薬で心は治せない

テーマ:
ねこクッキー

今日は

音楽の力

のお話

ねこクッキー



こんにちは(^^)
ネコフンジャッタのうめです!


キラキラ人生楽しく生きたいキラキラ
キラキラ毎日を豊かに、幸せを感じながら
生きていきたいキラキラ



そんな方へ
 
ピンク音符イメージミュージック(作曲)
ブルー音符演奏
ピンク音符ピアノレッスン
ブルー音符子ども向け音遊びの会
ピンク音符カスタネット作りや販売
 
 
など、音楽に関するサービスを
提供しています(^^)
 
 
ブログの1番下にサービス一覧が
ありますので、ご覧くださいキラキラ
 
 
 プロフィールはこちらをどうぞ→ねこクッキー
 
 
 
【メディア情報】
 
 
 
 


最近、ピアノサークルでは、参加者の方に、何でもいいので曲を1曲紹介してもらっています




どうしてそんなことを始めたのかというと、きっかけはこちら

↓↓




「パーソナルソング」という音楽療法のドキュメンタリー映画があるのですが、



認知症の患者さんに思い入れのある音楽を聴かせたところ、当時の記憶を思い出すだけではなく、その他にも良い効果がたくさんあった、とのこと。




↑の映像の中で、




「薬では患者の心を治療できないんだ」






とあるのですが、本当にその通りだな、と思って。




お薬で風邪は治せるかもしれないけれど、



失恋の痛み

未来への迷いや不安

誰かの言葉で傷ついた心




などなど、心の傷は薬ですぐに治せるものではないですよね。







ピアノサークルには認知症の方もアルツハイマーの方もいないのですが、




その人のパーソナルソング(思い入れのある曲)を紹介してもらうことを通して、自分を知るきっかけにしてもらったり、自分を癒してもらえればな、と思っているんです。







・どうしてその曲なの?

・その曲のどの部分に惹かれたの?(歌詞?メロディー?)
・歌詞だとしたら、その部分に惹かれたのはなぜ?
・その時の自分はどういう状態だったの??








それを自問自答すること。自問自答して自分のなりの答えを導くことは自分を知ることに繋がるし、




それを言葉で話すことは癒しにもなると思ってます。言えることは、癒えること、だから








あの時はこういうことがあって、すごく嬉しかった。




あの時こんな悲しい出来事があって、わたしはすごく悲しかった。




あの頃すごく苦しくて、毎日自分を励ましていた。






こういう感情って、心の中で思うだけで、なかなか言葉にしないことが多くないですか?




あと、わざわざ人に聞いてもらうのもなんかなぁ....と思ったり。(←わたしの場合






だからこそ、音楽の力をちょっと借りて、自分の気持ちを吐き出してもらえたらいいな、と思ってます







気持ちを言葉にしてみるといい。





あぁ....自分はあの時、こんなに悲しかった。

こんなに悔しかった。

こんなに怒ってた。

こんなに嬉しかった! 

こんなに好きだった!






そうやって言葉にするだけで、癒えていくものがあると思います






ではまた〜


ねこクッキー


募集中











ねこクッキー


 
LINEやってる方は、
こちらをどうぞ( ^ω^ )
 

下矢印下矢印下矢印


友だち追加

 

 

 
 
 
ネコフンジャッタのサービス一覧
 
画像をクリック!
 
     
 
    
 
 
 
 
   
 
 
 

 
 
 
 
address: 新潟市秋葉区