今日のキッチンで初めて見たもの。

 

これ、なんだか分かりますか?

 

 

 

 

 

きれいです

 

 

 

 

 

手前の孔雀みたいなものも、後ろの海草みたいなものも、全部ケールなんです。

正確に言えばExotic Baby Kaleという名前で、”ベイビー”というわりには茎も葉もけっこう硬い。

ヘタをすると、あの団扇くらいもある普通の緑色のケールの葉の方が柔らかいくらい。

 

レストランのメニューに「ケールサラダ」というものがあって、人気があるんですが、緑一色じゃつまんないっていうことで、このベイビーケールを一口サイズにしたものを混ぜることにしたそう。

 

アプリコットドレッシングであえて、うすーくスライスしたサルタチーズを飾り、カリカリに揚げたレッドオニオンをトッピングします。

 

 

ところで、このひと言でいうと簡単なカリカリに揚げたレッドオニオン

これを作るのが大変なんです。

 

何が大変といって、巨大な紫玉ねぎ6個を電動スライサーで0.5ミリにスライスしなくてはなりません。

電動といっても、スライスする大きな歯が電気で回っているだけで、そこへ玉ねぎを挟んだ部分を前後させるのは人力です。

 

 

 

 

 

これ。バカでかい。歯の切れ味良すぎて怖い

 

 

 

 

 

機械の重い部分を前後させて6個もスライスするんですから、まるでジムの器具並みの運動量を要求されます。

次の日は背中も肩も首も筋肉痛

 

 

それだけではありません。

 

玉ねぎをスライス・・・・・当然目なんだか鼻なんだかにつーーーんと来て、自然に涙が流れます。

涙を流しながら玉ねぎをスライスしている姿は、きつい、汚い、危険のキッチン3Kを最もよく体現していると言っていいかと思います。

 

誰もやりたがらないのは当然です。

 

これを作るのが”今日のリスト(To do list)”にあると、「誰がやる?」と、同僚たちとお互いに様子をうかがう感じになります。

大体リストの最後まで残るのが面白い。

 

 

今日は、たまたま手が空いてしまった私が仕方なくやりました。

帰宅した今も、手だけじゃなく全身が玉ねぎの匂いに包まれています。

 

明日の筋肉痛が怖いです。

 

 

 


海外永住ランキング