4次元の父

テーマ:

前にもちょっと書いたような気がしますが、私の父はものすごく変わった人です。

 

なんというか、まず会話が成り立ちません。

こちらが何か言うと、「あれ?聞こえなかったかな?」と思うくらいの溜めの後、あさっての方向からのような返事が返ってきて、「あー、ねー」で終わるというのがいつものパターン。

 

うーん、説明が難しいのですが、例えばある時、ランチ時にどこかでさっと食べようということになった時、父がドライカレーを頼みました。

 

妹 「えっ、お父さん、ドライカレーが好きだったの?」

父 「・・・(溜め)・・・いや、辛いのは好きじゃないからねえ」

 

じゃ、なんで注文したん?

 

と全員が思いました。

 

 

中国なら、4次元と呼ばれていることでしょう。

 

同じ4次元でもBTSのテテのように”世界一美しい顔”の人なら、それもまた魅力なのでしょうが、普通の日本のオヤジが4次元であっても、ただ周囲は困惑するだけです。

 

 

そんな父が身体の不調を訴えて、ナンだかわからないまま1年間検査づくめの後、癌と結論つけられました。左矢印あのー、進行性のものならもう死んじゃってますけどムキームキームキー

 

化学療法も効かなくて放射線治療に移り、この一番寒い中、往復4時間かけて20日間大学病院へ通う毎日。

どんなウィルスも命取りというのに、インフルエンザの蔓延で電車も地下鉄も危ない。

 

私はアメリカから毎日毎日、心配で心配で。ショボーンショボーンショボーン

 

 

しかしそんな中、父は「この病気になってからお母さん(妻)がちょっとやさしくなったドキドキ」とうれしそうに電話で言いました。

 

4次元の父でよかったです。グッ

 

 

 

 

 


海外永住ランキング

AD