日本語教師の資格を取った経緯とその後
  • 07Mar
    • 日本語教師の資格を取るにはどの通信講座が良いのか?

      日本語教師になる方法って色々ありますよね!一般的には、1.大学教育において日本語教育を主専攻あるいは副専攻し卒業した方2.420時間以上の日本語教員養成講座を修了した方(大卒以上)3.日本語教育能力検定試験に合格した方このあたりが、日本語教師になる条件です私はこの中から、3:日本語教育能力検定試験を受験して、日本語教師の資格を取りましたどうしてか?ということですが、第一に費用ですもちろん、420時間の日本語教員養成講座の受講も考えました。でも、この日本語教師になるにはどの通信講座が良いか?のサイトを見て学んだのですが、420時間の養成講座は本当にお金がかかるんですねだいたい、養成講座だと60万円くらいお金がかかるらしいです。それに、時間もかかります。私は大学卒業後にカナダをぶらぶらしたり、正社員として就職もしてこなかったので、とにかくお金が無かったんです420時間の養成講座だと60万円、最低でも約半年くらいかかるものが、アルクの通信講座を受講して、日本語教育能力検定試験に合格するという方法を取るなら、費用は約6分の1の10万円くらい、期間も大幅に縮まって、最短約3ヶ月くらいで資格が取得できることがわかりました。確かに自分で勉強するのは大変ですが、それは養成講座に通ったって同じことです。養成講座を修了しただけじゃ、しっかりと学生さんへ正しい知識を伝えられないので、やっぱりちゃんと勉強することは必要なんですよね。さらに、後々大学で講師として日本語を教えたいとなると、日本語教育能力検定に合格しているかどうかを聞かれるケースも多いんです。だから私は、費用と期間を抑えて、しっかりと通信講座で日本語教師になる勉強をし、検定に合格することに決めました結果、この選択で良かったかなと思っています。想像よりも断然楽しく勉強できて、合格できましたでも日本語教師って、合格してからが本当のスタートラインに立った!って感じなんですよね

      763
      テーマ:
    • 日本語教師はどのようにキャリアを積み、出世するのか

      働くことが大好きな方なら、日本語教師としてのキャリアコースってどのような感じなのか気になるかもしれませんねまず、基本的には同じ学校で数年教えて、そこでキャリアを積む必要がありますそこで2~3年常勤として教えていくと、日本語教師としては結構中堅という感じでやっていけるようになります本当に出世やキャリアコースを考えるなら、その後の勤務先は、日本語学校ではなく、大学の日本語教師を目指すのが良いですよ日本に留学してきている、大学に所属している学生に、大学で日本語を教えるのです普通に日本語学校で日本語を教えるよりも、時給は倍くらいに跳ね上がりますそのためにはどうしても、日本語学校で常勤として数年教えてきた経験が必要です。あと、日本語教育能力検定の取得は絶対にいりますね大学では、常勤として教えるだけでなく、非常勤という立場で先生になることも可能です。だから、数コマ担当してそれなりのお給料がもらえるようになるわけですまあそのためにもとにかく現場で場数を踏む必要があるので、まずは日本語学校で数年頑張るところからスタートですね~

      35
      テーマ:
    • 日本語教師になってみてわかったこと

      日本語教師はとても楽しい仕事です。日本にいながら異文化交流できるし、海外に行っても比較的早くに仕事を見つけることができますどこでも仕事ができるのは魅力だし、日本で働いていても、結構「ママさん先生」もいます。子供がいながらも出来る仕事ってのは強いですよねでも一方で、収入面はちょいと厳しいです。。非常勤で時給換算なら、だいたい時給2000円くらい~が多いです。私が勤務している学校の例で言うと、午前のコマをフルで担当すると、朝9時~12時までの3時間が勤務時間となります。3時間だから2000円×3=6,000円 の収入ですね。これを、月に20日くらいやると12万円。午前中だけの勤務で、月に12万円なら、主婦なら全く悪くない(むしろ割の良い)仕事かもしれません。でも私のように、ガッツリコマを担当していると午前中だけでは終わらず、午後も3時間くらい、担当を持ちます。これで、2000円×6時間=12,000円/日これを月に20日程度やるので、24万円/月です。普通のサラリーマンに比べたら圧倒的に少ないですけど、まあ暮らせます。それに、サラリーマンのように大きな責任を持たされてお客さんに頭下げて営業目標に追われて、お客さんに怒られて…みたいなストレスは無く、むしろやりがいがあって楽しいですし、いつでも辞めて、また再開できるニュートラルな状態が、私には本当に合っています大きく稼ぎたい!という人には向かないかもしれませんが、やりがいある楽しい仕事がしたい!子供が生まれても仕事したい!海外でも働きたい!という人にはぴったりですね

      29
      テーマ:
  • 06Mar
    • 日本語教師のここが大変!

      日本の学生と違って、海外の学生ってリアクションがとっても素直です面白ければ大きな声でオーバーなほど笑ってリアクションを取ってくれるのですが、面白くない授業をすると、「シラー」という感じ。同じ学生でも、先生のレッスンの楽しさによって、本当にテンションやリアクションが違うんですもちろん、勉強に取り組む姿勢もまるで違います。楽しく面白い授業をすれば、学生たちも前のめりで取り組んでくれますだからこそ、ちょっと燃えてしまいますやっぱり、ただ教科書を棒読みする授業なんてダメですよね。日本で行われる英語の授業なら、そういう授業もまかり通ってしまうのかもしれないですが日本語教師はなかなかそうはいきません結果がダイレクトですからっリアクションもダイレクトに伝わってくる。勉強に向かう姿勢も、ダイレクトに変わってくる。もちろん、成績や結果も大きく変わってくる。でも、「熱い授業」と「楽しい、面白い授業」というのは全く紙一重ではないわけでそこが難しい!!面白さを磨くなんて、人生そうそうないと思うんです。いやあ。私も勉強になってます(笑)

      22
      テーマ:
    • 私が日本語教師の資格を取ろうと思った理由について

      私は高校からインターナショナルスクールへ通っていました。そしてそのままカナダの大学へ進学。本当はそのままカナダで就職をしても良かったのですが、やりたいことが見つからなくて結局カナダをぶらぶら観光などしたあと日本へ帰ってきました。日本へ帰ってきてからも、タイミングを逃してしまったからかなかなか定職へつけませんでしたそれに、そもそも定職に就きたい!正社員になりたい!という熱い想いもこみあげなかったんですなので当たり前ですが就活はことごとく失敗しましたそして、カナダでの生活を思い出したり、日本と海外を行き来しても出来る仕事ってないのかな~と考えるようになりましたまた海外へ行きたくなるかもしれない。でも、両親がもう年でもあるので、日本を永久に離れることは難しいだろう。そこで見つけたのが日本語教師というお仕事でした海外でも、日本語を教えてほしいという学生は沢山います日本に住みながらも、日本語を学びたい人も沢山います日本語教師なら、私の願いがドンピシャで叶うじゃんということで、日本語教師の資格を取ることに決めました。日本に住みながらも、外国人の方と触れ合ったりする中で異文化交流が出来るのは楽しいですね私には天職だって、今は思っています

      21
      テーマ:
    • アメブロ始めました!初めてなのでドキドキです。

      初めまして。都内在住、日本語教師の仕事をしていますサチコと言います。ちょっと前にカナダから帰国して、日本に戻ってきましたカナダでは日本語教師として、約1年間活動していました。家庭の事情などあり、日本に戻ることになり、今は両親と暮らしながら日本国内でも、日本語教師の仕事を再開しました。やっぱり数ヶ月数年離れても手に職があるとすぐに仕事が見つかるのが良いですね日本語教師の資格を取っておいて良かったですアメブロは初心者ですが、これから色々と私の日常のことや日本語教師の資格について書いていきますのでよろしくお願いします

      23
      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス