もう売ってしまった株式の価格を振り返っても意味は無いのだが、ちょっと調べてみたら、私が売った株は、その後、確実に上がっていた。

こういうときに「あ~~、いま売っていたら」と思ってはいけないのは百も承知。その、売った時点で「黒字にはなったのだから、これでよしとすること」という得心を、後になってジタバタしても意味は無い・・・・ のだが。

 

先を見通せる人間は、世界中に一人もいない。

 

かのウォーレン・バフェット氏は、投資の世界で鉄則とされている、「分散投資」には異論を唱え、十数社ほどに集中投資をしている。ご本人が徹底して調べ上げ、これぞと思った企業なのだから、そういうことが言えるのだろう。我々凡人にはそこまでの調査はできない。また、氏は、

「一度買った株は最低10年は持っていること」

ともおっしゃっている。が、氏はもう91歳である。今でも呆けずに投資活動を継続しているのは素晴らしいことだが、誰でも寿命に限界はある。氏はおそらく遺言で、自分の死後は福祉に寄付をするように定めていると思うが、我々のような凡人が、認知症になる前の間、長期で株式を保有・運用するのが可能な年齢を考えると、60代半ばくらいまでかなあ?

 

とはいえ、金儲けがかかってくると、人間、元気になる。

以前も書いたけど、徳島県の山奥に、料理の「つま」に使う葉っぱを山から収穫して都会に送るビジネスをいとなむ「いろどり」という会社がある。そこに参加している婆ちゃんたちは、自分の売上げを確認するためにインターネットを使いこなすし、

「孫が結婚するから家を買ってやらないといかん」

などと、金儲けに余念が無いのである。更にすごいことには、彼女らの病気罹患率は極めて少ない。普通、年寄りの仕事は病気と通院だけど、できる範囲で働いてカネを稼ぐことが、いかに人間の健康に貢献するか、という証左である。

投資とか運用について知識がなくとも、こうして、できる範囲で稼ぎ続けることが、日本人の国民性には合っているようだ。

 

とはいえ、学校時代、私らは投資の「と」の字も教わらない。いや、投資以前に、節約して貯蓄することの大切さも教わったことがない。親が教えなければ、あるいは本人が自ら学ばなければ、一生知らずに終わってしまう。

私も長い間、定期預金にする以外、全く知らなかった。そこから転換したのは、以前勤めていた会社で、退職金を撤廃する代わりに、日本版401kで運用するように切り替えたことがきっかけである。

 

しかし、株式はやっぱり心臓に悪いから、最近は投資信託をこまごま買って分散投資した。10年は放っておくつもり。

 

 

 

ブドウが好きなのだけど、ブドウって高いなあ。

最近どんどん市場に出回ってきている「シャインマスカット」なんて、いつ見ても1房1000円以上する。ひえ~~。

 

 

相当美味しいのだろうけど、まだ買ったことはない。

 

ところで、「ケンミンショー」を見ていたら、ブドウの産地である山梨県では、農家さんや知り合いからもらうから、ブドウを買ったことがない、という人が普通にいるらしくて、あまりのうらやましさに悶絶しそうになった。このシャインマスカットも、もらってごく普通に食べている家庭を映していた。

 

ところで、この番組中、山梨県知事の長崎氏(山梨の長崎、ってなんかややこしい)自らが登場し、現在山梨県の果樹試験場で成育中の、「甲斐ベリー7」という品種を、特別に公開なさった。これが市場に出回るのはおそらく3年後くらい、とのことだったが、今回、特別に、ゲスト一人につき「1粒」だけ食べさせる、という超特別扱いもなさった。

 

おい、おい、おい。

山梨県知事、脇が甘すぎないか?

 

20年、30年と苦労して開発した「シャインマスカット」だって、パクリ大国のK国に盗まれ、現地で我が物顔に栽培されているという。それなのに、こんな貴重な「甲斐ベリー7」の情報を、市場に出回る前から公開し、食べさせるまでした。

山梨県の果樹試験場が、どれほど外部からの出入りを厳密にしているかは、わからない。しっかし、まだ発売前なのに、TVという公器を通じてこんなにもオープンに情報を与えては、K国C国が喜ぶだけではないか。知事、お人好しにもほどがあるんじゃないか?

 

菅政権のもと、種苗法が改正され、海外への種苗持ち出し制限が厳しくなったと聞いているが、詳細は知らない。しかし、種の10や20なんて、ポケットや財布に入れてしまえば楽々運び出せるのである。刑罰の甘い日本のこと、いくら後追いで罰したって、一度持ち出されてしまえばおしまいだ。

あの番組は、ゲストらが食べ終わったあとの種や皮は全部回収し、山梨県職員に返却したのだろうか。その辺の生ゴミと一緒に捨てていたら、日テレも山梨県も、脳天気過ぎるのだが。

 

 

先日、テレ朝で「芸能人 格付けチェック」が放送されたのだけど、私はこの番組シリーズ、いつ見ても、音楽は、絶対に外す。

一方はプロによる演奏や歌唱で、一方はアマチュアによる演奏や歌唱だ。

しかし、私の耳には、何度聞いても、アマチュアとされる人たちの演奏が心地よく、しっくりくる。

つまり、私には音楽のセンスがなく、「プロの技」なるものに全く無縁で今日まで来ているだけなのだろうけど、果たして、それほど絶対に、 

 

プロ > アマチュア

 

なものだろうか?アマチュアはアマチュアなりに、懸命に練習し、演奏している。プロには絶対劣る、というスタンスはどうかなあ。

実際、ゲストの芸能人たちも、派手に外している。

同じく、楽器に関しても絶対に当たらない。1台ウン億円もする楽器と、アマチュアが使う楽器の音が、さほど違うようには聞こえないのだ。

これって、演奏者側に、

「これは1台●億円する世界的な名器だから」

という思い込みを増幅させる効果の方が大きいんぢゃないかな~、と勘ぐってしまう。

要は、自分の耳に心地よければ、それでいいのだろうけどね。

 

話は変わるけど、最近、マスゴミやネットで、2ちゃんの創業者であるひろゆき氏がコメントをしているのが増えたように思う。

これって以前は、ホリエモンだったりした。

彼らに共通するのは、国民の大多数が思いそうなことに、正反対の意見を述べることだ。

何を言っても日本では自由なのだし、みんなが思いそうなことに同意しなければならないことは断じてないのだけど、ただ、こういう人たちって、あえて国民感情を逆なでることがインテリの証、みたいなにおいがする。