なぜゴッホは貧乏で、ピカソは金持ちだったのか? | Nichi(ニチ)のビジネス日記

Nichi(ニチ)のビジネス日記

株式会社フラットインターナショナルという会社で IT,web サイト(ホームページ),スマホアプリ等の企画、制作や貿易、エンターテイメント事業(映像、音楽、プロデュース、マジック)などの事業を中心に活動しています。
事業や日々の出来事を書いていきます。


テーマ:

こんにちは、ニチ(Nichi)です。

 
昨日、あるブログで

花粉症にはワセリンがいい!!

ということだったので

ベビーワセリンを買ってみましたキラキラ


使い方は

目や鼻の周りに塗って

鼻水などが酷い人は

綿棒などで鼻の中にも塗っておくといいみたいです。

私も使い始めて初日ですが

飲み薬は使わないでも、中々いい感じです。

今のところ鼻水も出てないし、くしゃみも大丈夫です。

(目のかゆみもありません。)

ベビーワセリンのおかげかどうか

まだわかりませんが、

なるべく薬には頼りたくないので

しばらくこれでいこうかと思っていますグッ

ベビーワセリンを購入されたい方はこちらからどうぞ爆笑



本文の前にまずは
人気ブログランキング応援(クリック)お願いします!
人気ブログランキング応援クリック

クリックありがとうございます!m(._.)m


最近

なぜゴッホは貧乏で、ピカソは金持ちだったのか?


という本を読んでみました。


芸術(絵画など)には明るくないので

ピカソがお金持ちだったことすら知りませんでした。

(他の画家とかと同じく生前は売れない画家だと思ってましたアセアセ


ピカソが亡くなった時の遺産の評価額は

日本円にして


なんと




約7500億円



にものぼったそうです。

(しかも当時の評価額で!!)


当時、アメリカの景気も影響していて

芸術の世界にも莫大なお金が流れ込んで来るタイミングと重なっていたのもありますが

ピカソの

自分自身自分の絵の価値をどうしたら最大限にできるか。

これが全てに大きく影響して

ピカソは富と名声を手に入れたのでした。


この本の内容はピカソとゴッホの話というよりは

お金などの本質的なこと

そしてこれからの資本主義がどうなっていくのか

など

とても参考になる内容でした。


よく言われている

お金 = 信用

ということが、より理解も出来ますよ。

また本の中に

信用度の公式が出てきたのですが


信用度 = (専門性 + 確実度 + 親密度)/ 利己心


とっても現実的で説得力ありますよね!!

(本の中では公式だけでなく、細かく解説してくれています)


一度は読んでおいて損はないと思いますグッ

マジシャン ニチのLINEスタンプもよろしくお願いします

Nichiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス