歩いて3分という近所に猫カフェがオープンすることになりました。

この町では最初の猫カフェです。

 

ブログネームのとおり、猫には目がない私は、「私が働かないで誰が!」という勢いで問い合わせたところタイミングが良かったらしく、「じゃあ一般の募集より先にオンラインでこの応募要項を送るから、記入して送って」と返事がありました。

レジュメはもちろん、色々な質問があって(しかも記述式)、思いのほか時間がかかります。

モデルの仕事のほかに本当にこんなんする時間あるのか?と思いながらも、猫のために記入して送りました。

 

ただ、???と思ったのは、今オープンして12月末でいったん猫カフェを閉めて、また春にオープンすると言っています。

その間、猫はどうするんでしょう?

近くのアニマルシェルターから猫は調達するようですが(うちの猫もそこからアダプトしました)、まさかいったん引き受けた猫をまた返すんじゃ?

 

だとしたら、そこで働くどころか、反対運動を起こさなくては!ムキー

 

応募シートに質問の箇所があったので、そのことを遠まわしに聞いてみました。

それを送ったのは先週の木曜日でしたが、うんともすんとも返事がありません。

もっと若い20代の人を探しているのかもしれませんが、もしかしたらこの質問のせいかも、と考えてしまいます。

 

 

 


海外永住ランキング

AD