3度目の正直

私には、働いている店が経営不振でクローズせざるを得ず職を失った、という経験が過去に2度あります。

 

と書くと、なんだか私が疫病神のようですが、そうではなく(だよね?)、この辺りではビジネスを継続するのが難しい。

 

この辺りだけではなく、ニューヨークでも5番街など次々と有名ブランドの店が消えていきます。

どんどん高騰するレントに売り上げが追いつかなければ、クローズするしかありません。

 

一方、めったに行列しないアメリカ人が並ぶ店もあります。

しかしそれも一時のことで、目新しさが無くなればすぐに忘れられます。

 

この目新しさというのもやっかいで、突飛なというだけでは好まれません。

 

 

私の住むところから海沿いに40分くらい車で行ったところに、シーフードのレストランがあります。

ここはいつもびっくりするくらい混んでいます。

大きなアウトドアのデッキがあり、夏は交通整理員のバイトを雇うほど。

 

店内は大きなバーカウンターがある他は、とりたてて他のレストランと違ったところがあるわけでも、特に安いわけでも特においしいわけでもありません。

 

ではなぜ流行っているか?

 

このレストランの横に短い鉄橋があり、車がそこを通る度に「ウイーーーン」と音を立てます。

普通ならうるさい!と疎まれるこの音ですが、このレストランのオーナーはこの橋を「Singing Bridge」と名づけました。

うるさい!と苦情を受ける代わりに、どんな音がするのか興味を持った人々が押しかけています。

 

それが直接の原因かどうかは分かりませんが、とにかくこの店の流行りようはすごい。

 

 

さて、話は現在私が働くレストランに。

 

新しいだけあって、どこもピカピカ、インテリアも良し、ふたつあるバーには絶えず30種類もの生ビール、食べ物はそれほど高くないのに、どれもとてもおいしい。

 

流行らない理由がない感じですが、どうなんでしょう?

食べ物の素材・産地にこだわって、全て手作りで洗練されているんですが、何というか、”いい感じ”でまとまっていて、大多数にアピールする決定打に欠ける気がします。

きっと食のプロが好みそうな店、というのか。

 

この町にはレストランが町の規模に比して異常に多いのですが、それも災いして、頭ひとつ抜きん出るには特別な何かがないと。

 

 

うーーーーん、私は経営学を学んだこともないし、じゃあどうしたらというのも分かりません。

じわじわと客は増えてはきていますし、まさかまた働いているところがクローズせざるをえないのを見るなんてことには、ならないと思うのですが。

 

 

 


海外永住ランキング