夜空の輝き   


★ご訪問ありがとうございます★

載せきれない記事はこちらツイッターまで

https://twitter.com/nihaojunjun









迷子猫「早く会いたい」=地震後、行方分からず―愛護団体も探索に協力・北海道
kyuugotaisakus.jpg


 ”随時更新 【北海道胆振東部地震】被災動物情報まとめ”  
 


 

       

【拡散】杉本彩さん 2018年7月 (再)動物虐待事犯を厳正に処罰するために改めてお願いします  


 

 可愛い柴犬を捨てないで! (現在放送中) ACジャパンテレビCM



 

 


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


  ネコわんわんブタネコ東京都港区・オールペットクリニックさんHPにて

こちらのブログを連携していただいております。


関連記事
西麻布・オールペットクリニックさん


  • 15Oct
  • 14Oct
    • 欧米では一般的な「アニマルポリス」 日本でも本格的導入を 人とペットの赤い糸

      夕刊フジよりhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181013-00000004-ykf-soci10/13(土) 16:56配信【人とペットの赤い糸】 日本では、「動物と愛護及び管理に関する法律」があるが、現在改正に向けて議論されている。 この法律は、動物の虐待および遺棄の防止、動物の適正な取り扱い、そのほか動物の健康および安全の保持などに関して定められ、人と動物の共生する社会の実現を目的としている。だが、違反した人を取り締まる組織が充実していないのは残念といわざるをえない。 一方、飼い主からひどい扱いを受けている犬、猫、亀などがいると通報するのが常識となっている欧米では動物虐待や不適切な飼育を取り締まっている「アニマルポリス」という組織がある。通報を受けて現地に向かい、問題のある飼い主への指導をはじめ、傷つけられた動物の保護を行っており、国によって違いはあるにせよ、その権限がしっかりと定められている。 英国でのアニマルポリスは歴史が古く、警察ができるよりも前、1824年に設立されている。昔は鞭で打たれる馬や、酷使される畜産動物が多かったので、貴族が金を出し合って捜査員を雇ったのが始まりだったといわれている。現在は英国王立動物虐待防止協会(RSPCA)がその役割を担っている。警察と同等の権限はないが告訴は可能で、動物に関しての法律のほか、獣医学の基礎を学ぶ必要がある。 米国では主要な動物保護団体が2つある。政府からの資金援助と寄付金で運営されている米国動物保護団体(HSUS)、寄付金のみで運営されている非営利団体の米国動物虐待防止協会(ASPCA)だ。HSUSは、1954年に設立された米国最大の動物愛護団体。ASPCAは1866年に設立され、警察官に動物に関する指導を行っている。 米国では食べ物をあげない、散歩させない、いつも鎖でつながれているなど、動物を適正に飼育しない場合は虐待とみなされ、州によって虐待がひどいときには、禁固刑も課せられる。アニマルポリスには警察と同様の捜査権と逮捕権があり、州によっては銃や手錠の携帯が許可されている。救助活動、災害救助、移動獣医クリニックなどの活動も行っており、志望者は多い。専門学校も存在するが、狭き門である。 またサンフランシスコの警察局、保健局、動物保健管理部門では、攻撃的な犬を保護するなど一般市民の安全を確保するとともに、危険な犬に対しての監視や服従訓練なども行っている。 日本では、2014年1月に兵庫県警本部にアニマルポリス・ホットライン((電)078・371・8974、受付は平日午前9時から午後5時まで)が設置され、兵庫県下における動物虐待に関する相談を受けている。今やペットも家族の一員であることを考えると、アニマルポリスの活動が日本でも本格的に全国レベルで展開される日が早く来ることを望みたい。 ■越村義雄(こしむら・よしお) 一般社団法人「人とペットの幸せ創造協会」会長。同ペットフード協会名誉会長。一般財団法人日本ヘルスケア協会理事、「ペットとの共生によるヘルスケア普及推進部会」部会長など。

      65
      4
      テーマ:
  • 13Oct
    • 増える「動物たちと触れ合える室内型ミニ動物園」の闇。動物は触れられて幸せか?

      HARBOR BUSINESS Onlineよりhttps://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181013-00176359-hbolz-soci10/13(土) 8:40配信「触れる」の先駆け「インナー・シティー・ズー ノア」 「動物に触れる」のは子供たちにとって大きな喜びだろう。しかし、それすら「動物のストレスになる」と問い直される時代に、それ以前の“不適正飼育”をしている動物園が数多いという。◆法令違反が常態化する業界は課題だらけ「インナー・シティー・ズー ノア」(横浜市金沢区)が先駆けともいわれる「動物に触れる」室内型施設は増加の傾向だ。子供をベビーカーに乗せ、「動物と触れ合わせたい」と家族で訪れるファンも少なくない。一方で、特定動物を移送する際に必要な手続きを取らないなどの法令違反は「常態化している」と業界内外で囁かれている。 NPO法人「人と動物の共生センター」理事長の奥田順之獣医師はこの傾向を疑問視する。「『触れる』という触れ込み自体に疑問を感じます。そもそも動物たちは『触られたい』と思っているんでしょうか」 犬ですら人間になでられることでストレスを感じるという研究がある。ましてや犬や猫以外の動物にとって、「触られる」負担は余りに大きい。「『触れる動物園』は娯楽施設です。ただ、柵の中で同じ行動を繰り返すような異常行動は以前ほどではないにしろ、今も見られます。これはストレスの表れです。動物の生態、動物との関わりを学ぶ場というのであれば、適正な管理や展示が行われていなければならない。人間の欲望の赴くままに動物に触れ、支配する。そんなことを子供たちにさせても、命の大切さを学ばせることにはつながらないでしょう」(奥田氏)問題のある移動動物園業者の本拠地である飼育場の様子などは非公開で、行政も把握できていないのが実情だ。― 虐待動物園の実態 ―

      63
      3
      テーマ:
    • 「虐待許さぬ社会に」 動物愛護シンポ 杉本彩さんら訴え ひたちなか

      茨城新聞クロスアイよりhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181013-00000006-ibaraki-l0810/13(土) 8:00配信「動物虐待を許さない優しい社会を」と訴える杉本彩さん(左)=ひたちなか市青葉町の市文化会館 「犬猫が殺処分されない優しい茨城県政へ」をテーマに、動物愛護について考えるシンポジウムが6日、ひたちなか市青葉町の市文化会館大ホールで開かれた。女優で動物愛護団体「動物環境・福祉協会Eva」理事長の杉本彩さん、大井川和彦知事、NPO法人「いばらきの犬と猫」の倉持千恵子代表が登壇し、動物虐待の実態や行政の取り組みなどについて話した。杉本さんは、動物虐待行為や病気になっても放置したり十分な食事を与えなかったりする「ネグレクト」(飼育放棄)、ペット業者など、動物を取り巻く不適切な事例を挙げながら「みんなで動物虐待を許さない社会にしよう」などと呼び掛けた。県動物指導センター(笠間市)に収容され殺処分前の犬や猫を引き取り、新たな里親を見つけるための譲渡会などを開いている倉持代表は「多くのかわいそうな犬や猫を見てきた。こうした命の数を減らすために活動を続けている」と話し、県や各市町村の協力や支援が必要と訴えた。大井川知事は「殺処分される犬や猫を生み出さなためには、まず飼い主の意識改革が必要」と述べ、行政としても殺処分ゼロを目指して「適正飼育の啓発など、引き続き減少に努めたい」と改善に意欲を示した。杉本さんは虐待が顕在化する中、「違反者にはさらなる厳罰を科すなど、厳格な法律に変えていく必要性がある。条例の制定など、知事の権限で変えられる」と述べ、大井川知事の取り組みに期待を寄せた。同シンポジウムは、犬猫殺処分数が多い本県で動物愛護を啓発するのが狙い。本県の犬殺処分頭数は2005年から12年まで8年連続全国ワーストだったが、16年に「県犬猫殺処分ゼロを目指す条例」が制定され、16年度は全国ワースト3位だった。シンポジウムは、地元選出県議の県政報告会の中で開催された。(鈴木英治)転載以上関連記事杉本彩さん「今の目標は動物の命を軽んじる悪徳繁殖業者を根絶すること」 公益財団法人動物環境・福祉協会Eva「第4回猫学 ねこ飼育&預かり講座」参加者募集中!

      19
      2
      テーマ:
    • 兵庫県のクマを守る署名

      ひかたまさんよりhttp://shindenforest.blog.jp/archives/77225105.html2018年10月11日以前このブログでも兵庫県のクマたちを助ける記事を書きました。ひかたま:兵庫県でクマ猟開始現在兵庫県ではクマの射殺が20年ぶりに解禁されています。さらに今年からは狩猟数増加を目的として、クマ狩猟上限数を撤廃してしまうことになりました。こちらは、クマを救うための署名活動からの抜粋です。 一般財団法人 熊森協会 2018年10月9日 — 兵庫県は、クマを初め、野生動物を殺すことに躍起になっています。 今年8月末までに前代未聞、43頭ものクマを大量駆除しました。 さらに、今年から、狩猟数増加を狙って、ひとり1頭のクマ狩猟上限数を撤廃します。 山の中でそっと暮らしているクマまで殺す権利が、人間にあるのでしょうか。 ちなみに、人間が戦後大破壊したクマたちの広大な奥山生息地は全く復元できていません。 狩猟や大量駆除を止めるためには、多くの署名が必要です。 まだの方は、ぜひ署名をお願いします。FacebookやTwitterでも、拡散してください。平和に山に暮らすクマたちをなぜ射殺しなければならないのか被害を出さないように射殺するのではなく、もっとクマとの共生について取り組むべきではないでしょうか。このような虐殺を続けた結果九州ではクマが絶滅してしまいました。四国でももうわずかなクマだけがかろうじて生き残り絶滅寸前まで追い込まれています。兵庫でもクマが絶滅してしまうこともあり得ると思います。日本ではオオカミも射殺により絶滅してしまいました。それによって生態系が大きく乱れてしまう結果となっています。クマも人為的に射殺によるコントロールをすることが生態系にどのような影響を与えてしまうのかさえ理解されていません。change.orgクマの狩猟中止を求める署名はこちらから。

      73
      9
      テーマ:
    • 度重なる無許可飼育に行政指導。動物愛護法違反で初公判が行われた移動動物園業者の実態

      HARBOR BUSINESS Onlineよりhttps://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181012-00176329-hbolz-soci10/12(金) 8:40配信《流血で話題になったライオンはどこかへ譲渡》ライオンの狭い檻。壁や顔には血が……。写真はネットで公表され炎上 「動物に触れる」のは子供たちにとって大きな喜びだろう。しかし、それすら「動物のストレスになる」と問い直される時代に、それ以前の“不適正飼育”をしている動物園が数多いという。⇒【画像】ピエリ守山で現在も営業する「めっちゃさわれる動物園」の内部◆ショッピングモールで移動動物園開催 衛生面は大丈夫か? 琵琶湖にほど近い大型商業施設「ピエリ守山」(滋賀県守山市)にある「めっちゃさわれる動物園」。レストランなどの真下でアミメニシキヘビやカナダヤマネコ、ニューギニアワニなど、約100種類の動物たちに「触れる」スポットだ。運営する堀井動物園(守山市)は移動動物園(動物を移送して臨時の動物展示を行う運営形態)を看板とする業者。’82年創業の老舗だ。滋賀県知事の許可を得て「第一種動物取扱業」として登録している。一部では有名な業者だと言っていい。法令違反やボヤ騒ぎ、動物を逃がすなど、お騒がせ事例に事欠かないからだ。 園長の堀井嘉智氏は今年3月、大津地方検察庁に書類送検された。特定動物(人に危害を加える恐れのある危険な動物)であるハクトウワシとアビシニアコロブス(オナガザル科の霊長類)の無許可飼育(動物愛護管理法違反)が’15年9月に発覚。動物保護団体「PEACE」は’17年に滋賀県に情報公開請求を行い、この事実を知る。守山警察署に見逃されていることを指摘したものの、守山警察署の腰は重かった。「捜査がまったく行われていなかったので、公安委員会に苦情申し立てを文書で行いました」(「PEACE」の東さちこ代表) これが書類送検、起訴に結びついた。同団体は検察にも嘆願書を送付。現在は刑事裁判が進行中。年内にも一審の判決が出る見通しだ。「堀井氏が動物たちにしていることは『ネグレクト』(適切な飼育を怠り、放棄すること)。虐待の一種と言えます」(同)「飼い殺し」動物園の実態はどのようなものなのか。駅から5分ほど歩くと、住宅街の一角に堀井動物園の飼育場があった。◆糞尿などの悪臭には近所の人々も辟易「飼育場」とは言っても、外見は完全に「倉庫」。入り口の柵の隙間から暗がりに押し込められた動物たちの姿が垣間見られた。飼育員らしい人影は見当たらない。 無許可飼育をしていたアビシニアコロブスは堀井動物園に移ると同時に死亡。身体が強靭で長生き、寒冷に強いとされるハクトウワシも昨年12月に死んだ。死亡原因は特定できないものの、飼育環境が影響している可能性は否めない。女性スタッフに、進行中の裁判について尋ねてみた。「ここには担当の者がおりませんので、対応はできません」 車で5分ほど離れた堀井動物園の第2飼育場。タクシーの運転手が「臭いがすごいね」と苦笑するほど、地元では悪臭で有名。糞尿が雨で流れ、住民から苦情も殺到。また、昨年8月には非公開の敷地内にムフロン(ヒツジの一種)の頭蓋骨が捨てられていた。 発見者が警察に通報したが、「敷地内だから問題ない」で処理されていた。 大津地方裁判所で行われた第1回公判。被告である堀井氏と弁護人は犯行事実を認めたものの、公訴棄却を求めて争う戦術に出た。「動物愛護法違反で裁判なんて、これまで誰も起こされてはいない。起訴猶予相当だ」と訴えるばかりか、検察側の公訴権濫用とまで主張した。業界関係者が苦笑交じりに言う。「有罪となれば、業者の登録は抹消。この仕事をしている人間ならそんなことは先刻承知です」 所管の滋賀県動物保護センターは「これまでも法令に基づき対応してきました。裁判の事案は警察が動いていることなので、特に言うことはありません」。他人事のような行政の監督も、問題を放置してきた面があるかもしれない。昨年12月には「めっちゃ」が入るピエリ守山を管理するデベロッパー「サムティ」(大阪市淀川区)が契約を更新せず、立ち退きを迫ったとの報道が流れた。サムティに事実を確認すると、「相手のあることなので、何とも申し上げられません」と否定しなかった。 動物の虐待・遺棄に詳しい細川敦史弁護士が解説する。「特定動物の不許可飼育は許されません。過去に起きた問題で立件されていないものがある。それで、現在の状況になっていると想像されます。動物愛護法改正で業者への規制を強め、殺傷・虐待の法定刑を上げる。この2つの柱で対応する必要があるでしょう」 動物愛護法改正への議論はこの秋の臨時国会から始まる。― 虐待動物園の実態 ―

      11
      1
      テーマ:
  • 12Oct
    • 殺処分された犬の1割超が「血統種」…NGO「ペット業者にも責任」規制強化を要望

      弁護士ドットコムよりhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181011-00008676-bengocom-soci10/11(木) 18:36配信NGO「Life Investigation Agency」のヤブキレン代表 動物の保護活動をおこなっているNGO「Life Investigation Agency」(LIA)は10月11日、2017年度の犬猫種別の収容数・殺処分数を集計した調査結果を発表した。犬に関しては、ミニチュア・ダックスフンドやトイ・プードルなど、純血種の収容数や殺処分数が目立つことから、同団体は「繁殖業者や販売業者にも責任がある」として、近く予定されている動物愛護法改正で、業者規制を強化するようもとめている。●「流通したペットの飼育放棄が多発している」LIAは2018年4月から7月にかけて、全国の保健所や愛護動物センターなど約120カ所にメールで問い合わせたり、情報公開請求をおこなったりして、収容数や殺処分数を調べた。その結果、犬の収容数は計3万8038頭、そのうち計1万890頭(約28.6%)が純血種だった。また、殺処分された計8113頭のうち計1002頭が純血種(約12.4%)だった。正確な判別がされずに、一部の純血種が雑種として計上されている施設もあるという。それでも、柴犬やミニチュア・ダックスフンド、トイ・プードル、チワワなど純血種の収容数や殺処分数が少なくないことから、同団体は「繁殖業者や販売業者から流通したペットの飼育放棄が多発して、施設に持ち込まれている」と指摘している。収容数や殺処分数を大幅に減らすために、(1)繁殖業者や販売業者の情報が明記された書類と対になった状態でしか販売・流通できない仕組みをつくること、(2)その動物が処分施設にもちこまれた場合、繁殖業者にもどす仕組みをつくること――を改正法に盛り込むことをもとめている。●「流通したペットの飼育放棄が多発している」LIAは2018年4月から7月にかけて、全国の保健所や愛護動物センターなど約120カ所にメールで問い合わせたり、情報公開請求をおこなったりして、収容数や殺処分数を調べた。その結果、犬の収容数は計3万8038頭、そのうち計1万890頭(約28.6%)が純血種だった。また、殺処分された計8113頭のうち計1002頭が純血種(約12.4%)だった。正確な判別がされずに、一部の純血種が雑種として計上されている施設もあるという。それでも、柴犬やミニチュア・ダックスフンド、トイ・プードル、チワワなど純血種の収容数や殺処分数が少なくないことから、同団体は「繁殖業者や販売業者から流通したペットの飼育放棄が多発して、施設に持ち込まれている」と指摘している。現在、全国の自治体で、犬猫の「殺処分ゼロ」を旗印とした運動が展開されているが、LIA代表のヤブキレン氏によると、民間の動物保護団体による負担が大きくなっているという。ヤブキ氏はこの日、都内で開いた記者会見で「繁殖された純血種が殺されている。繁殖業者や販売業者が、その責任を負うようにしていかないと、収拾がつかなくなる」と話した。●国会議員に請願書提出動物愛護法をめぐっては、この秋の臨時国会以降、改正案が提出される予定となっている。LIAは10月上旬、今回の調査結果の発表に先がけて、繁殖業者や販売業者に対する規制強化をもとめる請願書を国会議員に提出している。収容数や殺処分数を大幅に減らすために、(1)繁殖業者や販売業者の情報が明記された書類と対になった状態でしか販売・流通できない仕組みをつくること、(2)その動物が処分施設にもちこまれた場合、繁殖業者にもどす仕組みをつくること――を改正法に盛り込むことをもとめている。関連NGO Life Investigation Agency★適正な飼育管理の規制がもっと厳重になされるような法改正ができないと子犬工場のようなところは、戻された子達は悲惨です。内部告発などされていない繁殖業者もまだまだある可能性も。免許制にして定期的な調査報告や監視制度が必要だと感じます。

      63
      5
      テーマ:
  • 11Oct
    • 「ノネコ」殺処分、どう減らす? =山で野生化、固有種に危害―鹿児島・奄美大島

      時事通信よりhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181011-00000011-jij-soci10/11(木) 7:08配信 世界自然遺産登録を目指す鹿児島県の奄美大島。 アマミノクロウサギなど固有種が生息するが、飼われていたネコが山に入って野生化し、希少種を捕食する問題も発生している。環境省は生態系の保全を目指し、こうした「ノネコ」の捕獲を開始。ただ、飼い主が見つからなければ、安楽死させることになっており、動物愛護団体などからは「1匹でも殺処分は減らしたい」との声が上がる。 環境省奄美自然保護官事務所などによると、2008年ごろから森林内に設置されたカメラで、ノネコの繁殖や希少種の捕食が確認された。これを受け、同省や奄美大島5市町村などは、推定600~1200匹生息するノネコの管理計画を策定。捕獲した後、地元自治体が保護して飼い主を探すが、見つからなければ殺処分する内容だ。 同省は計画に基づき、今年7月から捕獲を開始。かごわなを100基設置し、これまでに16匹を捕獲した。いずれも個人や団体に引き渡されたが、奄美市環境対策課の担当者は「今後捕獲数が増え、飼い主が見つからなければ、計画に基づき、安楽死させざるを得ない」と話す。 これに対し、動物愛護団体「NPO法人ゴールゼロ」(東京都)代表理事で獣医師の斉藤朋子さん(44)は「世の中は殺処分を減らしていこうという流れ。計画は、殺処分はやむを得ないという考えだ」と反発。16匹のうち1匹を引き取った。 また、公益財団法人「どうぶつ基金」(兵庫県芦屋市)は8月、野良猫の不妊手術などを無料で行う「あまみのさくらねこ病院」を奄美市に開設。佐上邦久理事長(58)は「野良猫はノネコの発生源となる。不妊手術をすることで、ノネコの繁殖を抑え、結果として殺処分をせずに済む」と強調している。 転載以上。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。※このニュース記事のコメント欄にも是非目を通してみてください。https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20181011-00000011-jij-soci関連NPOゴールゼロのブログ奄美の自然を守る会★避妊去勢はそうなんですけれどいま現状のノネコをどうするかということですね。色々な意見の方がおりますのでね。

      60
      4
      テーマ:
    • 「台風の日にバケツの水を浴びせ竹ボウキで叩かれていた老猫を保護:緊急で里親さん募集~熊本県」

      チーム殺処分0さんよりhttps://abandonzero.blog.fc2.com/blog-entry-115.html2018-10-10人とは思えない行為。そんな人間がたくさんいます。人としての心を持っていればどうぶつの事を好きではなくても普通(多く)の人はできる行為ではない虐待。熊本県。投稿者の方によれば台風の日にバケツの水を6杯浴びせ竹ボウキで叩かれている老猫がいたので保護したそうです。↑写真出典元:ツイッター crystal_marry10さん http://bit.ly/2QGNfJE病院で検査したところ白内障で全盲の老猫でした。歯周病あり。感染症は全て陰性です10月4日に保護され10月9日まで病院で預かってもらっていましたがその後、保護主の友人宅に移動しています。ただ、その友人宅(賃貸)では2匹目以降のペット飼育は禁止されており見つかれば強制退去になってしまうそうです。緊急で里親さんを捜しています。とても穏やかな老猫だそうです。全盲ですが生活に支障はありません。動画はこちらhttps://youtu.be/4XUEsGsgH64↑動画出典元:ツイッター crystal_marry10さん http://bit.ly/2A1HqAR連絡先&情報元:ツイッター crystal_marry10さん https://twitter.com/crystal_marry1。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。ツイッターより連絡先&情報元:ツイッター crystal_marry10さん 情報を追記します。本当に【急募】です 9日までは動物病院が預かってくれています。 9日に引き取りに行きますが、そこからどうするか(リリースや保健所行きはありません)途方にくれています。#熊本市中央区crystal_marry10さんがcrystal_marry10をリツイートしました【熊本で里親様になってくださる方いませんか急募】10月9日病院から友人宅に移動し一晩過ごしましたが、友人の事情により一時預かりもできなくなりました 10月11日から病院のケージをお借りします立って歩いてます 全盲でもバリアフリーで幸せに暮らせます病院からも【穏やかで手がかからない】とお墨付きです※ご連絡などはツイッターまでおねがいします。https://twitter.com/crystal_marry1

      83
      13
      テーマ:
    • 「シェルターを作って里親さんに命をつなげる高校~福岡県立花高校」

      チーム殺処分0さんよりhttps://satsuzerozero.blog.fc2.com/blog-entry-2761.html以前から「命のつなぎ方」という授業科目を取り入れ犬猫を保護する高校「立花高校」~福岡県「高校の授業で愛護センターへ見学に行く学校:立花高校~福岡県」などで何度かご紹介した福岡県の立花高校こんどは学校内に保護部屋を作りその保護部屋で里親さんを待っていられるようにしたそうです。もちろん、これは生徒さんの手つくりという訳にはいかず大工さんにお願いした訳ですができるだけ廃材をお願いして格安で作られたそうです。↑写真出典元:立花高校「命のつなぎ方」 http://bit.ly/2A1Mrta広さは約4畳半。基本的には4頭くらいまでの保護を考えておられるそうです。これは授業の科目どおり「命のつなぎ方」の実習にあたります。生徒さんたちも休み時間に見にくる事もできます。↑写真出典元:立花高校「命のつなぎ方」 http://bit.ly/2Pql4OP防犯カメラも設置済ですので安心して保護できます。ここからたくさんの命が繋がっていきますように。-------------記事転載ここから-----------先日完成した保護小屋の様子です。出来るだけ廃材を利用したので、見た目は良くありませんが、中はなかなか快適だと思います。広さは四畳半くらいです。床がベニア張りのままなので、上に何か張りたいのですが、リフォームなどをして余って使わなくなった物をお持ちで、譲ってくださる方はおられないでしょうか?また使わなくなったキャットタワーがあれば譲ってください。大変厚かましいお願いですが、学校から出ている予算を使い切ってしまいました(≧∇≦)よろしくお願いします。里親さんの募集もしています。----------記事転載ここまで-------------記事元:立花高等学校「命のつなぎ方」 http://bit.ly/2A1Mrta※なお、保護猫が増えた時の為に古い2段ケージがあれば助かるそうです。フェイスブックページへ↓メッセージでお願いします。(里親さんの申込みも同様です)http://bit.ly/2ONmUMp送料の負担はできませんが送ってくださる方は↓こちらまでお願いします。〒811-0213福岡県福岡市東区和白丘2丁目24−43立花高校徳久 巖 教諭 宛TEL 092-606-2792※里親募集の仔の動画です。https://www.facebook.com/inotinotunagikata/videos/733962773620068/転載以上関連動画https://youtu.be/8-nYWEntsUI★こんな学校が増えるといいですね良い教育と命のリレーになりますね

      20
      5
      テーマ:
  • 10Oct
    • 神奈川県) 10匹以上の犬・猫の飼育、届け出を義務化へ 神奈川も

      sippoよりhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181009-00010001-sippo-life10/9(火) 15:30配信多頭飼育崩壊を防ぐために犬や猫を同時にたくさん飼うこと(多頭飼育)で飼育が続けられなくなる「飼育崩壊」を防ぐために、神奈川県は、10匹以上の犬や猫を飼育する場合に届け出を義務化する方針を固めた。今後、県議会に関連条例の改正案を提出する。1日の県議会厚生常任委員会で県が表明した。横浜、川崎、相模原の政令指定都市を除く県所管域が対象。動物愛護法では、所有者が飼育崩壊に至って動物の引き取りを求める場合は、原則として都道府県や政令指定都市が引き取るとの定めがある。 県によると、飼育崩壊によって県動物保護センター(平塚市)で引き取った犬猫は、2016年度は犬が1件17匹、猫が4件125匹、17年度は猫が3件63匹という。 県は「多頭飼育自体は悪いことではない」との立場だが、飼い主への支援や指導を行ううえで飼育状況を早期に把握することが必要だとして、届け出制導入に踏み切ることにした。8府県と4政令指定都市ですでに導入され、環境省の通知に基づきおおむね10匹以上が基準となっているが、県内で導入例はないという。県によると、飼い主の経済状況などを勘案して動物の引き取り手数料を減免する規定や、届け出を怠った場合の罰則規定を設けることも検討する方針。 県は厚生常任委員会で、19年4月にリニューアル予定の県動物保護センターの名称を「動物愛護センター」に変更することや、センターの維持運営のための財源確保を目的に、譲渡会などに使うセンター内の4室のネーミングライツ(命名権)を売り出す方針も表明した。11月に募集を始める予定という。転載以上★8府県と4政令指定都市ですでに導入済みです

      15
      テーマ:
  • 09Oct
    • 杉本彩さん「厳格な動愛法に」シンポ、子犬工場など事例に議論

      福井新聞よりhttp://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/7141412018年10月6日 午後5時00分改正動物愛護管理法を考えるシンポジウムで現状を訴える杉本彩さん(左から2人目)=10月4日、東京・衆院第一議員会館動物虐待などを取り締まる動物愛護管理法(動愛法)が今年改正されるのを前に、動物を取り巻く現状を話し合うシンポジウムが10月4日、東京・衆院第一議員会館で開かれた。福井県内で明らかになった大量繁殖場「子犬工場(パピーミル)」問題などの事例を基に現行法の問題点を議論。数値規制など実効性のある法改正が必要と確認した。 主催団体理事長の女優・杉本彩さんは「5年に1度の大切な法改正。至る所でネグレクト(飼育放棄)、虐待が顕在化する中、取り締まる法律が機能していないのが現状。厳格な法律に変えなければならない」と訴えた。 福井県の「子犬工場」問題の業者を虐待などの疑いで刑事告発した日本動物福祉協会の町屋奈調査員は、福井地検が不起訴処分としたことなどから民意と現行法が乖離していると指摘。「法改正では明確、具体的な飼育管理基準とし、動物虐待を取り締まれる法律へ前進することを願っている」と述べた。 京都動物愛護センター相談係長の河野誠さんは「適正(飼育)を行政職員も事業者も主観で判断しているのが現状。1人で管理可能な動物の数や施設面積、臭気基準など客観的な数値基準があれば指導しやすくなる」とした。 パネルディスカッションで、元衆院議員(自民)の藤野真紀子さんは「福井の事例を見ても、パピーミルはあってはいけない。次の5年は待てない」と強調した。 シンポジウムは杉本さんが理事長を務める公益財団法人「動物環境・福祉協会Eva」(東京)が開き、約300人が参加した。転載以上杉本彩さん「動物虐待、法律が機能してない」 愛護法改正は来年にずれ込む見通しも「闇に葬られるペット増えている」「虐待称賛の投稿が掲示板に」 杉本さんら訴え杉本彩さん、「子犬工場」に怒り すし詰め子犬工場、地獄の光景 子犬・子猫の誕生日を偽る業者 「幼い方が高く売れる」「コストかけたくない」空前の「猫ブーム」の裏に隠れた残酷な真実

      63
      5
      テーマ:
    • ウイルス蔓延で50匹が死亡した猫カフェ「モカ」 店でライブ開催、過酷な“労働環境”指摘も

      ※こちらの記事の続きです。“死んだら買い足せばいい”――猫カフェ最大手「モカ」で虐待発覚 ウイルス感染で次々と…。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。デイリー新潮よりhttps://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181009-00549706-shincho-soci10/9(火) 8:00配信猫カフェ「モカ」 ウイルス蔓延で50匹死亡! 猫カフェ最大手「モカ」の子猫虐待(2/2) 猫パルボウイルス(以下、パルボ)は、致死率が約95%、糞便や吐瀉物を介しての感染力が非常に強い病気である。が、ワクチンさえ打っていれば基本的に防げる“昔の病気”でもある。にもかかわらず、猫カフェ最大手「モカ」では各店舗で感染が相次いだ。8月には運営会社のケイアイコーポレーションが関東の全店での臨時休業を発表したが、実は以前にも感染症が見つかっていたと元社員は明かす。【写真】猫カフェの別カット「責任者が社長に営業休止を訴えましたが、社長は“猫が死んだら買い足せばいい”と言うだけでした」「モカ」での感染拡大の背景にワクチン接種の不備があるとこの社員は指摘するが、加えて、猫たちの“労働環境”についてもこう強調する。 *** ある猫カフェ経営者は、「うちは生後数カ月の子猫は、30分から1時間フロアに出すごとに、3時間ほどバックヤードで休ませています。猫は自分の体力を顧みず遊びすぎてしまうので、成猫であっても、こちらから時間を制限してあげないとダメなんです」 と話すが、先の元社員によれば、モカでは違う。「10時に開店して20時に閉店するまで、猫は免疫力が低い子猫をふくめ、10時間ぶっ通しでフロアに出され、休憩できません。モカは立地のよいところに出店しているので、来店数は1日に100人を超える。ひっきりなしに客が入れ替わる環境は、ただでさえストレス要因です」 これに対して、「ワクチンが効いているかどうかの指標を抗体価といいますが、これが上がっていない子猫が1日10時間も店に出れば、パルボに感染するのは当たり前です」 と、見解を挟むのはれいこスペイクリニック院長の竹中玲子獣医師だが、元社員の話をさらに続ける。「運営会社がスタジオ事業も行っているため、モカでアイドルやバンドのライブをやることも。大音量の音楽は、人間の何倍も耳がいい猫には大変なストレスで、みな脅えきって、翌日は何匹かが軟便になります。また、猫の欠員が出ると、他店からの補充で賄いますが、猫は縄張り意識が強く、急な環境の変化も多大なストレスになります」猫の12%が死亡 ところで、不幸にもパルボに感染してしまったら、「感染力が非常に強いので、ケージに敷く板や布類など、ウイルスが染み込む可能性があるものは、完全に処分しなければいけません」 と竹中獣医師は言うが、元社員によれば、「発症した猫のケージも捨てなければ、下に敷くボードも交換せず、消毒だけで済ませていました」 続いて、ほかの元従業員もこう告白する。「パルボ以外の病気も頻発し、子猫の致死率ほぼ100%のFIP(猫伝染性腹膜炎)で死ぬ猫も多い。毛が抜けて発疹が出る真菌という病気も見られ、これは人間にも感染しますが、モカではそういう猫もフロアに出します。モカは社長の方針で3歳以下の猫しか扱いませんが、大勢の若い猫がこういう病気で死んでいる事実上の見殺しで、従業員も苦しんでいます」 本誌(「週刊新潮」)は、ほかにも内部資料を入手した。そこには猫の死亡日、店舗、名前、性別、誕生日、猫種などが書かれており、死んだ猫の数は合計49におよぶ。「リストの作成後に死んだ猫を加えると50。これら資料によると、3年半ほどの間にモカに在籍した猫は420匹前後。その12%が死んでしまったのです」(同) 前出とは別の猫カフェ経営者が言うには、「われわれが知る猫カフェで、3歳以下の猫が死んだのは1社だけ。その会社でも80匹中2匹、つまり2・5%にすぎません」モカの運営会社は… 再び内部資料である。従業員向けのマニュアルには、〈お客様にもし聞かれた時の言い方です〉などと書かれた下に、こう細かい指示が記されている。〈・猫が亡くなった→ブリーダーさんの元に帰りました〉〈・隔離治療中→裏で休憩中です、おやすみしています〉〈・病院へ行く姿を見られて聞かれた時→定期的な健康診断です〉 さて、モカに取材を申し込むと、顧問弁護士の名で返答があった。以前にもパルボに感染した事例があったことは認めながらも、「一般的に行われているパルボウイルス対策はすべて実施しておりました。それでも今回のことが起きてしまい、感染力の強さを痛感しております」 と、モカでだけ「昔の病気」が発症しているのに他人事のようだ。そして猫の死亡率が高いことも、マニュアルの存在も否定した。 だが、あたかも収容所での苦役のような虐待は、数百万の飼い主、その何倍もの愛猫家を敵に回すことだと知るべきだろう。「週刊新潮」2018年10月4日号 掲載新潮社

      19
      4
      テーマ:
    • “死んだら買い足せばいい”――猫カフェ最大手「モカ」で虐待発覚 ウイルス感染で次々と…

      デイリー新潮よりhttps://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181008-00549694-shincho-soci&p=110/8(月) 8:00配信猫カフェがブーム ウイルス蔓延で50匹死亡! 猫カフェ最大手「モカ」の子猫虐待(1/2) ブームに便乗商法はつきものだ。猫ブームに猫カフェが流行るのは不思議でないし、猫に客が癒されるならそれもいい。しかし、癒し手たる猫たちが、その実、虐待に苦しめられ、次々に死んでいるとしたら……。癒しの光景が一転、おぞましく見えてくるのである。【写真】猫カフェの別カット *** 最近、猫が強い。猫が進んで競争に参加しているわけではないけれど、もはや犬は敵ではないらしい。ペットフード協会によれば昨年、猫の飼育数は、犬の892万匹に対して952万匹強。1994年に調査が始まって以来、初めて犬のそれを上回ったという。 室内で飼いやすい、散歩が要らない、鳴き声が小さいなど、ニッポンの“ウサギ小屋”にはうってつけである。その前に、もちろんカワイイ。だが、人気が出すぎると酷使されて、身体にも精神にも変調を来たしうるのは、人間のアイドルも、猫も、事情が変わらない――という話はおいおいするとしよう。 さて、昨今の猫好きは恵まれていて、自分で飼わなくても猫と触れ合える。たとえば、いわゆる「ドッグカフェ」は飼い犬を同伴できるカフェだが、「猫カフェ」はふらっと訪れて、そこにいる猫たちと存分に戯れることができる。 その最大手が「モカ」である。2015年2月に開店した池袋西口店を皮切りに、渋谷や原宿などに次々とオープンさせ、いまでは名古屋や京都、大阪をふくむ13店を展開。「王様のブランチ」をはじめテレビ番組でも頻繁に取り上げられ、AKB48のメンバーも、訪れては、その様子をSNSにアップしている。〈猫パルボウイルスがまん延〉 試みに「モカ」原宿竹下通り店を訪れた。強い色彩の部屋と、白で統一された部屋に分かれ、合わせて学校の教室より少し狭い程度だろうか。“接客”する20匹ほどの猫のかわいさは掲載の写真の通り。客が続々と訪れ、すぐに30人ほどがあふれ返った。猫の“ホステス”や“ホスト”はマイペースで、客が500円のおやつを買うと、接客を放棄して一斉に集まってくる。場所柄か、客の3人に1人は外国人観光客。料金は10分200円で、ドリンクバー代が別途350円。記者は2人で2時間滞在し、5千円ほど支払った。 ところで、「モカ」といえば、運営会社のケイアイコーポレーションが8月2日、翌日から関東の全店を臨時休業すると発表し、話題になったのが記憶に新しい。 きっかけは、SNSに、内部の人のやりとりと思しき、〈猫パルボウイルスがまん延していて、4日間で4匹死んだ〉〈他の猫も感染している疑いがあるのに、社長が営業を中止してくれず〉といった書き込みや画像が投稿されたことだ。 同社の説明では、猫パルボウイルス(以下、パルボ)の感染症が、立川店で最初に確認されたのは7月26日深夜。感染を公表せずに営業を続けていたわけで、そのことが批判され、猫好きたちの心を痛めたのだ。 ところで、パルボとはどんな病気なのか。れいこスペイクリニック院長の竹中玲子獣医師によると、「糞便や吐瀉物を介して感染し、感染力は非常に強く、致死率は約95%。白血球が減少し、多くは3、4日で死んでしまう。菌が非常に強く、次亜塩素酸で消毒する必要があります。人には感染しませんが、猫の糞便が人の手に付着し、その手でほかの猫に触るとうつる。猫は自分の肛門を舐めた口で毛づくろいするので、体をなでたときに糞便が手に付着する可能性も考えられます。ですから、パルボが出たのに休業しなかったのは、非常に危険です」 この病気の恐ろしさがよく伝わる。モカを訪れたばかりに、飼い猫にパルボをうつしてしまった人がいた可能性も否定できない。だが、一方で、竹中獣医師はこうも言うのである。「ワクチンさえ打っていれば、 基本的には防げるので、“昔の病気”というイメージです。ワクチンを打っていない、 極めて劣悪な環境、多頭飼育、などの条件が重なった場合にのみ感染するという認識です」 それなのに、「モカ」立川店の猫は、なぜパルボにかかったのだろうか。「昔の病気」が続々発症 それを検証する前に、捨て置けない記述を紹介しておく。本誌(「週刊新潮」)が入手した、「モカ」各店の社内チャットによる業務日誌からの引用である。たとえば、17年11月29日付には、〈現在、竹下店と新宿店でパルボが出てしまっています。感染を広めないために、パルボ店舗へ用事がある際は最後にまわる。どうしてもパルボ店舗から他店舗へ行く際は、着替えをするなどご協力よろしくお願いいたします〉 等々書かれている。遡って16年7月12日付にも、〈茶スコがパルボウイルスというものに感染しました。致死率とても高いです〉 立川店で感染が発覚する直前の今年6月4日にも、〈先日渋谷店でパルボが出てしまいました。店舗全体清掃はしましたがもしもの事がありますのでしばらくは行かないようにした方が良いかと思われます〉 と記されている。「昔の病気」であるなら、こうも頻繁に感染するのは、異常事態というほかない。元社員が証言 最近まで「モカ」に勤めていた元社員が、重い口を開いた。「今回は内部告発があって話題になったので、いやいや公表しましたが、実はモカではこれまでに、6店舗でパルボの感染症が見つかっていました。渋谷店、原宿竹下通り店、新宿店のほかに、池袋西口店、同東口店、いまは運営主体が変わっている『僕と猫。』秋葉原店です。今回、立川店で7匹が死んだので、全部で20匹近くがパルボで死んだことになります。ところが、以前の6店舗のときは、社内チャットで情報は共有しても、店を閉めたり公表したりはしませんでした。新宿店でパルボが出たときは、責任者が社長に営業休止を訴えましたが、社長は“猫が死んだら買い足せばいい”と言うだけでした」 ちなみに、ある猫カフェ経営者に尋ねると、「野良猫を扱う“保護猫カフェ”では時々、感染する猫がいるけど、ワクチン接種でほぼ100%防げるので、普通の猫カフェで感染したケースは、これまでほかにないはずです」 とのこと。なのにモカでは頻繁に感染しているのだ。再び元社員が打ち明ける。「このワクチンは生後2カ月で1回目、その2、3週間後に2回目を打ち、その後は体に馴染ませるために最低1週間休ませます。ところが、モカでは1回目のすぐあとに2回目を打ったり、2回目を打った翌日に店舗に出してしまったりするので、ワクチンが効果を発揮しない。実際、立川店で死んだ7匹は生後数カ月の子が中心。ワクチンが効いていなかったことが原因だと思われるんです」 竹中獣医師も補足する。「ワクチンを打った翌日に店に出したら、打った意味がまったくありません」 加えて、元社員が強調するのは、猫たちの“労働環境”についてである。(2)へつづく「週刊新潮」2018年10月4日号 掲載転載以上関連記事「みんな泣きながら働いてた」 猫カフェ「MOCHA」で猫パルボウイルス発生、店員が悲痛な訴え 

      52
      5
      テーマ:
  • 08Oct
    • 愛犬と一緒にEU離脱反対、ロンドン中心部で「ウーファレンダム」行進

      AFP=時事よりhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181008-00000032-jij_afp-int10/8(月) 18:32配信英ロンドン中心部で、英国のEU離脱(ブレグジット)に反対し再度の国民投票実施を求めるデモ行進に参加したペットの犬と飼い主ら(2018年10月7日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News 【写真17枚】メイ首相に「犬の署名」付き請願書を提出【AFP=時事】ハスキーにチワワ、ボクサーやビーグルも──英国の欧州連合(EU)からの離脱(ブレグジット、Brexit)に反対しEU残留を訴える市民らが7日、総勢数百匹の愛犬と一緒に英ロンドン中心部をデモ行進し、EU離脱の是非を問う国民投票の再実施を求めた。犬の鳴き声をもじって「ウーファレンダム行進(Wooferendum March)」と題したデモは、2016年の国民投票の際の残留派が中心となって結成された超党派の運動「国民の投票(Peopl e' s Vote)」が主催し、英国会議事堂前まで行進。政治家や俳優たちも、愛犬を連れて参加した。参加者の中には、猫の飼い主や、犬のコスプレをした人の姿も。 主催者はその後、盲導犬と一緒にダウニング街10番地(10 Downing Street)の英首相官邸を訪問し、「犬たちと飼い主たちの署名」の入った再投票の請願書をテリーザ・メイ(Theresa May)首相に提出した。EU離脱に伴い、英国はEUの「ペットパスポート」政策の対象から外される恐れがある。ペットパスポートは、申請登録したペットたちが、飼い主と一緒にEU域内を自由に旅行できるシステムだ。対象外となれば、EU加盟国へのペット同伴には煩雑な手続きと長い準備期間が必要となる。また、ペットフードの輸入や英国内の獣医師不足など、EU離脱による影響を心配する声もある。【翻訳編集】 AFPBB News転載以上。★渡航ができず、また獣医師の不足などの懸念が・・・問題ですね。

      44
      2
      テーマ:
    • 『犬と猫の向こう側』上映会&トークイベント~東京フジテレビ マルチシアター 

      みなしご救援隊ブログよりhttp://blog.livedoor.jp/inunekoblog/archives/52533726.html『犬と猫の向こう側』上映会&トークイベント日時10月28日(日)13:00~16:00(開場12:30)場所フジテレビ マルチシアター東京都港区台場2丁目4番8号 フジテレビ1F フジテレビモール内イベント内容★BSフジで放送された『犬と猫の向こう側』特別編を上映★上映後に山田あかねさん&中谷百里の30分〜1時間のトークイベント★トーク後にサイン会など参加費1人1500円でお申し込みは先着順。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。席には限りがあります。申し込みは扶桑社HPからhttps://reg26.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=nek-njldl-c6bda5762f94a906646c12076e99a066。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。既に定員数に達したようですね。※10/10追記 こちらもお読みください栃木拠点・10月8日10月28日(日)のお台場での『犬と猫の向こう側』上映会&トークイベントお申し込み開始の翌朝にはご予約が終了したみたいで申し訳ありませんでした。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。予約が取れなかった方々とはどこかで一席もうけるとかなんとか手はないものかと考えたのですが23日(火)から九州TNR一斉があって27日(土)に広島に帰るので翌28日(日)朝一番の可部線で家を出てもお台場12時入りは危うい感じだし帰りもダラダラする時間もなく新幹線に飛び乗らなきゃ柳瀬(うちのあたりの旧地名)まではたどり着けんし・・・広島の柳瀬とゆ~たら私ら子供のころは《泊りがけ》行くような場所でねよもや大人になって柳瀬に住むようなことになるとは・・・(笑)そんなとこなので公共交通機関は《ほぼない》ですからね・・・・・・なので申し訳ないです。またの機会によろしくお願いいたします。関連犬と猫の向こう側 (扶桑社新書) | 山田 あかね |本 | 通販 | …https://www.amazon.co.jp/%E7%8A%AC%E3%81%A8%E7%8C%AB%E3%81%AE%E5%90%91%E3%81%93%E3%81%86%E5%81%B4-%E6%89%B6%E6%A1%91%E7%A4%BE%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E5%B1%B1%E7%94%B0-%E3%81%82%E3%81%8B%E3%81%AD/dp/4594080413

      29
      4
      テーマ:
  • 06Oct
    • 10/7譲渡会を当院で行うことになりました。オールペットクリニックさん

      オールペットクリニックさんよりhttp://all-p-c.com★譲渡会開催のお知らせ★院長が理事を務めるはーとinはーとZRの譲渡会を当院で行うことになりました。ぜひお越しください♪日時 10/7日曜日時間 11:00-14:00...場所 オールペットクリニック ケアルーム   東京都港区西麻布2-4-9http://all-p-c.com★HP上で、「夜空の輝き」を連携してくださっているオールペットクリニックさんで譲渡会が開かれます。是非ご参加ください。院長様は東日本大震災の折にも石巻で活動をされていました。動画)https://www.facebook.com/252360934796431/videos/vb.252360934796431/141754115918799/?type=2&theater一般社団法人 はーと㏌はーとZRhttps://ameblo.jp/hartinhartdog/気になる子がいましたら、ホームページよりお問い合わせください。里親様募集中のしっぽ達のプロフィールは こちら 

      65
      6
      テーマ:

プロフィール

夜空

自己紹介:
世界中の生き物情報をお伝え致します。 動物たちの現実を知っていただければと思います。

続きを見る >

フォロー

最新の記事

一覧を見る

最近のコメント

月別

一覧を見る

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス