今日買い物に行って会計のところで、レジ打ちの人(っていうの?キャッシャー?)が見たことのない新しい人で、ピッとバーコードを通すたびに、その商品について質問・コメントしてきます。

 

アンチョビ:「あ、これはチキンと一緒に焼くとおいしいよね。あなたはどう料理するの?」 私の心の声(その答え、どうするんですか?)

白菜:「これは何?キャベツか何か?どうやって食べるの?」 (だから、その答えいります?)

しょうが:「あ、これ知ってる。なんかスープに入っててアジアな味がしたな」 (ふーん、そうでしたか)

ほうれん草:「これはとてもヘルシーなのよ」 (はい、だから買ってるんです)

 

・・・などなど、ずーっと続きます。

ジャパニーズスマイルでやり過ごそうとしても、「パスタのソースに」とか「炒めたり煮たり、何でもイケますよ」とか、私の答えを聞くまでじっと顔を見てくるのでそうもいきません。

 

 

・・・と、書いているのを読むと、なんだか私が偏屈な人間のようですが、決してそうではなくて、そのカウンターの後ろには5人くらい並んでいて、「さっさとせんかい!」と物語っているこわーい顔で私たちをにらみつけているからです。

 

しかし彼女はお構いなし。

 

ポップコーン:「何?今夜は映画ナイト?」

 

笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き

 

 

 

ところで彼女が訊いたように、アメリカ人にとって映画といえばポップコーン

映画館に入ると何はなくともポップコーンだけは売っていて、ロビーも、いくつか上映する映画によって分かれている室内もポップコーンの匂いが充満しています。

 

それと同様、サンクスギビングにターキーほどメジャーじゃありませんが、フットボールといえばチキンウイングベースボールといえば、少なくともNYではピーナッツとホットドッグです。

 

 

そりゃ別にサラダを食べていても構わないのでしょうが、どういうわけかこういう組み合わせになっています。

 

日本でいうと、遠足といえばおにぎりっていう感じなんでしょうか。

 

 

 

ところで、やっぱり今日は小・中・高ともに市内の学校は雪のため休校になりました。

 


海外永住ランキング