置き去りにされた猫 | 福岡の猫カフェ 里親募集型保護猫×古民家Cafe Gatto

福岡の猫カフェ 里親募集型保護猫×古民家Cafe Gatto

福岡県古賀市にてOPEN!ペット信託専門のどうぶつ系行政書士が立ち上げる里親募集型保護猫×古民家カフェです。
猫が苦手な人や好きだけどアレルギーで長時間触れていられない人にも楽しんでいただき、
猫と人が出会える癒しとくつろぎと安心の場所を目指しています。

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。

 

このブログは

福岡の猫カフェ

里親募集型保護猫×古民家カフェ『Cafe Gatto』

の日常をつづったブログです。

 

⇒ブログ村に参戦しました。

ポチッと応援よろしくお願い致しますファイト星

にほんブログ村 猫ブログ 猫カフェへ
にほんブログ村

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

~1月のイベント~

★【猫や鬼の恵方巻を作ろう!!】 開催!!

●1月19日(日)

参加者募集中キラキラ 詳細は こちら

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

★2020年壁掛けカレンダー販売中!!

残り22

とっても可愛いガットにゃんこたちが登場してますニコニコ

 

購入いただくことで、猫たちの生活費の支援になります。

ぜひご協力よろしくお願いしますあしあと

ネットショップ(クレジットカード対応)→ コチラ から

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

インスタやYouTubeを見て、

すでにご存知の方もいらっしゃるかと思います。

 

本当は、おおやけにする事を悩みました。

 

以前同じことがあった際に、ブログにあげると

思いもよらないバッシングを受けて

辛い思いをしたからです。

 

だけど、やはり間違っている事は

間違っているとしっかり声をあげたい。

 

ありのままの事実を公表して、

こういった行為がどれだけ非道で

悪質なことなのか、そして

こんな悲しいことが再び起こらないように

皆で一緒に声をあげて変わっていくべきだと思い

公表することにしました。

 

1月12日(日)の朝、

Cafe Gattoの敷地内、入口の門の片隅に、

猫が捨てられているのを見つけました。

ゴミ捨て場かと思うような

ありえない光景です。

 

キャットタワー

段ボールの爪とぎハウス

トイレ

毛布がのせてあったキャリー

ゴミ袋(食べかけのフードや

ペットシーツなどが無造作につめこまれていました)

 

 

 

 

この日は夜中から雨が降っていて、

置き去りにされている猫用品など

すべてビショビショで使い物にならない。

 

キャリーにはビニール傘がかけてありましたが

上に置いてあった毛布も濡れてました。

 

信じられません。

濡れた毛布をどけて覗くと、

白っぽい猫ちゃんが1匹。

 

子ネコではありません。

寒さと恐怖で震えてました。

 

でも呼びかけると小さくニャーと

応えてくれました。

 

この子をどうしよう・・・。

震えてるけど大丈夫なのか・・・・。

 

でも、なんのチェックもなしに

お店の中にすぐに入れてあげることは

感染症の観点からもできません。

 

今すでにお店にいる何十匹もの子たちに

万が一のことがあってはいけません。

 

多頭だからこそより一層その辺は

注意しなければ。

 

三連休の中日。

かかりつけの病院も休診日。

急遽日曜日に開いている病院に

連れていきました。

 

推定年齢12~13歳の女の子でした。

 

 

外傷はありませんでしたが、

しっぽと足の裏は汚れで毛が固まっていました。

 

遺棄されていたトイレも

うんちがついたままで汚れたものでした。

 

ちゃんとお世話してもらえてたのかな?

防犯カメラの映像を確認したところ、

真夜中の3時45分頃から

2人組の犯行の様子が映っていました。

 

防犯カメラがあるのを知っていたのか、

決して車は敷地内に入れることはなく、

敷地外の少し離れたところに車を停めて

荷物を運んでくる姿。

なのでナンバーなどは写っていません。

 

雨が降り、風も強かった1月の真夜中に、

猫を置き去りにして立ち去る2人組。

 

さらに、足で何かを蹴りやるような姿も

写っていました。

 

そんな一部始終を見ていて、

怒りや悲しみやいろんな感情があふれてきます。

うまく言葉にできない。

 

そして、何より、

この子の気持ちを考えると

涙がでてきました。

 

寒空の下、置き去りにされ、

私たちが発見するまでの何時間もの間、

どれほど不安で怖かっただろう。

立ち去っていく車の音を

どんな気持ちで聞いていたのだろう、と。

 

猫たちにも感情はあります。

 

自分は捨てられたんだと感じているはずです。

悲しくて不安で、心細かったはず。

 

なぜもっとしっかりこの子の気持ちを

考えてあげられなかったんでしょうか。

 

猫たちの命が

軽視されていることが悔しくてたまりません。

 

今まで一緒に暮らしていた、家族だったはずなのに。

 

キャリーに傘をさしていたって、

山の中に遺棄せず

見つけてもらえそうな猫カフェの前に置いていったって

それは優しさではありません。

 

どんなにやむを得ない事情があったとしても

どんなにこれまで可愛がって大切にしていたとしても

遺棄は許されない行為です。

 

動物を飼うと決めたなら

どんなことがあっても、

最期のときまで一生を共にする覚悟をもつのは当然のこと。

 

その覚悟がないならば

可愛いとか、癒されたいとか

軽い気持ちで手を出してはいけません。

 

こんな身勝手な無責任な行為によって

たくさんの人が傷つき、辛い思いをします。

そして何の罪もないこの猫ちゃんも・・・。

 

こんなことが繰り返されないように、

無責任な飼い主が増えないように、

皆で声を上げて、

社会全体が変わっていくことを願います。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

お世話をするにあたって名前をつけました。

白っぽくてお顔がしかくいので

「はんぺん」ちゃんと名付けました。

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

遺棄されて今日で3日目。

やっとご飯は少しずつ食べていますが

やはり時々震えています。

 

 
物音に敏感で音のする方を
不安げに見ます。
 
お顔を見ていると
ずっと瞳孔が開きっぱなしなので
もしかすると目が悪いのかもしれません。
 
水も長時間飲み続けていたので
その事も気がかり。
 

体調が心配なので、

もう一度かかりつけの病院へ行き、

しっかり診察してもらってきます。

 

また様子をお伝えします。

 

はんぺんちゃんを保護した時~

今の様子を動画にあげています。

YouTubeチャンネル

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

里親募集型保護猫×古民家カフェ Cafe Gatto 

ホームページはこちら →Cafe Gatto

雑貨を買って保護猫支援 →Cafe Gatto ネットショップ

 

 

現在50匹以上の保護猫がいます。

野良出身の猫たちも多く、病院にかかると長引く事もあります。

 

お気持ちをご支援いただけるとありがたいです。

(⇒コチラ までお願い致しますsei