睡眠工房・川村ふとん店の布団職人ブログ

みなさん、こんにちは。

睡眠工房川村ふとん店の店長です。

当店では、薬品を使わない良質な天然素材を使用した商品サービスを通して、冷性、腰痛、不眠などで眠ることへの不安を感じていらっしゃるお客様に、眠ることの楽しみ、爽やかな目覚め、心にゆとりある楽しい生活という喜び、幸せを伝えてゆきます。


睡眠工房川村ふとん店 ホームページはこちらから!

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

KKBふらナビの取材




今日は、朝からKKB鹿児島放送の取材日でした。お布団の出来上がるまでの過程を、お茶の間に伝えて頂ける事はとても有り難いです。

放送は9月19日土曜日の午前9時30分からの「ぷらナビ」のコーナー「かごしまご長寿店」の一枠です。高齢の両親も登場しましたよ。

恥かきます!お楽しみに!

http://www.kkb.co.jp/planavi/

イベント




9月に予定の小さなイベント。

プレゼントはカナンのパン。店主が朝早くパン屋さんに行って焼き立てを買ってきます。

当日は、ご来店くださった、いつも応援してくださるお客様に、店主が直接お配りします。

今日は、試食と写真撮影の日でした。

定休日

20年ぶりに定休日を日曜日から水曜日に戻しました。
子供も大きくなって日曜日だからって一緒に行動することもなくなったのがその理由です。

 

そしてコロナウイルス対策として、みなさんにお出しするお茶も紙コップに変更しました。沈静化するまでの間ご迷惑をおかけします。

 

 

 

 

 

後世に伝えたい 綿布団職人

川村ふとん店チャンネルつくりました。

どうぞ、店主の布団作りの想いをごご覧ください。

 

 

 

アウトドア敷布団

店主が、ソロキャンプを始めて8ヶ月。
キャンプの事を一から教えてくれた、キャンプ歴10年の同級生、久保君へのプレゼント。
冬キャンプは、背中が冷えるので重宝します。世界に一つだけの店主手作りです。
 
 



 

綿作り

 

 


布団職人も、今では全国でも珍しい職業になりました。
そんな職人さんの中でも材料である綿まで自分で作るという人は、そうそういないと思います。

全て同じように見えますが微妙に違い、掛け布団用、敷布団用、隠し味用に別れます。

若いときから父に教わりながら独自の感覚で覚えてきたもの。今日はそんな作業の日でした。

「そんな効率の悪い作業はやめたほうが良い」と何人もの人に言われ続けてきましたが、昔ながらの綿布団の愛好者がいる限り続けさせて頂いています。

 

眠りのお話しワークショップ行いました。

 

6月12日水曜日、「少人数による店主の眠りの話しワークショップ」を行いました。

良い話が聞けたと好評でしたよ。これからも定期的に行いたいと思います。

 

この日の夜は、地元のあいらびゅーFMでもお話しさせていただきました。口下手な店主には良い修行に一日となりました。ワークショップ

 

 

 

6月12日(水)は、少人数による「睡眠の話し」ワークショップ

お知らせです。

 

 

睡眠の話し

睡眠の話

 

今日は、霧島市の元気塾で睡眠の話をしてきました。

先週の火曜日もお話をしてきたので今回が2回目です。

 

みなさんの、健康のお役にたてれば、とても嬉しいです。

次回は、来週の木曜日に予定しています。

 

 

 


睡眠の話

綿作りから、気の遠くなるような作業も・

 

 

インドのアッサム地方から綿花が入荷しました。

本来、布団職人は綿花から布団用の綿を作るという

気の遠くなるような作業は行いませんが、

 

当店では、時間はかかりますが、とても大切な作業だと思っています。

自分で触って、綿花の出来栄えを確認すること。

本当の一歩を大切にしています。

 

入荷した綿花は、製作する分ずつしっかり天日干しします。

 

 

 

 

 

 

綿花

天日干し

工場

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>