「中途半端」なら「やらない方がよい」理由 | 労働災害・賠償問題に強い企業保険のスペシャリスト 約1000社の実績で企業の挑戦をサポート! 損害保険トータルプランナー・福利厚生管理士 西田洋平ブログ

労働災害・賠償問題に強い企業保険のスペシャリスト 約1000社の実績で企業の挑戦をサポート! 損害保険トータルプランナー・福利厚生管理士 西田洋平ブログ

北陸(主に石川・富山)で事業者さま向けリスクマネジメント・福利厚生コンサルティング・総合保険代理店を行っております。
健康経営エキスパートアドバイザー・福利厚生管理士・メンタルヘルスマネジメント検定Ⅱ種Ⅲ種・損害保険トータルプランナー

【Vol.377】

 

先日も

経営者のお客さまと

私のブログの話となりました。

 

(このTシャツ販売しているようです。)

 

 

「先日、なんとか

1年続けることができました。」

 

「たまになら、誰にも書けるけど

毎日続けてるからすごいよね。

私は、絶対に継続できないから・・・。」

 

「ありがとうございます・・・。」

 

 

(ブログに書いた

内容の話など

話が続きまして、最後に・・・)

 

「でも、毎日のように続けていても

突然、止められると残念になるよね。」

 

「会社を辞めたのか、

なにかトラブルがあったのかも

気になるけど・・・。」

 

「そうでなければ、むしろ、

根性がないのか、能力がないのか、

単にやらされていただけなのか、を

世間に公表している

残念な人・残念な会社

なっちゃうのだよね。」

 

「・・・・・・・・・・・(ドキッ)。」

 

中途半端に終わって

マイナス評価になるくらいなら

書かない方がいいよね。」

 

「そうですよね~・・・。」

 

 

 

(苦笑い・・・)

 

これで、

ますます止められなくなりました。

 

『継続は力なり』ですが

止まってしまうと

『マイナス』作用してしまう時も

あるようです。

 

 

(このTシャツ気になりますが、ハラスメントには注意してください。)

 

たしかに

「ブログ」でも

「メルマガ」でも

「動画」でも

『中途半端』な人の評価は

低くなります。。

 

思いつきで始めて

飽きて、面倒になり、あきらめた

という姿が目に浮ぶからです。

 

 

「この人に仕事をお願いしても、

最初だけなんだろうな・・・」、

 

余程の特化した

能力・商品がない限りは

今後、付き合いはなくなると思います。

 

『信用が売り』

商売であれば致命的です。

 

中途半端な姿勢は

その人の評価を下げるだけです。

 

 

 

 

それならば

「可もなく不可もなく」

「やらない方がよい」という

選択肢となります。

 

しかし、、

成功・成長するためには

挑戦(チャレンジ)は欠かせません

 

 

 

あくまで

中途半端姿勢

周りにマイナス作用する

可能性が高い場合は

やらない方がよい、かもしれません。」

ということです。

 

リスクを取って

「挑戦する」なら

とことんやりましょう!

 

私も頑張ります。

は駄目なんです。

 

 

リスクマネジメントに関する

お問い合わせ・ご相談は 

こちらまで

https://ws.formzu.net/fgen/S62780690