわしいとこに中華料理屋縦並びに造ってんじゃねーぞ。









言い掛かりにより自分のミスを誤魔化し、次回の糧を心待ちにするのであった。



また、午前中北浜の客先訪問する日ねーかなー?

僭越ではありますが

テーマ:



不器用大臣にしては上出来じゃないか。









短冊の氏名のバランスが。










でも、結婚式用の短冊はやっぱり、少々文字が斜めってしまっても"壽"を使ってしまうのだけど。












こんだけ練習したのに、本番に弱い。





文字の練習するよりメンタル面磨く方がよかないか?





それより現実を見つめ直し、明日の披露宴で急遽任命された乾杯の挨拶を考えた方がよかないか?





そんなブログ書いて現実逃避せん方がよかないか?

笠置ROCK!






聞いて驚け。











京都笠置のボルダリングの映画ができるのだとさ。









あらすじはというと、





とあるミュージシャンが、笠置ロックフェスなるイベントに参加することにした。












実は、ボルダのフェスやった。



気付けよ。













仕方ないから参加した。



帰れよ。













笠置音頭でフィニッシュ。



転から結までのアプローチたるや。









これを紹介してた"おはよう関西"(NHK総合)でのキャスターの締めを一言一句違いなく書き上げると、






「この短編映画、笠置ROCK!ですが、三月に完成する予定です。
まず町民向けに上映会を行ったあとに、京都市内や、国内外での上映も検討しているということです。」



聞いて呆れるわ。