先日、献血(成分)に行った。受付を済ませたあと、血圧を脈拍を測るのは、おそらく横浜市医師会で当番制でぐるぐる回している医師2名。

私が案内された医師は、すっごいおじい、もとい、老医師。80歳は軽く超えており、こんなトシまで現役医師でいるのか、とびっくりした。

献血には少なくとも上の血圧が90ないとならないのだが、私は低血圧なので、またしても届かなかった。

「もう一回測りましょう」

と言われ、その場で足をバタバタさせて、90をクリア。

あと脈がちょっと速く、「もっと水を飲みなさい」と言われた。

こんなに高齢で現役、ということは、つまりそれだけ経験を積んでいるってことだから、ついでに聞いてみようと、

「低血圧って、べつに悪くないんですよね。高血圧で困っている人たちはごまんといますが」

と話しかけたら、

「そうです。低血圧『症』という病気の症状、たとえば、長く歩けなくてへたってしまうとか、そういう人は問題ですが、そういう病的な症状がないなら、低血圧は素晴らしいです。脳卒中にはなりにくいし、長生きしますよ」

長生きを望んでいるわけではないけれど、低血圧は素晴らしいとほめていただいて、うれしかった。低血圧に生まれて、感謝。

若いときは毎月膨大な出血に苦しめられ、いつも真っ青な顔でふらふら。25m泳ぐのも、100m走るのもやっとだった。そんな自分が献血をするようになるだなんて、想像もできなかった。トシ取ってからの方がずっと健康で嬉しい。

子供を産まない現代女性は、月経回数が合計500回くらいに達してしまう。無意味、と言っては何だけど、仕事やレジャー等に支障はあるし、ない方がずっと助かる、というのが正直なところ。ネットで見たのだが、海外のとある国々では、妊娠したい人以外、薬で月経を止めてしまうのが普通だと聞いたことがあり、それもぎょっとした。体は大丈夫なのだろうか?

 

 

蛇足:都道府県魅力度ランキングどんけつ常連の茨城県の、自虐まんじゅうを見つけた。

 

 

鬼まんじゅうって愛知県の産品だと思っていたけど、ま、おいしそうだよ。

私のかかりつけのすご腕婦人科医は東京女子医大出身なので、同大学には良い感情しか持っていなかった。

女性だけを学生とし、女性医師を育成する世界でもまれな医科大学である。女子の特性を生かし、良い女医さんを沢山育てて欲しい。

しかし、信じられない医療事故が続き、特定医療機関としての承認も取り消されてしまったそうだ。

つい最近報道された事件では、2014年、つまり6年も前、男の子に、プロフォールという全身麻酔薬を、成人の2.7倍も投与して死亡させるという事故が起こった。

人間のすることだから、ミスは絶対防げないけれど、成人量の2.7倍って、誰か気づかないのか、という量だ。そして、6年も経ってやっと当時担当した医師らが書類送検されることになったというが、なぜ6年もかかったのだろう。

 

私が昔からずーっと疑問に思っていたことは、

「女子医大の男性の医師らは、どこから、どういう目的で来るのか?」

ということ。大学の学生は100%女性だ。大学院なら男女共学であることを最近知ったけど、それでも女性医師の人数の方が圧倒的に多いだろうし、男性医師・教授らは、当然だけど、下から上がってきたわけでなく、よそからハントされたか自発的に来た人たちだ。

長嶋監督とか、古くはミッチーさん、逸見さんなども女子医大で医療を受けているから、すご腕男性医師もいるのだろうけど、はて?

 

聞いたところによると、自宅が医家でないが、たまたま優秀で医学部に合格し医師になった男が、開業医の娘と結婚ようと、女子医大に来る例がある、とかないとか。割と信じてしまう話だ、

しかし、医療事故が続き、経営難に陥っている女子医大。冬のボーナスなし、とアナウンスをしたら、看護師さんたちが(彼女らはほかにいくらでも仕事場がある)一斉に退職するという騒ぎになり、あわてた大学はボーナス不支給を撤回したそうだ。看護師に大量退職されたら、経営できない。

その分、なのだろうが、学生の授業料を大幅値上げするそうだ。6年間で計1200万円加算し、6年間の学費は4621万円。ひえ~~。それでも娘に医師免許を取らせたい開業医は、あまたいるだろう。

さらに噂では、慶応大学医学部の向こうを張りたい早稲田大学に併合され、早稲田大学医学部になるかも、とか。距離は近いから、まんざらありえない話でもない。

 

ほんとお医者さんになるって大変ですね。

余談だけど、私はお医者さんの学歴を見るとき、女子医大卒より、埼玉医科大卒にびびってしまう。

というのも、かつて、実家が広島の医家の娘さんを知っており、その人のお兄さんが、日本のあらゆる医学部を受けたけど、最後の最後、「入試日程が一番遅い」という埼玉医科大でようやく合格した、という話を聞いたからだ。

 

 

 

頭がカチコチに古い両親に育てられたせいだろう。

私は自己肯定力がひどく低い。ブログにいろいろぶちまけているのは、その腹いせのようなものだ。

 

「男はみんな女より偉い」

「女の利口は男のバカと同じくらい」

「世の中なんでも男が優先」

「何かあったら何でも自分が悪いと思いなさい」

 

こんな教育ばっかり受けてきた。

ぱっとしない人生も、親の教育のたまもの。

10代の当時、毎月の生理が尋常でなく、苦しめられたのも、女なんて生きているだけでハンデだと思い知る材料になった。

気がついたら、これといって大きな成功体験というものがない。

 

最近、とある公募に、私が投稿した作品が選ばれた。毎年、授賞式があるのに、今年は武漢ウイルスのせいで、オンライン発表会だけになった。旦那と見ていた。自分の名前が大きく呼ばれる照れくささも知った。それから、まずは表彰状が来て、次いで、賞金の●●万円が送られてきた。

「銀行口座も教えていないのに、賞金はどうやって来るのだろう」

と思っていたら、いまどき、なんと、「現金書留」で来たのだ。あの封筒の中に、美しい「のし」が入っていて、その中に●●万円、ピン札で入っていた。

それでも、なんか「喜んだらいけない、自慢したらいけない」というブレーキが働いて、素直に喜べない。

成功体験が少ないので、喜ぶ方法がわからない。

友人に話すとしても、親が生きていたら、

「人の自慢話なんて聞かされたって面白くないんだから、やめておきなさい」

と釘をさされてしまうだろうと思った。それでも、2、3の友人に話したら、大層びっくりされ、おめでとう~~の言葉とともに、

「鰻の美味しい店を知っているから」

ということで、おごらされることになった。いわゆる「お福分け」ってこと?

たかられるのも、幸せなことだ。

私は、自分で子供を持とうと思ったことなど微塵もないが、もし持ったら、どうしつけていたのだろう。特に、女の子だったら。

なんか、涙が出てきた。