当て麻婆

テーマ:
午前中、北浜の客先訪問やったため、帰社ついでに北新地で昼食とることにした。













最強麻婆やと?



面白い。俺に対する招待状か。











自慢の麻婆、よろしく。



「今日は回鍋肉の日なんですけど。」



じゃなんで看板出してんだよ。



別日程の日替わりランチの凄さ語って客引きしようなんざ、中国四千年の伝統に見あった詐欺行為。




しかし既に着席したからには、出ていくのも面倒。



しゃーなしに担々麺にしといたるけど、最強とは言えずも、たいした味じゃなければ、あんた、俺の報復思い知ることになるぞ。









んー、辛くもなく、これと言った取り柄もない。



味は普通クラスと判定。



てことは、詐欺罪とトータルして、逆ミシュランに決定。



どうだ、俺の報復。恐れ入ったか。


俺を騙しといて、詫びのひとつもいれねーからこんなことになんだよ。









お?






詫びのひとつが入っていた。



しかもパンダちゃんときた。



じゃ、トータルして逆ミシュランは帳消しにしといてやらぁ。



次からは紛らわしい看板出すんじゃねーぞ。














お?









さっきの看板の裏に、「B1」て書いてんじゃねーか。



てことは、俺が入った地階の飯屋は、最強じゃない店ってことか。



紛らわしいとこに中華料理屋縦並びに造ってんじゃねーぞ。









言い掛かりにより自分のミスを誤魔化し、次回の糧を心待ちにするのであった。



また、午前中北浜の客先訪問する日ねーかなー?