大型時代活劇『憑神』。映画館のない街での上映会。 | 北海道・最東端からの不定期通信<Part.2>

北海道・最東端からの不定期通信<Part.2>

徒然なるブログのPart2です。

気楽にゆっくり、京都のことなどを思いつくままに。


テーマ:

5日の日曜日、数カ月ぶりで映画を観ました。


当地には映画館がなく、一番近くて約120キロ離れた釧路ですので、

地元で大きなスクリーンで映画が観られたことは、

結構、嬉しかったです。


で、上映作品は『憑神(つきがみ)』です。


「全てのツイてない人に幸せを呼ぶ大型時代活劇『憑神』」

「『鉄道員(ぽっぽや)』から7年-浅田×降旗コンビ復活!!」


主演は、妻夫木聡。


脇を固める、夏木マリ、佐々木蔵之助、鈴木砂羽、森迫永依、

笛木優子、佐藤隆太、赤井秀和。

そして、香川照之、西田敏行、江口洋介。


失礼しました。

森迫永依ちゃんは、脇を固めるというよりは、

可愛い死神(そのまんまですけど)でした。


1000人が入れる総合文化会館の大ホールには400人くらいで、

入場者数としては少し寂しい気もしましたが、

十分に堪能できました。


専用の映画館ではないため、客席の中央では

16ミリの映写機でしょうか、カラカラと回っていましたが、

映画に集中すればさほど気にもなりませんでしたし、

子どもの頃、田舎の公民館での映画上映会を思い出し、

とても懐かしい感じもしました。


公開からほどなく

ビデオやDVDで、いつでも観られる時代ですが、

やっぱり大きなスクリーンで見るのが好きで、

そこにはこだわります。


札幌にいた頃、年間100本近くの映画を観ていたこともありますが、

映画館のない街で、たまにじっくりと観る映画もまた、

なかなかいいものだと思いました。


最後のエンドロールも終わり会場が明るくなるまで、

誰一人立ち上がる人もいなかったようです。



nemuroさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス