大野カズミのひとり言

オーダーメイドサプリのオンラインショップ【ドクターあいサプリメント】 運営会社オーエスケー合同会社代表:大野カズミ 趣味のランニングや食べ物のことなど、頼まれもしないのにうんちく?を傾けながら日記にしています


テーマ:
Wカズミな夜・・・(^^♪

 

 

渡辺香津美

(ギタリスト・コンポーザー・プロデューサー)

1953年東京都渋谷区生まれ。血液型A型。

名実ともに日本が世界に誇るトップ・ジャズ・ギタリスト。

17歳で衝撃のアルバムデビュー。

驚異の天才ギタリスト出現と騒がれて以来45年にわたり、

常に最先端インストゥルメンタル・ミ ュージックを創造し

第一線で活躍。

その速いテンポで繰り出される魅惑のアドリブと芳醇な旋律、

演奏技術を緻密に組み合わせることで、

音の一つ一つに豊かな表現力を含ませ、

独自の<カズミサウンド>を創り出すことでも定評がある、

まさしくワン・アンド・オンリー

 
大野カズミ
(アメーバブロガー・ランナー・経営者)
1959年埼玉県川越市生まれ。血液型B型。

名実ともに日本が世界に誇る事はあり得ないブロガー

51歳で衝撃のアメブロデビュー。

驚異の天才ブロガー出現と騒がれる事無く7年にわたり、

常に最先端とは縁の無い独断と偏見に満ちた世界を創造し

第一線と言うよりごく限られた読者に支持されて活躍。

その速いテンポで繰り出される疑惑のウンチクと芳醇な悪舌、

オヤジ感覚を緻密に組み合わせることで、

言葉の一つ一つに豊かな表現力を含ませ、

独自の<カズミの世界>を創り出すことでも定評がある、

まさしくワン・アンド・オンリー

 

 
地元埼玉県でのライブ
渡辺香津美氏はデビュー時からのファンです
 
コピスみよし(三芳町文化会館)

https://www.miyoshi-culture.jp/coppice/

 
 
 
会場を待つ間に施設内の福祉喫茶ハーモニーで軽く1杯

小江戸ビール(白)が何と300円!!!

 
 
 
 
素晴らしい演奏後(特にアンコールされたラストが圧巻!)
ホールの外でCDを購入してサインの列に並びます
 
 
 
あ、沖仁氏のCDも購入
 
 
 
 
そして他のお客さんがまばらになったところで
浅からぬご縁があるので楽屋に入れて頂き
待ちに待ったツーショット!!!(感激!)
 

 

家宝にします(^o^)♪

 

 

コピスみよしはとても親切な施設です
最後の1客までシャトルバスが待ってくれました

 

 
素晴らしいギターの競演に酔った後は
美味しいお酒に酔いたくなります
 
大衆割烹TAKEYA@川越
食前酒(芋焼酎の炭酸割り)とお通し(おから)

 

 
 
 
基本的にこのお店ではお酒はお任せ
料理をひととおり頼んで適当に出してもらいます
 
とりビーは抜きにしてまず頂いたのは

秋田 秀よし 生酒
ふくよかな旨みとすっきりした香り
 
その後

上尾(埼玉)  文楽  純米酒
豊かな米の香りとコクのある飲み口

 

 
 
 
 
ポテトサラダ
ま、、、ふつー(^-^;
 
 
 
かすべの煮付け
かすべはふっくらと煮込まれて美味
彩りの野菜のあしらいも良い感じです
 
 
 
フグの天ぷら
 
 
 
ぶりカマ
脂の乗りがちょうど良い
 
 
 
 
ラストはこのお酒
 
 
日本酒度+21 
超辛口だけど意外なほどふくよかな味わい
おでんに合います
 
 
 
 
お腹も心も酔い気持ちになって帰宅
 
たまには本物の音楽を聴かなくちゃね!
 

ダイエットの入り口はこちらです

生活習慣も含めてアドバイス
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
オーダーメイド 【 ドクターあいサプリメント 】 大野カズミのブログ-そのサプリ本当に必要?

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
上州武尊山スカイビュートレイル70  
ゴールまで
 
《大会HPより》
コースは日本百名山・山岳信仰の山でもある上州武尊山(2158.3m)の
雄大な眺めを楽しみながら、 その周辺町村、川場・みなかみ・片品を
巡るコースで本大会の為に伝説の古道や埋れた登山道を復活させた
厳しくもロマンあふれる「旅」が楽しめる自然豊かなトレイルです

順位やタイムといった結果だけでなく上州武尊山とその自然が育んだ
素晴らしい景色を楽しんでいただき愛される大会として育てていきたい
と願っています

 

 

 

募集定員は500名だったけど

ざっくり見渡してその半分くらい

実際にスタートしたのは268名でした

 

6:00にスタート

一気にこのスキー場のてっぺんまで登ります

 
IMG_20170924_181906288.jpg
某ラン友さん曰く
スキー場のゲレンデは、滑り降りるものであり
走って登るところじゃ無い

 

 

・・・納得

 

先の事を考えると走る気にもならずゆっくり歩きます

写真の見た目よりかなりな急勾配(>_<)

スタート時は163位
 
 
 
スキー場をゼイゼイと登り切って
ドーンと降りるとキャンプ場
ココにはトイレや自販機もあります
 
キャンプ場からは武尊神社に続きます
ここから再び緩やかに登り始めますが
「ピークは武尊だけどエグイ登り下りは続くから・・・」
ブリーフィングでのアドバイスに従い歩きます
 
武尊山への登りは徐々に急勾配となり
徐々にぬかるみが酷くなり
徐々に心拍数がピークに近づきます
 
渋滞回避の為に斜面を削ってこんな梯子を下ります
これ結構怖かったなぁ・・・
この他にも笹薮を削って新設したルート多数

主催者と地権者との合意があったのでしょうね

大会開催への意欲を強く感じました

 
11km程を苦しみ登って武尊山頂です
まだ余裕?
いや、もう十分登山を堪能しました(;´・ω・)
 
 
天気が良ければこんな眺望が望めるのに、、、
日本百名山・山岳信仰の山でもある上州武尊山(2158m)
 
 
 
曇りです
な~~~~んにも見えません
 
 
 
まあ、雨が止んだだけでもありがたいかな
 
武尊山からの激下りもまたしんどい!
その上ぬかるみはますます酷く
足首まで泥に埋まり時には靴が脱げる程
 
昨年の雁坂峠でも思ったけど
泥んこ登山は苦手だぁ~~~
(得意な人はいないかw)
 
そもそもこのコース全体的に
平坦な稜線のトレイルなんてほぼ皆無
ひたすら激登と激下り(それも長い)
 「走ると言うより山登りの大会」
って、、、誰かが言っていた通りです
 
 
 
【A3(第一関門)武尊牧場キャンプ場】

制限時間6時間30分(12時半関門封鎖)

 

スタートから18.2km 
4時間55分もかかった、、、
疲れた、、、
順位も163⇒193位へと後退
だらだらと後続のランナーに抜かれて
完走への意欲が薄れてきました
 
 
この大会のコースの特徴はスキー場巡り
山道じゃなければスキー場のアップダウン
体育会スキー部の夏合宿じゃないから!

 

こんな感じで登って

 
 
 
こんな感じで下ります
自分の順位でスキー場を走って登るランナーは皆無
でも草原の下りは意外なくらい気持ち良く走れました
まだまだ行ける!
下りでヘタレずに走っていたら順位が上がってきました
 
 
武尊山の下りあたりで晴れ間が見えます!
見事な山の景色 見れて良かった~♪
 
 
 
そしてまたスキー場下り
ここを下り切ったら第二関門です
 
【A4(第二関門)31.2km片品高原スキー場】

制限時間10時間30分(16時半関門封鎖)

 

ここまで7時間18分 

少し走れた まだ走れた 結構頑張ってる

偉いぞ!自分。褒めて遣わす・・・

順位が193⇒168位へとアップしました

 

 

このエイドはFUNTRAILSが運営しています
代表の奥宮さんが逆走して応援ラン!
ハイタッチしてもらって元気をもらいます

 

さほど気温が高くなく走りやすくて助かりました

胃腸がまったくやられなかったのと

充実したエイド食のおかげでエネルギーも十分

足りないのは練習量と実力・・・(;^ω^)

 

A4からA5までは約18kmと長いのですが

途中8kmほどにウォーターステーションがあります

 

 

 

【W2  39.2km 十二様 】

ここまで11時間10分 

順位が168⇒150位へとさらにアップしました

 

 

「水も食糧もそんなに背負わなくても大丈夫」

昨年70で優勝した方の言葉を思い出します

思いきって1.5L背負っていた水の半分を捨てました

ハセツネとは大違い 助かる~~~

 

 
 
【A5(第三関門)オグナほたかスキー場47.2km】
制限時間15時間30分(21時半関門封鎖)

 

ここまで11時間10分 

順位が150⇒143位へとさらにアップしました
 
 完走出来るのか!?気持ちが一番ぶれたところです
もう本当にここでDNFでも良いかと一瞬思うも
豚汁2杯とおにぎり2個食べたら元気になった!
 
なんだ、よーするに単なる空腹か?
いやいや、もうかなり脚にきてます(´;ω;`)

 

 

自分が早くなっているんじゃなくて
落ちていくランナーが増えているだけです
ウルトラってやっぱり「あきらめたらそこで試合終了だよ」
 
時間はたっぷりある!絶対完走するぞ!
リタイアする言い訳を色々考えていたのに
何故か急にやる気が出てきました
 
ここでヘッドランプを装着してナイトランに備えます
 
 
 
【A6(第四関門)赤倉林道分岐 56.6km】
制限時間18時間00分(午前0時関門封鎖)

 

ここまで12時間59分 

9.4kmを1時間50分で走れました

関門に対する大きなアドバンテージ

完走の可能性が大きくなった事を感じます

 

この大会で最も「走った」感がある区間でした

順位が143⇒121位へとまたさらにアップしました
 
この先はさほど急な昇り降りはないかな?
などと期待した自分がバカだった!
 
ロープや立ち木にすがらないと進めない急坂
いや坂と言うより崖でしょ!?
ラン?走る?冗談じゃない!
 
 
もうとっくに登りの脚は売り切れ
下りだけは辛うじて走ります

 

A6からゴールまでは長いです
19.2kmもあります
ゴール前5km地点にウォーターステーション
最後の給水、命の水だ!!
 
「この先は下り基調です。頑張ってください」
スタッフの声援を頂いてゴールを目指します
 
長かった~~~あと少し、下りなら楽かな?
 
 
・・・
 
登りも結構ある
 
 
・・・
 
 
下りって言っても真っ暗闇の崖下り
聞いてないよ~~~(ToT)" 怖い
 
 
時折120のランナーが追い越していきます
この時間帯に追いつかれるのはトップクラス
さすがに素晴らしい走り方です
自分たちが恐る恐る下る急坂を一気に走る
 
そして、、、
下りの脚も売り切れて気持ちだけで走ります
いや、もう下りも平たんも走れない、歩きます
 
 
ここまで来たらケガしないでゴールを目指そう!
な~~~んて思っているとけがをする(´;ω;`)ウゥゥ
 
 
少しガスが出て視界が悪くなりました
いつの間にかわずかにコースを外れて
暗くて気付かず切り株に脛をぶつけました イタイッ!
軽い裂傷程度だから幸い走る事は出来そうです
 
最後の最後まで激坂、ちょっと登ってがーっと下ります
 
5~6人が並んで歩きます 
登りも下りも誰も前に出ません
誰しも疲れきって言葉もありません
もう十分、今さら走って怪我したくはない
みんな同じ気持ちかな?ゴールは近いはず
 
 
街の明かりが見えてきました
車道に出るとホッとします
約1kmずっと下りです 走ります
 
 
スタッフの誘導灯が見えました!
川場大橋 「渡ったらゴールですよ」スタッフの声
「ありがとうございます!お世話になりました!」
 
本当にこんな長時間のスタッフは大変です
感謝しかありません
 
【ゴール 川場村中央公園 75.8km】
 
 
17時間40分13秒
総合順位 115位/268名
A6の121位からさらに6人抜いて115位
男子50歳以上の部 19位/77名
 
がんばったぁ~~~!!!
終盤は本当にボロボロだったけど
立ち止まる事はなかった 動き続けた
 
 
主催者側の一生懸命が伝わる良い大会です
エイドもしっかりしているしトイレ等にも問題はなし
 
ただ、、、コースがエグイだけです(笑)
スキー場は・・・
リフトで登って滑って降りるのが正しいと思う(笑)
 
制限時間の24時間は十分すぎる余裕があります
でもこのコースはエグすぎます
ゆっくりと楽に走れる区間がとても少ないです
完走難易度は低いけどコースのキツさは
ハセツネ以上!奥久慈以上! エグエグです
 
 
コース設定にはもの凄い努力を感じます
渋滞回避のためのルートを新設したり
梯子をかけてロープを張って橋を作り
1kmごとの表示を立てて(コレびっくりです)
恐らく誰一人道を迷わない程の案内表示
もの凄い意気込みを感じました
 
ただ70の場合、、、
駐車場とスタート地点(宿泊地点)が離れていて
無料のシャトルバスで1時間40分
 
ゴール地点から駐車場までがまた遠く
再び無料シャトルバスに乗って30分
 
スタート時間とかゴール時間を考えると
公共交通機関での参加はかなり難しい
 
このあたりを改善できるコース設定なら
もっと70の参加者は増えるんじゃないかな?
 
さて、来年ですか?もう1回?
今日の自分の場合・・・
気持ちがGOでも全身の筋肉が拒否しています(笑)
 
キツイけどとても良い大会でした
ありがとうございました!
 
おしまい


ダイエットの入り口はこちらです

生活習慣も含めてアドバイス
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
オーダーメイド 【 ドクターあいサプリメント 】 大野カズミのブログ-そのサプリ本当に必要?

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
上州武尊スカイビュートレイル70  スタートまで

 

ところで、、、70と言っても実際の距離は75km
5月の奥久慈60も青梅高水30もそうだけど
なぜトレラン大会は距離の表現がアバウトなのか?

 

 
 
お話は戻って前日
レンタカー屋に向かう列車が遅延
時間がないので昼飯は駅蕎麦(笑)
 
川越からはクルマで1時間40分程
70参加者の前日駐車場「川場スキー場」
ここからバスで高速経由で1時間半位移動
スタート会場の「宝台樹スキー場」へ
 
偶然ちーちゃんと一緒♪
※大学時代同じサークルでした
 
宝台樹スキー場でブリーフィング
&装備品チェック
ポイズンリムーバーまで現品確認されました
 
ブリーフィングを待つ間に・・・
いきなり「おでん」が振る舞われます!
熱っくておいしかった!!!助かった!
 
さらに地元のお土産を頂きました
マンナンライフは群馬の会社
好物の生ドラ焼きは翌日までの賞味期限(;´A`)```
 
 
 
トレイルランナー星野さんのコース説明
大変役に立ちました!聴いて良かった!
 
 
宿泊先の「ロッジ宝台樹」
宝台樹スキー場からは徒歩ですぐ
 
 
 
8畳2間に3人の相部屋ですが
たっぷりと眠れました
 
 
宿の晩飯
サービスのビールですが1本だけ
 
偶然昨年70で優勝した方が同宿
隣の席だったので色々と話を聴けました
 
レベル高過ぎで参考にならないけど(笑)
でもやっぱり大変参考になりました(^O^)/
※今年も優勝!素晴らしい!!!
 
 
 
当日は4時に起床
宿のおにぎり弁当とバナナで朝食
ボリュームたっぷりで持参の食料は摂らず
 
宿のクルマでスタート会場まで送っていただく
実は歩いても5分の距離(笑)
雨が降っていたし坂道だからね、、、
※この後いやなくらい坂道は登るからw
 
 
スタート前の太鼓の応援
 
 
 
前日からの大雨も小雨になり
(夜中に目が醒めるくらいの土砂降り)
スタート時には止みました
 
 
ちーちゃんと
 
6:00スタート
定員500名のはずだけど少ない、、、
実際はその半分強といったところかな?
 
スタートするといきなりスキー場の直登(オエッ)
走って登るランナーは極わずか
自分もちーちゃんと話しながら・・・
でも直ぐに置いていかれました( ̄▽ ̄;)
 
つづく
 


ダイエットの入り口はこちらです

生活習慣も含めてアドバイス
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
オーダーメイド 【 ドクターあいサプリメント 】 大野カズミのブログ-そのサプリ本当に必要?

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。