迷路の制作(その1) | 不機嫌な技術

不機嫌な技術

プロを脅かすアマチュアになりたい。


テーマ:
こんにちは。

いつもシーズン前になると、Miceで迷路を借りてきたので、
やはりBustersたるもの敵の助けを借りるのもよくないかな、と思い、
大きな迷路を作ることにしました。

はい。
実際は片道2時間かけていくのがつらいだけです。

今、家には4*6のクラッシック迷路と16*9のハーフ迷路があります。

ハーフは16*9あれば実際のところほぼ問題ないのでとりあえずクラッシックを。

せっかくなので16区画直進を作りたい。

マウサーの夢。自宅に16区画直進。

ということで、4*6につながるように4*9の迷路を作ることに。

で、考えていたら、せっかくならハーフも作っちゃうか、ということで、
ハーフは15*6の迷路を。

マウサーの夢。自宅に32区画直進。


当初はお金にモノを言わせて外注しようと思ったのですが、
2件ほどメールを送っても返事無し。

もういいや、ということで自作することにしました。


実はわたし、過去ハーフ迷路を自分で作ったのですが、イマイチの出来になっていました。
穴の位置と角度がダメで壁が入らないところやスカスカのところが。

二の舞になっては困るので反省点を考えると、
1. 雑でもなんとかなると思っていた(なめていた)
2. ホームセンターの工作室でやったが途中から面倒になってきていた
3. 下穴をあけなかった

でしょう。
なかでも2は結構利いていて、16*8=128この穴の位置を決める線引きと
穴あけ作業は苦痛以外の何物でもなかったです。

ということで、制作に必要なことは
1. 自宅でゆったりとやる
これにつきます。

では、長くなりましたが、以下備忘録を兼ねて制作手順。

-------------------------------

①ホームセンターで板を買う。
種類は何がいいのかよくわからないがなんでも大丈夫でしょう、と適当。
1800*900*12mmで1500円でした。

②必要サイズに切断してもらう。
1カット20円とかです。

③サンダー(レンタルした)で表面を削る。(所要時間10分×4)
今回は削ってみたが、削る必要はないのではないかという気も。
というのも、サンダーで削らずとも結構綺麗であることと、削りかすが大量に
出るので、ふき取るのが大変。掃除機で吸っても取れず。
なので、下手に粉をまき散らすくらいならしないほうがマシかもしれない。

④迷路に線を引く(所要時間2.5時間×2)
穴をあける位置を決定するための線です。
ここで注意しなくてはいけないのは、板は90度できられているわけではないということ。
ここを暗黙的に90度だと思うと大変痛い目を見ます。
信じるのは1辺だけにしましょう。
60cmのアルミ定規を活用しました。
鉛筆で引き、ある程度引いたらランダムにサンプルして距離はかってみるといいです。
いつの間にかずれていることがよくあります

⑤下穴(?)をあける(所要時間30分×2)
線の交点に安全ピンを上からゴムづちでたたいて穴を作ります。
穴をあけた後は油性ペンで点を打ちます。

⑥床に穴をあけないために下駄をはかせる
端材をいいサイズに切断してもらえばよかったのですが
忘れたので、100均でネコよけ(?)みたいなものを買ってきて
板の下に4枚置きました。
上に私+工具など載りましたが普通に支えてくれました。



⑦フライスで穴あけ(所要時間1.5時間×2)
どこのご家庭にでもある普通のフライスです
フライスである必要は全くありませんが、うちにはボール盤はないので。


首を回してテーブルとは反対側にドリルを持ってきています。
もちろんテーブルは使えないため、位置決めはできませんが
垂直を担保できるだけでも位置決めに集中できるのでとてもよかったです。
迷路を傷つけないように下に厚手の布を引いてスライドさせています。
穴あけ時はそーっと下げていって少しドリルで削ってみると、先ほどの油性ペンで
印をつけた黒い部分が削れて木肌が見えますので、わかりやすい
さらにその中心に安全ピンであけた穴が見えるのでわかりやすい

下穴は安全ピンだけです。
クラッシックはΦ9.5、ハーフはΦ4.5でいきなりあけました。

と、いうことで、

クラッシック迷路。
自作したことのある方は格子状に壁が刺さる素晴らしさをわかってもらえることでしょう…。
あと、壁、柱が圧倒的に足りません。



ハーフ迷路。こちらもいい感じ。
Φ4.5であけたので柱がスコスコしています。 
アールティで購入するとハーフ迷路はΦ4で穴があけられているので
かなりきつい(というかほぼ入れるの不可能)なのですが。

まぁ、ペンキを塗ったら多少径が狭まるかもしれないし、ダメなら
足にラップでも巻きます。



どちらの迷路も1か所だけ穴あけか寸法かをミスしていたようで、
いまいちな個所がありますが、上出来でしょう。

----------------

本当は今日中にペンキ塗りもしたかったのですが、乾く前に日が落ちそうだったので
断念しました。

さて、掃除機かけないと奥様に殺されます…

takemotoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス