2024年7月8日、小笠原でM6.3、最大震度3

震度分布は『異常震域』でした。





さて、八ヶ岳南麓天文台の串田嘉男氏が「No.1778 長期継続大型地震前兆」について 7月7日に「続報 No.367」を発表しました。





 それによりますと、7月7日未明、観測機器CH04に短時間の特異変動が観測されました。


 CH04は6月23日に終息と認識され、これにより前回は推定発生日「7月14日 ±3日」が計算されました。



 今回の短時間特異変動は『直前特異』である可能性が考えられ、そこから【極大〜発生:⁠直前特異〜発生=6:⁠1】の経験式により計算した結果、7月22日 ±3日が求められ、これを基に図2に示したような結論が導かれたとのことです。 



 《今回の観測からの結論》

 推定発生日 7月23日±3日

 ※最終前兆変動終息を確認後に発生日を修正予定 



 《推定規模》 

①単発の場合 M8.0±0.3 

 ②複合の場合 M7.4±0.3 + M7.3±0.3 他など



 従来は①のみでしたが、今回初めて②の複合地震の見解が発表されました。


 さて、結果は7月中に見られるのでしょうか。 


 最終前兆変動終息が確認された後、

最終的な推定発生日が計算されます。



但し、『大型地震の場合は完全に前兆が終息しない場合もあり得ます』とのことですアセアセ



ともあれ 次回の更新情報に注目ですね 目





 

 



 

 




 

 



 

 




 

 




7/2(火)川崎10R ジュライスター賞 B2 B3 JRA選定馬 ダート1600m

ピエフォールは4番人気




後方から徐々に進出




4コーナーを外から勢いよく回ると







直線で力強く抜け出し





先頭でゴールクラッカー



2023年6月25日の東京競馬場での初勝利以来、1年ぶりに嬉しい2勝目を飾りましたニコニコ



勝利ジョッキーはJRAの江田照男騎手でした合格






出走馬10頭のうち7頭がJRA所属という中、

しっかりと勝ち上がりましたチョキ



ピエフォール

4歳 牡 美浦・蛯名正義 厩舎

父 リアルスティール

母*ウォッチハー

母の父 Mutakddim

生産者 吉田俊介 (千歳市)

馬主 グリーンファーム




馬体重が587kg(+13)という巨漢馬が、パワーで

押し切りましたグッド!



この勝利が2024年の愛馬78勝目となりましたニコアップアップ




 

 



 

 



 

 







6月30日(日)函館・ダート1700m(牝)に 55佐々木大輔騎手で出走。7番人気でした。







後方から外に持ち出して、向正面に入ると捲ってポジションを押し上げ




一気に先頭に立ちました。







直線では内ラチ沿いで粘り込みを図りゴール前で外から伸びてきた馬に迫られるも





キッチリと残して1着でゴールクラッカー



ダート替わりの一戦で待望の初勝利を飾りましたニコニコ





勝ち時計は1:47.2でした。






矢作芳人調教師コメント

「今日はジョッキーがうまく乗ってくれました。初ダートでキックバックを嫌がっていましたし、それを踏まえての捲りで勝負に行ってくれました。今回はこれしかないという形でしたね。最後もよく踏ん張ってくれました。このあとは一旦リフレッシュを挟みましょう。キッチリと勝ち切って、ここでひと息入れてあげられるのは今後に向けて大きいと思います。本当に良かったです。ありがとうございました」



[記事は以上です。Source by G1サラブレットクラブ ]



佐々木大輔騎手は、1Rのシュードタキライトに続く連勝合格


続く3Rでも勝利を飾りました。

乗れてる3年目の若手ジョッキーですグッド!


プルーヴンウィナー

3歳 牝 栗東・矢作芳人厩舎

父 キズナ

母*ブラインドラック

母の父 Pollard's Vision

生産者 追分ファーム (安平町)

馬主 G1レーシング



母*ブラインドラックは、米G1を6勝した強豪で、

プルーヴンウィナーの今後がとても楽しみです音譜



この勝利が2024年の愛馬77勝目となりましたニコアップアップ





 

 




 

 



 

 









6/30(日)函館1R 2歳未勝利 芝1200mに佐々木大輔騎手の騎乗で出走した愛馬シュードタキライトは、



3番手から直線で脚を延ばし、





競り勝って






先頭でゴールクラッカー


デビュー3戦目で嬉しい初勝利を挙げましたニコニコ



新馬戦3着、前走3着の惜しい競馬が続きましたが、少頭数になりそうだったので急遽出走、5頭立ての2番人気でチャンスを掴みましたグッド!


佐々木大輔騎手もデビュー戦から3戦続けて手綱を取り、すっかり手の内に入れたようです合格







レース後のコメント
1着 シュードタキライト(佐々木大輔騎手)
「連闘なので、週半ばは歩様など様子を見ながらでしたが順調でした。勝たないといけないレースをしっかり勝てましたし、内容も次につながるレースでした」




シュードタキライト

2歳 牡 美浦・菊川正達 厩舎

父ウインブライト

母クイックメール

母の父*タイキシャトル

生産者 岡田スタツド(新ひだか町)

馬主 コロンバスサークル


父と同じ芦毛です

岡田牧雄氏と50%ずつの共有で、私の勝負服で走りました。



レース後の状態次第ですが、7月13日の函館2歳S(G3)に出走するプランもあるようです。



新種牡馬ウインブライトに産駒のJRA初勝利をもたらしました。


さらにステイゴールドの血を繋いで欲しいですね。



この勝利が2024年の愛馬76勝目となりましたニコアップアップ







友人が現地で撮影してくれましたにっこり

 

 



 

 



 

 



 

 



八ヶ岳南麓天文台の串田嘉男氏が「No.1778 長期継続大型地震前兆」について 6月28日に「続報 No.366」を発表しました。






 それによりますと、4月21日と5月10日に観測された2つの前兆極大がそれぞれ終息したという認識により計算した結果、予想中の大型地震の発生推定日は共に

「7月14日 ±3日の可能性」を示しているとのことです。



今後は残る2つの極大の前兆終息が観測されたら発生時期が確定します。



7月下旬頃までには北陸・中部・関東地方が梅雨明け、猛暑となっている可能性があるので、推定された発生時期は微妙ですねアセアセ



暑さの中での大地震は、まっまっぴら御免です。揺れによる被害も怖いですが、停電でエアコンが停まった状況で真夏を迎えたらさらにたいへんですガーン




もし予想通りの発生が不可避なら、もっと先に延びて涼しくなってから揺れて欲しいですねウインク



次回の更新情報に注目です目





 

 





 

 





 

 





 

 





 

 





 

 



 

6/23(日)京都11R 宝塚記念(GI) 芝2,200m3番人気のブローザホーンがG1初制覇を果たした。




序盤は後方に待機して、








直線で大外から豪快に差し切った。 


 菅原明良騎手(23=高木)は23回目のJRA・G1騎乗で待望の初制覇。管理する吉岡辰弥調教師(48)もJRA・G1初制覇となった。2着はソールオリエンス(牡4、手塚)、3着にはベラジオオペラ(牡4、上村)が入った。1番人気のドウデュース(牡5、友道)は6着に敗れた。





 殊勲の菅原明良騎手は何度もガッツポーズ。「ものすごくうれしいです。ここまで乗り続けさせてくれたオーナー、関係者のみなさまに感謝の気持ちでいっぱいです。4コーナー回ってくるときも持てるくらい余裕があって、追ったら伸びると思った。ブローザホーンはとても持続力のある脚が魅力的です」と振り返った。


 [記事は以上です。Source by ©日刊スポーツ ] 









 ブローザホーン

 5歳 牡 栗東・吉岡辰弥 厩舎 

父 エピファネイア 

母 オートクレール 

母の父 デュランダル 

代表馬主 岡田牧雄(LEX-PROで共有=持分10%) 

生産者 岡田スタツド(新ひだか町)







 現地応援で、パドック内入場、















優勝記念撮影をすることが出来ましたニコニコ

(写真は友人にのみ公開)



 2年前の今頃は、未勝利だった馬が、あれよあれよと言う間に7勝を挙げ、





今年の日経新春杯(G2)で重賞初制覇、引退を控えた中野栄治調教師に恩返し、


栗東に転厩後、吉岡辰弥厩舎で見事、花が咲きました合格



 この成長力でこれから先がますます楽しみです音譜



 この勝利が2024年の愛馬75勝目となりましたニコアップアップ






6/22(土)函館2R 3歳未勝利(牝) D1,700m


愛馬カンバーランドが武豊騎手で出走(1番人気)





スタート良く、ハナに立つとそのまま4コーナーを回る




直線でも譲らず


先頭でゴールクラッカー

デビューから7戦目で武豊騎手によって
嬉しい初勝利となりました合格









カンバーランド
3歳 牝  栗東・高橋義忠 厩舎
父ドゥラメンテ
母*ビッグワールド
母の父 Custom for Carlos
生産者ノーザンファーム(安平町)
馬主シルクレーシング


この勝利が2024年の愛馬74勝目となりましたニコアップアップ









 6/20(木)園田8R 笠形山特別 JRA交流 ダ1400m ▲吉村誠之助騎手(1番人気)








2番手から直線抜け出して見事初勝利を飾りましたクラッカー




吉村誠之助 騎手 コメント

「今日はスタートが決まり、いつでも抜け出せる位置から競馬 を進められました。折り合いもついていましたし、いい感じで 運べましたよ。4コーナーで2着馬に先に前へ出られましたが、 こちらもまだ余力があったので焦りはしませんでした。着差は 僅かでしたがまずは1つ勝てたことが何よりですし、ずっと乗せ てもらっていたので結果に結びつけられて良かったです」


[記事は以上です。Source by ノルマンディーオーナーズクラブ ]









スターチスブーケ

3歳 牝 栗東・清水 久詞 厩舎

父 Practical Joke

母 Sovereign Halo

母の父 Haynesfield

生産者 Gerty Bloodstock(米国)

馬主ノルマンディーサラブレットレーシング



この勝利が2024年の愛馬73勝目となりましたニコアップアップ



 

 





 

 





 

 




八ヶ岳南麓天文台の串田嘉男氏が「No.1778 長期継続大型地震前兆」について 6月9日に「続報 No.365」を発表しました。







それによりますと、 6月1日から顕著になった火山噴火型前兆変動の観測情報等により計算した結果、予想中の大型地震の発生推定日は


「7月9日 ±3日の可能性で検討中」


と更新されました。



猛暑の中の大地震で停電、エアコンが停まったらたいへんですガーン



さらに先に延びて欲しいですねウインク




 

 






 


 

 




 

 




 








6/15(月) 東京9R 三浦特別(3歳以上1勝クラス・芝1800m)は1番人気カニキュル(戸崎圭太騎手)が勝利した。







勝ちタイムは1分45秒3(良)。





1馬身1/4差の2着に2番人気フォルラニーニ、さらに1馬身1/4差の3着に3番人気ニューステソーロが入った。





カニキュルは美浦・菊沢隆徳厩舎の3歳牝馬で、父エピファネイア、母シャルール(母の父ゼンノロブロイ)。通算成績は5戦2勝。



レース後のコメント

1着 カニキュル(戸崎圭太騎手)

「中山で乗った時より、凄く良くなっていました。テンションが高い馬ですが、レースでは冷静に走ってくれました」


[記事は以上です。Source by ラジオNIKKEI ]



前走のオークストライアル「フローラS(G2)」は追い込むも3着。初めての古馬との対戦を制して嬉しい2勝目を挙げました。


今後がとても楽しみです音譜





生産者  社台コーポレーション白老ファーム(白老町)

馬主 キャロットファーム



このところJRA交流競走を含め、地方競馬では愛馬が勝利を重ねていましたが、中央では5月19日の京都・パールSのエンパイアウエスト以来、久々の勝利でホッとしていますほっこり



この勝利が2024年の愛馬72勝目となりましたニコアップアップ







wicot 薬用スカルプセラム