奄美ノネコ譲渡認定団体となる | ねりまねこ・地域猫

ねりまねこ・地域猫

地域猫活動を推進するNPO法人ねりまねこのブログ
練馬区公認ボランティア、東京都動物愛護推進員

本日のねりま区報

 

 

動物愛護週間(9/20-26)の時期に

犬・猫を飼うときのルールとマナーを

毎年、掲載しています。

 

くりかえし、啓発して、

あたりまえになっていくのです。

 

 

 

【奄美レポート5】

 

2日目の午前は

ノネコセンターで

認定団体の講習を受講しました。

 

先日、譲渡認定証が届き、

晴れて、ノネコの引取りができるようになりました。

 

 

元々あった建物をリフォームして使っています。

 

 

内部は非公開なので、

報道関係者に公開された時の写真をリンクします。

 

 

この写真よりもさらに

ケージ間の仕切り

防水カーテンなど

感染症予防の対策がとられていました。

 

 

建物内はクーラー完備で

職員さん達が丁寧にお掃除されて

衛生的でした。

 

 

ノネコは感染症予防のため、

エイズ白血病のキャリアとノンキャリアで

部屋を2つに分けられるようにしています。

 

最大収容数は

キャリア・ノンキャリアが

それぞれ25匹までです。

(これまで満室になったことはありません)

 

 

行政が管理する動物収容施設によっては、

譲渡可能性が高い個体の

収容期間を延長することもありますが、

 

 

ノネコセンターは

獣医師ではない、

一般の事務職員が管理しています。

 

 

命の選別をすることは困難なので

現状は1週間の期限が定められています。

 

 

この施設で、実際にノネコに関わり

命をつないでくれている人達こそ

誰よりも、生存の機会を

願っているのかもしれません。

 

 

 

ノネコは島外の人達が

必死で引き出しているので

まだ一頭も殺処分されていません。

 

 

 

【建物の表に掲示されていた啓発ポスター】

クロウサギを守ること、捨て犬・猫、交通事故の注意などが描かれています。

 

 

講習は

行政職員と

講師のお二人から受けました。

 

 

猫の飼育方法

ノネコの注意点(健康、馴化、脱走防止など)

猫の病気、人畜感染症、

 

 

奄美の飼い猫条例

災害時のペット同行避難など

 

 

「宣誓!無責任飼い主0(ゼロ)宣言!!」

 

 

「ペットフードについて考えよう!!」

 

鹿児島県 猫の飼い方

 

 

つづきます

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

【9月の講演】

東大和市 飼い主のいない猫対策セミナー

9/28(土)午後2時~4時半

&カッパちゃん写真展

講師:地域猫活動アドバイザー石森信雄氏、

NPO法人ねりまねこ

 

 

******

福島県 

いのちの授業(猫)

&カッパちゃん写真展

 

9月29日(日) 午後2~4時

ラコパふくしま5階 会議室(福島県福島市仲間町4−8)

テーマ  「地域猫・のらねこ問題」(仮)

主催 SORAアニマルシェルター

9月29日  いのちの授業(猫)

 

申込みフォームはこちら  http://urx3.nu/TvUJ

 

******

 

山形県動物愛護フェスティバル

9/28(土)10-13時

文翔館

カッパちゃん写真展

******

9/28(土)-29(日)愛知県大口

カッパちゃん写真展

 

主催:ざまねこ、座間市教育委員会

******

 

10/13(日)

13-16時 

サニープレイス座間

 

 

 

*********

練馬のかわいい子猫が20匹以上!

 

お申し込みはこちらから↓

里親サイト「ペットのおうち・ねりまねこ」

 

左:メスゆきちゃん、右:オスあんずくん、仲良し兄妹です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

下のバナーをクリックすると

ランキングの応援になりますヽ(^o^)丿