パーティーの準備

今日仕事に行くと、金曜日と土曜日のパーティーのサラダの準備をするように、という指示です。

 

「何人のパーティーなんですか?」

 

と訊くと、両日それぞれ40人から60人のパーティーだと言います。

 

合わせて約120人分のサラダって、いったいどのくらいの量なんでしょうか?びっくりびっくりびっくり

想像もつきません。

 

馬が食べる飼葉桶みたいな感じ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、それのドレッシングはやっぱりバケツ並み?

 

見当もつかないので、いつも1週間分を作る量の2倍のドレッシングを作りました。

シトラスドレッシングというもので、レモン・ライム・オレンジを大量に使います。

 

いつもこれを作るとき、忘れていたとか知らなかった手の傷にしみて飛び上がります。

今日は、先日火傷した指の水ぶくれが・・・爆弾

 

 

まあ私の手の傷のことは置いておいて、それにしてもけっこうな盛況ぶりです。

このレストランは街の中心から離れているので、ぶっちゃけ客足は今ひとつでした。

 

それがこのパーティーも含めて、最近の混雑ぶりにオーナーは、

「やっと認識されたんだよ!良質の食べ物とアルコールの充実さでは、他にひけをとるわけはないんだから」

と喜んでいます。

 

しかし、一気に40人、60人って、認識されすぎじゃありませんか?

 

だいたい、予約しておいて60人がいっせいにサラダだけっていうはずもなく、他のものは来てからオーダーするっていう恐ろしいものです。

ただ、サラダだけは絶対に欲しいという・・・・・やっぱり草食系の人たちなのかな?

 

そういう大人しい人々の群れのパーティーかもしれませんが、準備する私たちは臨戦態勢に入る感じです。

 

 

 

 

 

ヨルムンガンドから

 

 

 

 

 

 


海外永住ランキング