引取り屋、安楽死、遺棄、虐待、実験動物、 | ねりまねこ・地域猫

ねりまねこ・地域猫

地域猫活動を推進するNPO法人ねりまねこのブログ
練馬区公認ボランティア、東京都動物愛護推進員


テーマ:

子猫は元気です。

体重300g

体はふっくらして

歯が生えています。

 

 

目ヤニは多少あるものの

健康状態良好

 

汚れていたので、野良猫の子だと思います。

 

 

保護されたのは

練馬総合運動場に接する、

石神井川沿いです。

 

目撃情報によると

この子以外にも、鳴き声を聞いたそうです。

 

仏像のそばにビニール袋がありましたが、

開いていたので、自力で逃げたのかもしれません。

 

このサイズは

誰かが保護していなければ

単独では生きられないでしょう。

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

 

「無料か安価で

猫を引き取ってくれる人を

紹介してもらえませんか?」

 

 

そんな人いるのか?

 

・・・と思いますよね。

 

 

いるんですよ。

日本中に。

 

 

あなたのそばにもいませんか?

 

「〇〇さんなら引き取ってくれるよ。

猫が大好きだから、

たくさん飼ってるから」

 

と言われる

猫の引取り屋のような存在の人

 

 

多くは高齢者で

古い家に住んでいます。

 

放し飼いで、

トイレは外でさせて

餌をやるだけだから

飼育の手間はかかりません。

 

しょっちゅう、

猫が捨てられ、

家の中も外も猫だらけ。

 

 

周囲の苦情は

聞く耳持たずで

顰蹙を買っていますが、

 

当人からしてみれば、

好きで集めたわけではなく

あちこちから猫を押し付けられ

限度を超えた多頭飼育に

なってしまっただけです。

 

 

世間では、

最終的な猫の集積場である

猫屋敷や、

多頭崩壊寸前の愛護団体が

批判のまとになりますが、

 

 

それに至るまでに

 

「可哀想な猫がいます。引き取ってください」

猫をせっせと運んだのは、

 

普通の猫好きさんや

餌やりさんであることも

少なくありません。

 

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

私がボランティアを始めた頃は、

 

餌やりさん、猫好きさんが

猫を持て余した時に

 

3千円くらいで、

猫を始末してくれる人達もいました。

 

 

 

善意(?)の方では、

 

安楽死(個人的に始末)や

どこかに捨てることや

動物愛護相談センターに運ぶことを

請け負っていました。

 

 

 

悪意の方は

 

実験動物に売る業者や

虐待者もいました。

 

昔のように、

川に流し、

穴に埋める人もいました。

 

 

 

 

無料か、安価というのは

そういうことです。

 

 

 

 

私が10年以上前に拾った野良猫のななちゃん。

手を尽くしましたが、たった9日の命でした。

 

せめて、ななちゃんの兄弟を引き取ろうとしたのですが、

近所の依頼で業者に引き取られた後でした。

「どこに行ったか聞かない方がいい。里子になったと思ってくれ。」

と言われたそうです。

 

きっと殺されたのでしょう。

 

 

 

約10年前は、この辺も

そのくらい荒れてましたが、

 

現在は、練馬区が、

飼い主のいない猫の対策を推進し、

 

不妊去勢手術がすすみ

猫の総数が減り、

 

暗躍していた怪しい人たちは

見なくなりました。

 

 

 

多くの猫屋敷の主はいなくなり、

古い家屋は取り壊されました。

 

 

 

 

逆に言うと

 

町の引取り屋

アンダーグラウンドの商売、

行政の殺処分が

無くなってしまい、

 

ますます、

市民は

猫の引取り手探しに

苦慮することになったのです。

 

 

つづきます

 

 

 

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

 

おうちを探す、

かわいい子猫たちはこちら↓

 

里親サイトぺっとのおうち

 

 

 

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

 

JCOMで放送されたインタビューが

YouTubeで公開中です。

 

練馬人図鑑・NPO法人ねりまねこ

 

 

 

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

 

7/15 (日)「ネコ市ネコ座」

東京ドームシティ 

13時講演:「奄美大島のノネコについて」

NPO ゴールゼロ理事長 獣医師・齋藤先生

 

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

 

7/21(土) アニマルラブフェスタ2018

帝京科学大学シンポジウム

 

テーマ

「飼い主のいない猫:人と猫が共生できる社会にするために」

場所:7号館 7203教室 7202教室

時間:13:00~15:30

アクセスマップ

 

シンポジスト

植竹勝治先生(麻布大学教授)

加隈良枝先生(帝京科学大学准教授)

川井洋子理事長(あだち動物共生ネットワーク・東京都動物愛護推進員)

​高橋真吾様(東京都福祉保健局健康安全部環境保健安全課統括課長代理(動物管理担当)

NPO法人ねりまねこ

 

 

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

地域猫活動セミナー&川崎市サポーター制度説明会を開催します

 

100人の定員に達したため、お申込みを終了しました。

 

7月22日(日) 
13:00~16:30
高津区役所5階 会議室 (高津区下作延2-8-1)

※高津市民館ではありません

 

講師

練馬区地域猫制度設立時担当 石森信雄氏

NPO法人ねりまねこ

 

 

 

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

 

 

下のバナーをクリックすると

ランキングの応援になりますヽ(^o^)丿

 

 

ねりまねこさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス