ブクログの「パブー」にて
公開中!

「猫のおはなし集」
(子供向けのおはなし。
チャリティ絵本にも
読み聞かせにもどうぞ)

もぐらさん
による朗読は
☆★☆ こちら!☆★☆


縦書きで読める
「猫花文庫」
は、こちら。
2013-08-06 08:15:00

◎番外◎ 〈詩〉ひかりとほのお

テーマ:◎番外◎
【一覧1】 【一覧2】 【続き物】 【御休処】 【番外】【育児日記】


-------------------------------

ひとは ひかりをもとめ
ひとは ほのおをもとめ

ひとは ゆたかさをもとめ
ひとは しあわせをもとめ

なんぜんねんも
なんまんねんも
いきてきた

ひとは ひかりをつかい
ひとは ほのおをおこし

ひとは ゆたかさをさがして
ひとは しあわせをのぞんで

なんぜんねんも
なんまんねんも
いきてきた

  *   *   *   *   *

ひとのひかりは ゆたかさを
ひとのほのおは しあわせを

てにいれたのか

ひとのひかりは かなしみを
ひとのほのおは くるしみを

うんでいないか

ひとのひかりは 
ひとのほのおは 

ひとをきずつけ
ひとをさげすみ

ひとのいのちを うばってはいないか

  *   *   *   *   *

ひかりは さきをみるためにこそあれ
ほのおは ぬくもりのためにこそあれ

まばゆいひかりが
はげしいほのおが

いかにおおきな ちからをうんでも

まばゆいひかりが
はげしいほのおが

ひとも
いのちも
いかなるものも

やきつくしてはならぬ

  *   *   *   *   *

しずかにきざむ
こころにきざむ

ひかりをもとめ
ほのおをもとめ

ひとがあるいた
そのあしあとを

たしかなものも
ころんだあとも

わすれぬ
わすれてはならぬ

  *   *   *   *   *

きみらの めのきらめきと
きみらの そのぬくもりと

ともにあるかぎり

わたしは このひを

わすれないだろう




祈   




ねこバナ。

今年はおはなしが書けませんでした
でも、やはり何かしら書かにゃあいけんと思いました
ヘタレな私をお許しください

いつも読んでくだすって、ありがとうございます


にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
「にほんブログ村」参加中



■□ブクログのパブーにてチャリティ配信中!□■
※PC・スマートフォンのみ
$ねこバナ。
著作権フリーでお使いいただけます
『猫のおはなし集(絵本にも、読み聞かせにも)』


AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

佳(Kei)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

8 ■ども、初めまして!!

色々記事見せてもらいました

無茶くちゃ面白いじゃないですかw

また遊びにきますねん

7 ■こんばんは。

心に染み入りますね。



人が人として生きていく以上、忘れてはならぬものです。


・・・・・・・・・・・・・
でもあの一瞬は、人以外の者達にとっても忘れられない一瞬だった事でしょう。
・・・・・・・・・・・・・

僕らはいつもそこにいた

あの日もいつもと

変わりなく過ごすはずだった

朝起きて

ご飯を食べて

畑を耕し

皆と笑い 語らい

水を汲み

身体を洗い

ご飯を食べ

そして眠る


そんな何でもない毎日を

過ごすはずだった


それがあの日は

違っていた

あの日は急に辺りが

暗くなり

そして轟音と共に

お日様が何十個も

集まったように

明るくなったんだ


次の瞬間

僕らは 僕らの街は

無くなっていた

僕らは一瞬のうちに

遠い 遠い場所に

吹き飛ばされていた


僕らのあの何でもない

毎日は何処へ行ったのだろう



僕達のような

小さい 小さい者達の事など

誰も気にかけてはくれない



人の言う

『昆虫』と呼ばれる

僕らの事を........




でも 僕らもそこに生きていたんだ.........

6 ■どうもこんにちわ!

どうもこんにちわ!訪問させて頂いたのでコメント残していきます♪僕のブログにも足を運んでみてくださいね!色んな考え方とか書いてます。お邪魔しました!

5 ■いきなりすみません!

こんにちは!ブログ読ませていただきました!アメブロをいろいろ見ていたらたどり着きました!お互いに更新がんばりましょうね!

4 ■忘れません。

自分が体験することのなかった出来事を。
大叔父と、祖父が残した言葉も一緒に、今日この日に何が起きたのかを忘れません。
決して。

3 ■(ФÅФ)ノ

今朝 ABEさんのアップを テレビで観て なんとも違う感情が湧いてしまい だうしてくれやうと思っていたのですが
佳さんとは 言葉が通じ合える と思いました。
よかった。

2 ■戦争という祭

何かを望んで願って、何かを思ったり。
戦争と祭(儀式・信仰)はどこか似た感がする。
どちらも人の心を動かし、行動させる。
燃え盛る炎。街の炎。

こんにちは。
今回佳さんの詩を読んで勝手ながら「祭」の映像が思い浮かびました。
それがすごく恐ろしい。

1 ■ふたつにわかれて

あれがひきおこしたのは それだけじゃないですよね
ものごととは いろんな観点で判断される

そう、今日はあの日
どこに正義があるのか。
これは延々と問い続け、でも答えなんて、出すはずなんてないでしょう。
愚かな話でしょう。でも、想いは集まれる。

 ささやかな幸福の為、あたしたちは生きてる。
それすらも、選択できないって・・・!

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。